Column

【夏のランニング】服装はどうすればいい?初心者ランナーさん向けに解説します!

6月頃まではランニングに適した気温で快適に走れますが、7月・8月と一気に気温の上がる夏に走り続けることに少々不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、夏のランニングに適した服装をご紹介します。

夏のランニング時の服装

夏のランニングのポイントは、身軽で涼しい服装です。寒い時期よりも大量に汗をかくことになるので、まとわりつく汗の不快感を軽減させ、炎天下を想定し日射病や熱中症対策をとる必要があります。

また女性の場合は、シミやシワの原因になる紫外線対策も特に大事なポイントです。

おすすめの服装

軽快に走るための基本ウェアは、通気性のよい半袖Tシャツ+ハーフパンツがおすすめです。

肌のべたつきは不快で走りの集中を妨げるだけでなく、湿気がこもって肌表面の温度が上昇すると日射病や熱中症のリスクが高まってしまいます。そのため、予防対策としてウェアの通気性は大切なポイントです。

素肌にハーフパンツが気になる場合は、紫外線対策効果もある冷感素材のランニングタイツの組み合わせがおすすめです。長距離を走る場合は、強い紫外線や急な雨など変化の対策として長袖や羽織もあった方が良いでしょう。

選び方

快適に楽しく走るための選び方のポイントは3つ。素材、サイズ感、色・デザインです。

素材

軽快に走るためには、ウェアの素材選びがもっとも大切です。夏のランニングは、汗を大量にかくことは避けられません。綿など天然繊維の生地は汗を吸って乾きにくく、重く身体にはりついてしまうため、ランニングに限らずスポーツには不向きです。

ランニングウェアには合繊繊維、特にポリエステルは必要な機能を多く備えているのでおすすめです。薄くて軽量な生地を基本に、吸汗速乾と通気性の機能は最低限必須な条件といえるでしょう。汗を素早く吸収して素早く水分を放出することでまとわりつきなくし、ウェア内部の湿気を籠らせず肌表面の温度の上昇を押さえるため、不快感や熱中症を予防する効果があります。

その他、サポートアイテムのインナーやタイツも、紫外線対策はもちろんのこと疲労軽減や体幹サポートなどに効果的です。まだ経験のない方は検討してみてはいかがでしょうか。

サイズ感

軽快な走りのためにはサイズ感も大切です。ボディラインを隠すための極端なオーバーサイズは、かえって太って見えて逆効果な上に、体にまとわりついて走りにくくなってしまいます。ランニング用のシャツやハーフパンツはジャストサイズを選びましょう。

夏のパーフパンツの丈は、足さばきを楽にするために太もも丈より短寸で、サポート機能の高いタイツの組み合わせがおすすめです。サポート機能付きのタイツやインナーは若干小さめが適正サイズです。必ず試着をして適正サイズを選び、機能効果を100%有効利用しましょう。

色デザイン

テンションをあげて楽しく走るために好きな色、デザインを選ぶこともモチベーション維持に大切なことです。
スポーツウェアの良いところは普段より派手目な色や柄にもチャレンジしやすいところです。普段と違うおしゃれを楽しみましょう。

おすすめは、なるべく明るい色柄や再帰反射素材が効果的にデザインされたウェアです。雨の日や暗い時など視界の悪い時にはおしゃれに安全性も確保できます。

まとめ:ポイントを押さえて快適で楽しく走り続けよう

暑い季節のランニングを快適にする服装のポイントは、快適性と紫外線対策です。ランニングウェアは、ランニングに特化した快適性が追求されています。ウェアの目的を理解して適正サイズを選び、ランニングライフを楽しみましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事