Column

もう使ってる? ランニング時にヘッドバンドがおすすめの理由

ランニングは多くの人が楽しむ運動として上位に入るスポーツです。コロナ禍で自粛体制が取られた時に新しく始めた人も多いのではないでしょうか。ところでランニングをする時、髪の毛が目に入ったり、汗が垂れたりすることはありませんか?

そこでこの記事ではランニングに使うヘッドバンドについて詳しく解説します。

ランニング時のヘッドバンドについて

ランニングをするとき前髪や汗の処理に悩まれる方もおられると思います。何も対策をせずともランニングはできますが、意外と煩わしく感じられるものです。スマートなランニングをするためには、ヘッドバンドを着用してこれらの問題を解決してみてはいかがでしょうか。

ヘッドバンドのメリット

ヘッドバンドを着用することで得られるメリットを4つピックアップしてみました。

髪留めの代わり

髪の毛の処理方法はランニングのときに気にするポイントの一つです。動きに合わせて上下に振れたり、前髪が目に入ったりすることもあります。その対策にはヘッドバンドで髪の毛を押さえる方法が有効です。髪の長い女性だけではなく、前髪が目にかかる程度の長さの男性にもおすすめです。

汗止めとして

夏場のスポーツでは特に汗をかくものです。額や頭でかいた汗が垂れてきて目に入ったり、眼鏡を汚したりした経験はないでしょうか。ヘッドバンドを着用すれば汗が吸収され、汗が垂れてくる煩わしさから解放されます。

防寒対策として

冬場のランニングでは防寒対策も大切です。ヘッドバンドの中には保温性が高い商品もあるので、頭に着用する防寒着としても使えます。ウエアや手袋とも合わせてしっかりと防寒対策を講じてみてはいかがでしょうか。ランニングをするときの防寒対策について詳しく知りたい場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

冬のランニングに手袋は必須!手袋のメリットと選び方を紹介します
ランニングは一年中楽しめるスポーツですが、四季の中でも冬の寒さには少し注意が必要です。ランニングウエアで防寒対策をするだけでなく指先の保護も忘れてはいけません。そこでこの記事では、冬のランニング中に手袋を着用するメリットや手袋を選ぶポイントについて解説します。


おしゃれにも

ヘッドバンドをおしゃれアイテムとして着用する人もいます。普段は髪の毛をおろしている人でも、ヘッドバンドでアップすれば印象がガラリと変わります。デザインも豊富なので、ランニングウエアのデザインに物足りなさを感じたらワンポイントでつけても良いでしょう。

ヘッドバンドの選び方

ヘッドバンドには100円ショップで販売されている物からブランド物まで幅広いラインナップがあります。沢山の商品の中からランニングに適した商品を選ぶ4つのポイントをご紹介します。

吸水性・速乾性

ヘッドバンドの吸水性が高ければ、多量の汗をかいたとしても額から垂れにくくなります。さらに速乾性が付与されていれば濡れても乾きやすいので、不快感を抑えられるでしょう。素材には吸水性の高いコットンや、吸水速乾性を付与した化学繊維などがよく使われています。どちらも汗対策で使用するヘッドバンドを選ぶときには必須の機能です。

抗菌・防臭機能

汗を吸った生地を放置しておくと臭いがきつくなることもあります。これは雑菌が汗や皮脂を分解してニオイ物質を生成することが原因です。抗菌加工がされていれば雑菌の繁殖を抑えて防臭効果が得られます。汗対策でヘッドバンドを使うのであれば、抗菌・防臭機能のついた製品を選びましょう。

保温性

冬のランニングで使うのであれば、保温性が高い製品が良いでしょう。特に裏起毛の生地で作られたヘッドバンドは生地が空気をたくさん保持できるようになり、保温性が高くなるのでおすすめです。

伸縮性・密着性

ランニング中の激しい体の動きでも、ヘッドバンドがずり落ちないようにしっかりと密着してほしいものです。しかしあまり強く密着しすぎると、圧迫感が気になることも。伸縮性が高くてフィット感のよいヘッドバンドを選ぶことが大切です。

まとめ

この記事ではランニング時に使うヘッドバンドのメリットや選び方を紹介しました。髪の毛をまとめたり、額から垂れる汗対策としてヘッドバンドが有効です。選ぶときには素材や機能性、伸縮性などに着目して、自分に合ったヘアバンドを選びましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事