Column

観光旅行時の服装はこう選ぶ!国内・海外に合わせた服の選び方と注意点

女性3人の旅行写真の撮影

国内、海外旅行の服選びで失敗した経験はありませんか?国内旅行で気温にあわない服装選びをしてしまうと不快な思いをしてしまうかもしれません。さらに、海外旅行で間違った服装を選ぶと危険な目にあうことも。

そこで今回は、国内旅行の夏と冬の気候にあわせた服選びのポイントや、海外旅行でも危険な目にあわないための服選びのポイント、事前に知っておきたいファッションのコツについて伝授します。

国内旅行時のポイント

国内旅行では暑い夏、寒い冬で持っていく服が変わるため、服選びが大変です。こちらでは夏と冬にわけて、服選びに必要な4つのポイントを紹介します。

夏の場合の服選び:4つのポイント

夏の暑さと、冷房の温度変化に対応できる服を選びましょう。ここでは夏旅行の服選びに必要な4つのポイントについて解説します。

ポイント1:夏の気温から服装をあわせよう!

平均気温20~25℃では半袖と長袖の分かれ目となる場合が多くなっています。
平均気温26℃以上では半袖、ノースリーブがオススメ。日焼けしたくない場合は長袖を着てもいいかもしれません。ご自分の体調や体質に合わせて調節しましょう。

ポイント2:夜は冷えることもあるので、軽く羽織れるトップスが必須!

夏は、昼と夜の温度差で身体が冷える場合があります。他にも電車に飛行機などに長時間乗らなければならない旅行では、冷房で身体が冷えるかもしれません。そのため軽く羽織るトップスをもっていくと、体温調節がしやすくなります。

旅行用のジャケットについてはこちらの記事でも紹介しています。

旅行や出張にはトラベルジャケット!その違いや選び方をご紹介

海外や国内旅行のとき、スーツケースに入れた服が「しわ」だらけになってしまった経験はありませんか?実は、たたみ方や収納方法が重要なのです。今回はしわを防ぐ収納方法や旅行先でしわを伸ばす方法、しわになりにくい服の素材などをご紹介…


ポイント3:汗をかくので、インナーは余分に持っていく!

インナーを旅行の日数分しか持っていかないと、汗をかいて着替えたいときにインナーが足りなくなることがあります。そのため、インナーはすこし余分に持っていくことをオススメします。

ポイント4:服が透けないか確認する

汗で生地が張り付くと、服が透けてしまうことがあります。特に女性の場合、透けてしまうと困りますよね。薄めの服を重ね着することで透けにくくなり、気兼ねなく旅行を楽しめます。

冬の場合の服選び 4ポイント


ポイント1:冬の気温から服装をあわせてみよう!


  • 15~20℃:シャツとカーディガン、ジャケット、ブルゾンなど薄い服を重ねて着るのがオススメ
  • 10~15℃:冬用のニット、綿のコート(トレンチコートなど)、ダウンベスト、ツイードなどがオススメ。羽織るだけでなく、インナーもしっかり着るのがよいでしょう。
  • 5~10℃:ショート丈のPコート、チェスターコート、マフラー、手袋などがオススメです
  • 0~5℃:ウールコート、モッズコート、ダウンなど厚手の服装を心がけましょう
日本気象協会のWebサイトから服装指数を参考に選ぶのもよいかもしれません。

ポイント2:重ね着をしすぎない

冬は必要以上に重ね着をすると、汗をかいて風邪をひきやすくなります。気温の変化に合わせて重ね着する服を調整する必要があるでしょう。気温だけでなく、暑いや寒いという体温の変化を意識することが大切です。

ポイント3:かさばるアウター、着回しできるコーディネートを

アウターは旅行で荷物になるため少なめに持っていきます。そのため着回しを意識して、同じ服を着ていると思われないようにコーディネートできるようにしましょう。

ポイント4:機能性を重視した服装!

ストレッチ性、速乾性、形状記憶など、機能性のある服をなるべく旅行で持っていくようにしましょう。せっかくの旅行なのでオシャレをしながら、機能性のある服を両立して利用するといいですよ。

海外旅行時のポイント

海外旅行では服装に注意する必要があります。服装によっては犯罪に巻き込まれる可能性も出てくるため、以下の4つの注意点を意識して服を選びましょう。

徒歩での移動が多いなら動きやすさは重視すべき!

海外旅行ではハイヒール、底の厚い靴を履くことはやめておいた方がいいでしょう。海外は地域によって石の歩道、舗装が間に合っていない道路があります。つまづいたり、くじいたりと怪我の原因になりやすいため、歩きやすい靴を履いた方が安心です。

露出の激しい服は着ない

露出の激しい服は、男女ともに強い誘惑と勘違いされて、襲われる危険性が高くなります。日本では一般的な服装と考えられているタンクトップ、スカート、ショートパンツは海外で避けた方がいいでしょう。イスラム圏では女性は全身を覆い隠す服装のため、これに配慮した服装を心がけましょう。海外では露出する服装を避けることがトラブルに巻き込まれない方法になります。

派手すぎたり、オシャレすぎるのもNG

派手なブランド物や、ファッションやメイクをオシャレにしすぎると、お金を持っていると思われ犯罪の標的になりやすくなります。アクセサリーなども、できるだけ高価なものを身に付けないようにしましょう。

宗教は事前に必ずチェック!

寺院、モスク、教会のような神聖視されている宗教施設には、宗教的な理由によってカジュアルな服装では入れないことがあります。宗教を連想させるアクセサリーや文字の書いてある服は気をつけるべきです。外国語のプリントシャツは失礼な言葉が書かれていることもあるため、確認した方がいいでしょう。行先の宗教施設の注意点などは事前にチェックしておきましょう。

知っておきたい「旅行ファッション」のコツ

旅行先で「◯◯を持ってくればよかった……」こんな経験はありませんか?
そんな方のために、旅行気分を盛り上げてくれるアイテムやそのコツを一部ご紹介していきます。

旅行気分を味わえるアイテムを持っていこう!

旅行では旅行気分を味わえる3つのアイテムを持っていくのがいいでしょう。
サングラスはファッション性が高く、紫外線の強い地域では必需品です。
日よけ帽子は、ビーチリゾートなどの強烈な日差しの対策になり、オシャレな旅行用のアイテムとして持っていくのがオススメ。
靴は旅行だからと張り切って新品を持っていくと、旅行先でよく歩き回るなどして、靴擦れするかもしれません。旅行用に用意したオシャレな靴はしばらく履きならせてから旅行に持っていきましょう。

折り畳み傘は必須!だけどオシャレは忘れずに!

天気予報が晴れでも、雨が降る場合もありますよね。さらに、旅行先や時期によっては急なスコールがくる可能性も。折りたたみ傘はそんな急な雨にも対応できる便利なアイテムです。せっかく旅行なので、色やデザインにこだわり、思いっきり旅行を楽しめるようにしましょう。

しかし、注意しなければいけないのが空港での持ち物検査。いくらコンパクトにできるとはいえ、先端が鋭利なものになると機内に持ち込めません。加えて、機内には1本だけの持ち込みになります。お気に入りの傘を捨てることのないようにしましょう。

服のしわのお悩みは「ソロテックス」 が解決します!

旅行先で服がしわだらけになってしまったことはありませんか。
帝人フロンティアの「ソロテックス」を使用した服はしわになりにくいため、旅行先でしわに悩むことはありません。
ストレッチ性の伸縮性もあり、柔らかく着心地もいいため、快適な旅行をサポートしてくれますよ。

そんな「ソロテックス」を使用したボトムスが、THE NORTH FACEの「ドーローライトパンツ」と「リッジライトパンツ」です。ストレッチ性や形態回復性はもちろん、後加工で撥水機能を付与しているため、さまざまな場面で活躍します。詳しくは、こちらをご確認ください。


まとめ:旅行先の現地にあった服装を着よう

  • 夏の国内旅行では昼と夜の温度の変化を考慮する
  • 冬の国内旅行では服装を気温にあわせる
  • 海外旅行では国の文化に適した服を着る
旅行での服装選びは悩んでしまうこともありますよね。ファッション性も大切ですが、旅行先の気温や文化なども考慮して、一緒に快適な旅行を実現しましょう。
「ソロテックス」は、快適でストレスフリーな旅行を実現します。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事