Column

クールビズ 最適インナー選びの3つのポイント

半袖シャツの男性

クールビズの季節到来です。

昨今、清涼感を出すために生地はより薄く、露出が若干増したデザインが多く見られるようになり、素肌に直接トップスを着用される方もいらっしゃいますが、高温多湿である日本のクールビズの着こなしには、快適性やマナーの面からインナーは欠かせません。

クールビズの着こなしを生かす3つのポイントを押さえて最適なインナーを選びましょう。

ポイント1.インナーのデザイン

クールビズの着こなしで代表的なNGは、トップスの襟元や袖口からインナーが見えることです。まずは、クールビズにふさわしいデザインを確認しましょう。

インナーの首元

クールビズでは、シャツの第一ボタンを外すなど、通常より首元の露出が増えます。そんなときは、インナーのカットが深めのVネックやUネックで首元をすっきり見せましょう。レディースのボートネックなど、横に露出が増えるデザインのトップスであれば肩ひもは脇側に近いインナーを選びましょう。

インナーの袖

ノースリーブやタンクトップ型より、脇の汗染み対策ができる袖付きインナーがオススメです。メンズで長袖シャツを着用される方は腕まくりしても見えない半袖か7分丈の袖付きインナーがよいでしょう。
また、レディースの袖なしタイプを選ぶ場合は、脇汗パット付きを選びましょう。

凸凹の少ないインナーデザイン

クールビズアイテムの生地は軽量で薄く、透けやすい生地が多くなりますので縫い代が重なって出来る段差などで、インナーのラインが表面に立体的に浮き出てしまうことがあります。

そんな時には、カットオフや縫い目のないシームレス仕様が身体とのフィット感を増してくれるのでオススメです。レディースは装飾で凸凹しているよりもシンプルなデザインの方がシルエットをより綺麗に見せてくれるでしょう。

ポイント2.クールビズ インナーの色選び

首元や袖口からインナーが見えなくても、シャツやトップスの生地にインナーの色が透けて見えるのも気になるところです。トップスやボトムスに影響しないインナーカラーをしっかり押さえましょう。

インナーカラー ベージュ

透け対策において無難な色は、肌色にもっとも近いベージュ色です。ベージュの色バリエーションがあって悩む場合は、腕の内側の色に近い色を選ぶとよいでしょう。合わせるトップスやボトムスの色が薄い場合は明るめのベージュ系がオススメです。

インナーカラー 白、グレー

ベージュ系のインナーカラーに抵抗のある方は白や淡いグレーをオススメします。清潔感のある白はもちろんのこと、ピンク、ブルーなど淡い色のシャツにも馴染みやすく透け感が抑えられます。白以外では、淡いグレーも色馴染みがよく、色ものとの相性もよいでしょう。

インナーカラー 色もの、黒

トップスの色に合わせてインナーを選ぶ場合、同色系の色もの、黒の選択肢もありますが、ビジネスマナーとして派手な色ものの服装は好まれない傾向がありますので、クールビズのインナーとしてはあまりオススメできません。

ポイント3.インナーの素材

一日を快適に過ごすためにもっとも重要なポイントは着用感を決定づける素材です。天然繊維、合成繊維、それぞれの特性を理解して、あなたに最適な素材を選びましょう。

天然繊維のインナー

昔から定番の天然繊維は綿や絹などがあります。綿はソフトな肌ざわりと吸水性に優れていますが、大量に汗をかいたときなど、乾きにくいのが欠点です。

絹は人間の皮膚と同じたんぱく質から構成されているため人肌にもっともやさしく、吸水性、速乾性、UVカット効果を備え、抗菌性も有するといわれている高機能な素材ですが、お手入れに少々手間がかかることと価格が高めです。

合成繊維のインナー

最近は特に高機能のポリエステル素材の開発が盛んで、吸水速乾・消臭・抗菌・冷感等、汗や体温の調整機能を助け、高い快適性の上にお手入れが簡単で価格もお手ごろなので日常使いに適しています。

混紡繊維のインナー

他にも天然繊維と合成繊維を掛け合わせた混紡素材や天然繊維に機能を付加した生地など多彩にあります。例えば、冷房の効いた社内業務で通勤時に汗をかきやすい方の場合は、冷房による急激な温度変化に対応するため汗を早く乾かし、保温性が高い吸汗速乾機能のある混紡繊維のインナーがオススメです。

まとめ:クールビズ インナー選びの3つのポイント

  • 首元、袖口からはみ出さない、汗染み対策のインナーデザインを選ぶ
  • トップスを邪魔しない透けないインナーカラーを選ぶ
  • お仕事のスタイル、ご自分の肌質や着ていて気持ちがいい素材を選ぶ

クールビズで大切なことは、清潔感とマナー、そして自分が快適に過ごせることです。ご紹介しました3つのポイントを押さえて最適なインナーを選び、あなたのクールビズの着こなしを見つけましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事