Column

冬のキャンプは甘くない!その理由とおすすめの服装をご紹介

キャンプといえば夏のイメージが強いですが、最近では冬場のキャンプにも注目が集まっています。しかし、冬キャンプは事前の準備がもっとも大切です。特に服装はきちんと考えていかないと、せっかくのキャンプが台無しになってしまいます。

そこでこの記事では冬のキャンプで気をつけたい服装について見ていきましょう。

冬のキャンプの服装は準備が大切

実は冬キャンプは初心者が手を出すにはハードルが高いアウトドアです。しっかりと準備を行ってから行くようにしましょう。

冬キャンプで注意しておきたいことは、場所によって気温が氷点下になるということ。事前の天気の確認も大切ですが、特に服装は事前に防寒対策を考えておかないと現地で凍えてしまうこともあります。

おすすめの冬場の服装

それでは冬キャンプの準備におすすめの服装を詳しくみていきましょう。

冬キャンプでは衣類の重ね着(レイヤリング)による防寒対策が基本です。保温機能を求めるベースレイヤーには、吸湿発熱繊維を利用した肌着など防寒インナーを選びましょう。ミドルレイヤーには、軽量で保温性の高い、中肉ポリエステル素材がおすすめです。

ライトなキャンプであればミドルレイヤーだけでも十分ですが、寒さや雨風が厳しくなりそうな場合には防水・防風性が付与されたアウターを準備しておくことも大切です。ベースレイヤーで暖かさを保ちつつ、ミドルレイヤーやアウターでおしゃれさを演出してみてはいかがでしょうか。

保温機能中肉ポリエステル素材のブルゾン

ミドルレイヤーやアウターとしては、保温機能中肉ポリエステル素材のブルゾンがおすすめです。高い保温性がありながら、カジュアル感のあるルックスはキャンプの雰囲気に最適。裾や袖口が絞られたデザインで防風効果も期待できます。軽く動きやすいので冬場のキャンプでも大活躍です。

ただし焚火などの火の粉で穴が開く恐れがあるため、注意が必要です。難燃素材を使ったアウターを上に着用すると安心ですよ。

ダウンベスト

ダウンベストも高い保温性があるため、ミドルレイヤーやアウターとしておすすめです。製品としての厚さによって内側に着たり、外側に着たりとコーディネートの幅が広がります。また、真冬用のダウンジャケットとは異なり、ダウンベストは組み合わせ次第で秋や春でも利用が可能。1着持っておけば、さまざまなタイミングのキャンプも楽しめるでしょう。

ネックウォーマー

冬キャンプの防寒として、冷たい外気が首元から入ることもケアが必要です。ネックウォーマーは防寒だけでなく、小顔効果を狙うおしゃれ小物としても注目されているアイテム。口元まで覆えるデザインであれば、簡易的なマスクとしての効果も期待できます。感染症に配慮しながら、キャンプを楽しめるようになるでしょう。


まとめ

最近注目が集まっている冬キャンプでは、服装の事前準備が大切です。中途半端な対策では凍えてしまいます。服装はレイヤリングを基本として、保温機能中肉ポリエステル素材のブルゾンやネックウォーマーなど防寒に特化することがおすすめです。

また、今回の記事では服装に着目して解説しましたが、実際にはテントや寝袋などの道具にも気をつけたいところ。正しく準備をして安全に冬キャンプを楽しんでみてください。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事