Column

普段使いにおすすめ!ポリエステルシャツのメリットとデメリットとは?

多くの会社員が着用するワイシャツは、立体的な設計がされているために、洗濯後にしわなくきれいに仕上げるのが難しいアイテムです。そこで「形状記憶加工」や「形態安定加工」などといった特殊加工がされたシャツが活躍しているのですが、こうしたシャツのほとんどにはポリエステルが使用されています。

そこで今回は、ポリエステルのシャツについて機能性を含めたメリットとデメリットについて徹底解説します。

ポリエステルの特徴とシャツ

ポリエステルは石油系の原料から作られる化学繊維で、耐久性が高い、しわになりにくい、比較的熱に強いという特徴のある繊維です。そして速乾性にも優れているので、多くのスポーツやアウトドア衣料にも採用されています。

石油系原料から紡績される段階で薬品添加や熱処理などがしやすく、機能性加工にも適しているため形態安定性を持たせたシャツはポリエステルを使っているものが多い傾向です。他の繊維との混紡で利用されることが多く、特にワイシャツでは綿と混紡されます。

メリット

シャツは毎日着用するものだからこそ、丈夫で洗濯やアイロンがけで手間が少ないものが良いですよね。ポリエステルのシャツには普段使いしやすいメリットがたくさんあります。

洗濯しやすい

洗濯機で手軽に洗える強い繊維のポリエステルは、乾きやすく、しわになりにくいのでお手入れが簡単なところも魅力的です。また綿や麻といった天然繊維に比べて収縮が少ないという点でも優れているといえるでしょう。

※混紡素材や装飾の多いポリエステルは、この限りではないので洗濯表示は必ず確認してください。

アイロンがかかりやすい

綿のワイシャツではアイロンをあてた箇所が、別の箇所にアイロンをあてている間にしわになってしまったという経験はありませんか?綿のワイシャツをしわのない仕上げにするためには、手早くきれいにする技術が必要です。

一方、ポリエステル素材はしわになりにくいため、アイロンがけは比較的簡単です。形状記憶のシャツであれば、形を整えて干すだけでアイロンが必要ない場合もあります。

コスパが良い

綿のワイシャツに比べると、ポリエステルもしくはポリエステルの混紡素材は、比較的安価な傾向にあります。耐久性にも優れた素材なので、取り扱いを間違えなければ長く着用できるのです。コストパフォーマンスが良いとも言えますね。

最新技術のポリエステル

毎日着用するものだからこそ着心地にもこだわりたいシャツ。ポリエステルは、技術の進歩と共に風合いや手触りも改善しています。天然繊維並みの柔らかさを実現する、帝人フロンティアの「ソロテックス」なら、しわになりにくく手軽におしゃれを楽しめますよ。

デメリット

日常的に着用するのに便利なポリエステルのシャツですが、デメリットがないわけではありません。事前に弱点を把握して、購入時の検討素材にしてくださいね。

風合いが異なる

デメリットというよりも、好みによりますが、綿とポリエステルでは色や質感が異なります。光沢が出やすいポリエステルは比較的はっきりと発色するため、特にカラーシャツは、綿素材とは同じ色でも違って見えることがあります。また風合いも綿がさらさらとするのに対し、ポリエステルはシャカシャカとするなど違いがあります。

逆汚染がある

洗濯した衣類が、洗う前よりも汚れてしまう現象を逆汚染と呼びますが、ポリエステルは汚れを吸着しやすいのでこの逆汚染が起こりやすい傾向にあります。逆汚染してしまった場合は、以下の条件に当てはまっていないかを、確認しましょう。

・ひどい汚れのものと一緒に洗濯する
・水が少ない
・洗剤が少ない
・洗濯物の投入量が多すぎる

吸湿性が低い

ポリエステルは水を吸いにくい、含みにくい性質があります。人によっては着用すると蒸れるように感じることもあるでしょう。ただし水を含みにくい性質は速乾性と表裏一体ともいえるので、一概にデメリットとは言えません。湿度の高い季節は体質や好みに応じて、吸水しやすい綿などの素材と比較検討するとよいかもしれません。

まとめ:毎日着用するシャツこそポリエステルが便利

  • 洗濯機で洗える場合がほとんど
  • アイロンがけが圧倒的に簡単
  • コスパも良い

ポリエステル素材のシャツのメリットをご紹介しました。耐久性やコストパフォーマンスに優れるだけでなく、毎日のアイロンがけにかける時間を減らせるのがポリエステルのシャツです。ぜひ、一度利用してみてくださいね!

関連記事

新着記事