Column

ポリエステルの毛羽立ちは防げる?原因から取り扱い方法までご紹介

毛玉取り

扱いやすい素材の代表格のポリエステル。しわになりにくく洗濯にも強い素材であるため、さまざまな用途で使われていますが、着用回数が増えると毛羽立ちや毛玉が目立つことがあります。毛羽立ちや毛玉のある衣類は見た目が気になるだけでなく、着心地もいまひとつですよね。特にお気に入りの衣類であれば毛玉になる前に何とか対処したいものです。

そこで今回は、ポリエステルの毛羽立ちの原因から毛玉の取り方、毛羽立ちを防ぐ取り扱い方法まで徹底解説します!

ポリエステルと毛羽立ち

そもそもポリエステルなどの繊維はなぜ毛羽立ちを起こすのでしょうか。毛羽立ちと毛玉の関係性についてご紹介します。

毛羽立ちはなぜできる?

衣類の毛羽立ちの原因は「摩擦」です。脇やズボンの内側などのよく動かす部分やカバン等と接触する部分は、毛羽立ちやすくなります。また、洗濯でも衣類同士が擦れることで毛羽立ちます。

ポリエステルはもともと摩擦に強い素材ですが、性質の異なる他の素材と混紡されると毛羽立ちが目立つ傾向にあります。

毛羽立ちは毛玉になる

毛羽立った毛は、立ちあがった状態で集まると毛玉になります。つまり、毛玉は衣類の一部が立ち上がり絡み合って作られたものなのです。ポリエステルは比較的強い繊維なので、一度絡まるとほどけずに毛玉になりやすい素材なので、注意が必要です。

毛玉の取り方

毛羽立ちが絡み合った状態である毛玉は、衣類の一部です。除去すると、本体の衣類は薄くなってしまいます。また刃物を使って取り除くのが基本ですが、丁寧に作業をしないと衣類そのものに穴を開けてしまう可能性もあるので注意が必要です。続いては、毛玉取りの事前準備と適切な道具をご紹介します。

事前準備

まずは、洋服ブラシをかけて繊維の方向を整えておきます。さらにガムテープなどで毛玉を浮かせておくと、切除する部分がはっきりするので作業がしやすくなります。

使える道具1:ハサミ

生地を傷めずに毛玉取るには、ハサミを利用するのが一番です。地道な作業にはなりますが、確実に毛玉だけを除去できるでしょう。またT字カミソリも、衣類本体と毛玉の間にやさしくあてることで、同様に毛玉の切除が可能です。

使える道具2:電動毛玉取り器

毛玉が広がっており、ハサミで切るのには時間がかかりすぎる!という場合は、電動毛玉取り器が便利です。コツは、優しく布地にあてること。機器を押し付けて衣類そのものに穴を開けないように注意しましょう。毛玉を取り除くほどに生地は薄くなるので、あて過ぎないようにしましょう。

使えない道具

スポンジを利用した毛玉取りが紹介されることもありますが、引っ張り取る方法は避けたほうが良いでしょう。その理由は、引っ張ったところが新たな毛羽立ちになるからです。同様に手で毛玉を引っ張るのも、毛玉が新たな毛羽立ちとなり、繰り返すことになるのでやめましょう。

毛玉にしない方法

毛羽立ちや毛玉の多い衣類は、着古してくたびれた印象を与えてしまうかもしれません。毛玉ができたらご紹介した方法で除去していただきたいのですが、生地は薄くなっていきます。そのため毛玉を作らない予防が重要といえます。

摩擦を防ぐ

摩擦が毛羽立ちの原因の一つです。お気に入りの洋服を着ているときは、カバンなどと擦れないように注意しましょう。また衣類の表面を滑らかにする柔軟剤を使用して洗濯をしておくのもおすすめです。

ブラシをかける

着用した後の洋服は、表面が毛羽立ちやすくなっています。ブラシを掛けておくと毛の流れが整い、絡みづらくなります。毛玉取りブラシで定期的に手入れをするのもおすすめです。

ネットに入れて洗う

洗濯の際はネットに入れて、他の衣類と擦れるのを防ぎましょう。デリケートな素材を購入時の風合いに保ちたい場合には、ドライクリーニングを選ぶのがおすすめです。

抗ピル素材

特殊な薬品を使って加工した、抗ピルが施された衣類を選んでおくのも毛玉を防ぐ方法です。摩擦を減らし、繊維を弱くすることで絡まりを抑えてくれます。

まとめ:摩擦を防いで毛羽立ち防止


  • 「毛羽立ち」が「毛玉」になる
  • 毛玉は刃物で切除する
  • 摩擦を防いで毛羽立ちを作らない

繊維は、摩擦によって毛羽立ちが発生します。さらにポリエステルのように強い繊維の場合には、毛羽立ちが絡み合ってしまうと簡単にほどけないため、毛玉になりやすい傾向があります。毛羽立ちが毛玉になってしまった場合には、毛の流れを整えた上でハサミや専用の電動機器を使って衣類本体を傷つけないように丁寧に取りましょう。

関連記事

新着記事