Column

ポリエステルの色あせを防ぐ方法とは?正しい扱い方をご紹介!

色あせたワイシャツ

ポリエステルはしわになりにくく耐久性にも優れている便利な素材ですが、色あせを起こす可能性はないのでしょうか。強度があるだけに着用回数も多くなりがちなポリエステル。洗濯や保管方法など取り扱いを間違えると、お気に入りの一着が色落ちや退色で着られなくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、ポリエステルの色あせについて、取り扱いの注意点や予防方法をご紹介します。

ポリエステルの色あせ

ポリエステル素材は強くて便利な素材ですが「染色」の観点からみると、どのような素材なのでしょうか。色あせとの関連性まで解説します。

ポリエステルの特徴

ポリエステルは人工的につくられた非常に高密度の化学繊維です。そのため、染料がしみこむ隙間がないほどに緻密な表面をしています。

ポリエステルの染色

高密度なポリエステルは綿などの天然素材とは異なり、一般家庭では染色が難しいといわれています。高温にすることで繊維に隙間をつくり、高圧をかけなければ色が入っていかないからです。

そのため、ポリエステルに染料を入れるときは工業用の染色機を利用します。加圧によって摂氏130℃以上になった染料を利用して、ポリエステルをむらなく染め上げるのです。濃色にする場合は高温高圧染めが欠かせません。

上記の染色方法よりポリエステルは理論的には、高温下にさらされなければ通常の使用では脱色することはありません。そのため洗濯でも比較的、色あせすることの少ない繊維だともいえます。

色あせを防ぐ洗い方

ポリエステルは色あせしづらいとはいえ、「洗濯で色落ちした」「洗濯回数を重ねて色あせ」してしまったという経験があるのではないでしょうか。そこで、色あせや色移りを防ぐポリエステルの洗濯方法をご紹介します。

洗剤との相性をチェック

手軽に洗濯ができるポリエステルですが、洗剤との相性によってはポリエステルの繊維は色落ちしやすくなってしまいます。全体を洗浄する前に、目立たない場所で色落ちをチェックしましょう。また、酸素系漂白剤を利用する場合も同様に確認が必要です。

染料過多でも色落ちの可能性あり

またポリエステルは染まりにくい性質上、染料が過多になっている可能性があります。購入してから最初の数回は、洗濯水に色が出ることもあるため、ほかの衣類とは分けて洗うようにしましょう。

色あせを防ぐ保管方法

ポリエステルは洗濯以外でも、光にさらされることで色あせてしまうことがあります。続いては、色あせを遅らせて、美しい発色を保つ方法をご紹介します。

染料と紫外線

繊維に色をつける染料は化学物質です。化学的作用によって繊維に定着した色が紫外線にさらされると、化学的に結合した部分が分解されてしまうことがあるため、変色や退色を引き起こしてしまいます。

色あせを遅らせる保管方法

日常的に使用する服は、紫外線を避けられません。そのため、着用していない期間は日光を避けて吊るしておくことが重要です。また蛍光灯も自然光よりは少ないものの、紫外線を発しています。室内に保管をする際にもクローゼットで保管したりカバーをかけたりすることで、蛍光灯の光も避けるようにしましょう。

色あせしにくいポリエステル素材を選ぶ

ポリエステル素材の中には、紡績の段階から染まりやすい構造に作られている繊維もあります。

例えば、帝人フロンティアの「ソロテックス」。易染性が高く、低温でも深みのある色を実現できる繊維です。染色堅牢度(日光、洗濯、汗等の様々な外的条件に対する染色の丈夫さの度合い)にも優れ、美しい発色が長持ちします。濃色のポリエステル素材で色あせが心配な場合は、こうした特長のある素材を使った商品を購入するのもよいでしょう。

まとめ:ポリエステルの色あせは、工夫次第で防げる!

  • 色落ちを防ぐために洗剤を選ぼう!
  • 紫外線によって色あせすることもあるので要注意
  • 色あせしにくい素材を選ぼう

ポリエステルと色の関係性については、染まりにくいという特徴がありますが、染料は化学反応を起こすことがあり、洗剤の種類や紫外線によっては変色や退色する可能性もあります。洗濯の際には事前に色落ちチェックをする、保管の際には暗所に置くといった手間をかけることで、大事なポリエステル衣類の劣化を防ぎましょう。

関連記事

新着記事