Column

ワイシャツは業者クリーニングと家庭での洗濯どっちが正解?

ワイシャツは業者のクリーニングと家庭の洗濯どちらにすべきなのでしょうか。

毎日しわのないきれいなワイシャツを着用したいものですが、悩ましいのはアイロンの手間やなかなか落ちない汚れです。それでも業者のクリーニングを頼むと時間もコストもかかるので、家庭での洗濯も捨てがたい……とお悩みの方必見です。

今回は、ワイシャツの業者クリーニングと家庭洗濯のそれぞれのメリットやポイントを解説します!

業者クリーニングのメリットとタイミング

まずは業者のクリーニングについて、そのメリットと効率的に預けるタイミングについてご紹介します。業者に預けた方がよい場合もありますので確認してみてくださいね。

メリット

業者のクリーニングで期待できるのは、家庭では落とすことのできなかった汚れを落とせることです。また、自宅でアイロンの手間なく、しわのない完璧な仕上がりを求められます。家庭では扱うことのできないデリケート素材は、専門業者だからこそ扱えるのです。

タイミング

クリーニングに出すタイミングとしては、家庭の洗濯で臭いや汚れが落ちなくなったと感じた時が一番多いのではないでしょうか。その他にも、衣替えなど長期保管前のタイミングは、蓄積された汚れをプロのクリーニングでリセットしておくと次に取り出した際の黄ばみなどが防げるでしょう。

また、取扱い表示で家庭では扱えないとされているワイシャツは、着用ごとに業者クリーニングに出す必要があります。

業者のワイシャツクリーニング

それでは業者のクリーニングとはいったいどのようなものなのでしょうか。家庭での洗濯との違いを比較しながら確認してみてくださいね。

預ける前に確認すべきポイント

業者に預ける場合であっても、取り扱いに間違いのないようにワイシャツについて把握をしておくようにしましょう。まず取扱い表示で洗い方の指定を確認した後、業者のクリーニングに出しても問題がない場合は、洗濯汚れを防ぐためにポケットの中身をすべて取り出します。

あらかじめ汚れやシミを探しておき、預ける際に店に伝え、仕上がり後の確認も店頭で行いましょう。

業者クリーニングの工程

業者クリーニングの工程も、ほつれ等の損傷や汚れに合わせたクリーニングを行うために状態の確認から入ります。

その後の工程の一例としては、特殊洗剤とお湯を使って洗う、ハリのある仕上げをするために糊付けする、アイロンやプレスマシンでしわを伸ばす、最後に湿気を飛ばして形状を安定させるという工程を行います。専用の洗剤を利用する点、伸ばす工程と乾かす工程が逆転する場合がある点が家庭の洗濯とは異なります。

注意点

業者によるクリーニングは完璧に近い仕上がりを期待できる反面、強い洗浄成分やプレス工程において生地に負荷がかかる傾向もあります。場合によっては生地が縮むこともありますので、こちらの記事を参考にして依頼の際には注意してみてください

どうしてワイシャツは縮む?原因は使用材料と洗濯の仕上げにある!
最近ワイシャツの首元が締まってきた気がする…もしかして縮むもの?と疑問に感じたことはありませんか?それ実は、ワイシャツに使用される材料と洗濯の仕上げが原因で、縮んでいるかもしれません。ワイシャツのスタイルを決める襟、袖、前立ての素材は、取り扱い次第で収縮を起こす場合があるのです。


ワイシャツの家庭洗濯

業者クリーニングがプロの仕上がりを期待できる一方、家庭洗濯にはどのようなメリットがあるでしょうか。家庭での洗濯向きのワイシャツを含めご紹介します。

家庭洗濯のメリット

家庭での洗濯のメリットは、預けに行く、取りに行く手間がありません。会社勤めの場合は平日にクリーニング店に立ち寄るのが難しいこともあるでしょうし、週末にまとめて預ける場合には相当枚数のワイシャツを準備する必要があります。

一方、家庭の洗濯であれば洗濯頻度に応じた必要最低枚数を用意すれば済みます。また、着用後時間をおかずに洗濯をすれば、汚れも落ちやすいでしょう。

家庭洗濯のポイント

ワイシャツを家庭で洗濯する場合は以下のポイントを押さえておきましょう。

・こまめに洗って、汚れを蓄積しない
・襟や袖口の汚れが気になる場合は予洗いもしくは洗剤のつけおきをする
・自重でしわを伸ばすため、脱水時間は短く設定する

その他詳しくはこちらも参考にしてください

ワイシャツやブラウスの洗濯のポイントをおさらい!手間なしの方法もご紹介
ワワイシャツやブラウスは薄手であることが多く、襟もとや袖口が身体のラインに合わせてつくられています。だからこそ、型崩れが気になり、洗濯にも気を使いますよね。そこで今回は、ワイシャツやブラウスの洗濯の方法とキレイに仕上げるコツをご紹介します。


家庭洗濯にオススメのワイシャツ

ワイシャツを家庭で扱う場合の最大の難所はアイロン掛けでしょう。そこでオススメするのが、ノンアイロンワイシャツとも呼ばれる形態安定のワイシャツです。詳しくはこちらを参考にしてください


ワイシャツをアイロンなしで着る方法?!ノンアイロンシャツもご紹介
「ワイシャツをパリッと着こなしたいけど、アイロンは面倒……」ということは、多くの会社員が共感するところではないでしょうか。ワイシャツは襟まわりや肩まわりなど、曲線を描く部分や厚みのある部分があるので、アイロン掛けは容易ではありません。背中のアイロンをかけている間に、すでにアイロン済みの前身ごろがしわになってしまった…というもしばしば。そこで今回は「アイロンなし」をキーワードに、しわにならずにワイシャツを着こなす方法について徹底解説します。


ノンアイロンのワイシャツの代表的な素材はポリエステルですが、風合いや肌触りが気になる、という人に特にオススメなのが帝人フロンティアの「ソロテックス」。速乾性や形態安定はそのままに、天然繊維にも匹敵する着心地を実現した素材で、初めてノンアイロンシャツを着用する人にもオススメの素材です。


まとめ:ワイシャツはクリーニング店と家庭洗濯の併用も検討しよう

  • 手間なし、汚れ落ちよしの業者クリーニング
  • ただし洗濯は家庭でもできる
  • 家庭洗濯にはお手入れが簡単なワイシャツがオススメ
ワイシャツのお手入れについて、業者クリーニングと家庭洗濯のそれぞれについて解説しました。業者クリーニングはプロの技で、手間なくきれいに仕上がるという魅力があります。一方の家庭洗濯は、着用後すぐに洗える手軽さがあります。またアイロンの手間を解消するノンアイロンシャツなどを導入すれば他の衣類同様の扱いも可能です。

ワイシャツは毎日着用するものですから、普段使いのワイシャツは家庭洗濯、フォーマルな高級ワイシャツはクリーニングに預けるなど家庭洗濯と業者のクリーニングの両方をコスパやライフスタイルに合わせて上手に併用することをオススメします。
※ワイシャツによっては業者のクリーニングには出さない方がよい場合もあります。相談の上預けるようにしてください。

ここちよさ、そろってる。 特設サイトはこちら

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事