Column

一人暮らしの洗濯の基本や頻度は?時短や注意したいポイントもご紹介

一人暮らしをはじめるにあたって必ず必要になる洗濯。一人ならば洗濯物の量も少ないし、できるだけまとめたほうが効率的では?と思うかもしれませんが、そうとも言い切れません。

そこで今回は、洗濯頻度とそれに応じたメリットや注意点に触れた上で、洗濯の基本や注意事項など一人暮らしの洗濯ついて必要な知識をご紹介します。

一人暮らしの洗濯頻度と洗濯機の選び方

一人暮らしの洗濯はどのくらいの頻度で行うのが適切なのでしょうか。こまめな洗濯とまとめての洗濯、それぞれにどのようなメリットがあるのか、そして適切な洗濯機の選び方についても紹介します。

洗濯頻度

一人暮らしの洗濯で考えられる洗濯の頻度はおおむね「毎日」「週2~3回」「1週間に1回」の3パターンです。衛生面を気にする場合は「毎日」、一定量の洗濯物が溜まった段階で洗濯機を回す場合は「週2~3回」でしょう。

仕事や学業で平日は洗濯機を回す暇がないという場合には、休みの日にまとめて「週1回」ということもあるかもしません。

頻度が多い場合のメリット

衣類は、肌に触れていれば汗や皮脂が、外気に触れればさまざまな物質が付着します。こうした汚れは早く洗濯をするほど落ちやすいので、衛生的です。さらに一人暮らしのスペースでは干す場所が限られていますが、頻繁に洗濯をすれば十分な間隔を保って洗濯物を干せるでしょう。

頻度が少ない場合のメリット

まとめて洗濯すれば、電気代や水道代などの節約になります。洗濯に割く時間も減らすことができそうですね。

しかし、一人暮らしの場合は大量の洗濯物を一度に干す場所が限られていることが多く、乾きにくいという状況は起こりうるでしょう。衛生面から見ても、忙しい時期以外は週2~3回程度がおすすめです。

洗濯機の選び方

上記を踏まえた上で、洗濯機を選ぶポイントを解説します。
まずは頻度に応じた容量を想定します。一人暮らしの場合、1回の使用量が少ない場合は5㎏以下、多い場合は6~7㎏が良いでしょう。また、洗濯機を実際に見に行く場合は、事前に設置場所の寸法を把握しておくのがポイントです。洗濯機によっては設置場所におさまらない可能性があります。

そして洗濯機には大きく2種類のタイプ、縦型とドラム式洗濯機があります。本体のコストを優先するのであれば縦型洗濯機、乾燥まで一度に終わらせたいのであればドラム型洗濯機を選びましょう。さらに夜間の洗濯が多いようであれば、静音タイプがおすすめです。

洗濯の基本

洗濯自体は機械が行ってくれますが、ポイントを押さえていないと残念な仕上がりになることも。実際に一人暮らしの洗濯を始める前に、ポイントをおさらいしておきましょう。

洗い方

洗い方ですが、まずは衣類の洗濯表示をチェックします。洗い方や干し方の指定がある場合は必ず従いましょう。それぞれの表示の解説はこちらを参考にしてください
政府広報オンライン「洗濯表示が新しくなって2年。あなたは正しく洗濯していますか?」

洗剤の量は必ず守りましょう。多すぎるとすすぎ残しで黄ばみなどの原因になり、少なすぎると汚れが落ちなくなってしまいます。摩擦による生地のダメージが気になる衣類は、洗濯ネットを使用しましょう。ファスナーやホックは他の衣類に引っ掛かる恐れがあるので、締めておきます。

干し方

まず、脱水後のしわを、叩いて伸ばしておきます。生乾きだと雑菌が発生してイヤな臭いも発生してしまうため、しっかり乾かすことを意識しましょう。洗濯物同士の間隔は適度に空けて、外側に行くほど長いものが干されるようにアーチ型の干し方を意識すると乾きやすくなります。部屋干しする場合はエアコンや扇風機の風を当てて、空気を循環させるとよいでしょう。

時短のヒント

一人暮らしで忙しくしていると、洗濯にかける時間がもったいない、と感じることも。基本の洗濯をマスターしたら、より簡単で楽な方法を見つけてみましょう。こちらの記事ではさまざまな時短アイデアを紹介しています。自分に合った方法を試してみてくださいね。

【ズボラさん必見!】洗濯の時短術と便利アイテムをご紹介!
家事の中でも時短が難しい洗濯。洗う、干す、しまうの工程が一度では終わらず、洗濯機から物干し場の間など移動距離も大きいので、どうしても時間を取られがちですよね。そこで今回は、洗濯の各工程の時短ワザと便利アイテムについて解説します!


洗濯の注意点

さて基本的な洗濯の方法が分かったところで、ここからは洗濯でやりがちな間違いや困ったときのヒントをご紹介します。洗濯の効果を損なわないために、知っておいて損のないポイントですよ。

これだけは避けたい注意点5つ

節約したい、面倒を減らしたいと、やってしまいがちな洗濯で避けるべき項目を5つご紹介します。

1.洗濯機の中に洗濯物を溜める
洗濯層の中は通気性が悪く、湿度が高くなりやすい環境です。そのまま洗えるからと洗濯物を溜めると細菌が繁殖しやすいので、洗濯かごなどを利用しましょう。

2.汚れがひどいものや色落ちが気になるものを、他のものと一緒に洗う
ひどい汚れがある、色落ちが心配される洗濯物は分けて洗うのが基本です。一緒に洗うと汚染や色移りの原因になってしまいます。

3.すすぎに残り湯を使う
風呂の残り湯を洗濯に利用する場合があるかもしれませんが、「すすぎ」に残り湯を使うのは避けましょう。残り湯は皮脂などが含まれており、すすぎの段階で衣類に残ると雑菌が繁殖する原因になります。

4.洗濯槽の上限まで衣類を入れる
洗濯槽いっぱいに洗濯物を入れると、汚れが十分に落ちません。カタログ等に書かれた各洗濯機最大容量の7~8割程度の洗濯量が適切なので、量が多い場合は2回に分けて洗うなどしましょう。

5.洗濯後に放置する
洗濯が終わったらすぐに取り出しましょう。洗濯層に濡れたままで置いておく時間が長くなるほど、雑菌は繁殖してしまうため、洗濯後はすぐに干すように心がけましょう。

【番外編】女性の場合は…極力部屋の中に干す
特に下着などは人目につかないように部屋干しにしましょう。その他の衣類を干す場合にも、女性の一人暮らしと分からないような工夫をするとよいでしょう。窓に固定できる室内洗濯もの干しなども販売されているので、活用してみてください。

こんな時どうする?洗濯のヒント

自分で洗濯をしてみると、黄ばみやシミなど、通常の洗濯では解決できない悩みに遭遇することも。また、ワイシャツなどを洗濯するとしわになって困っている、という場合には以下の記事で詳しく解説をしているので参考にしてみてくださいね。

ポリエステルの服にシミが付いてしまった!対処法を解説します!
ポリエステルは「しわになりにくく洗濯にも強い」、扱いやすい素材なだけに、着用回数が多くなるほどシミになるリスクも高くなります。こうしたシミは専門業者によるクリーニングでなければ落ちないと考えがちですが、ホームケアが可能なポリエステルであれば、自宅でもシミ抜きを試みることができます。


まとめ:一人暮らしの洗濯は衛生的で効率的な最適解を見つけて


  • まとめ過ぎは汚れの原因
  • 基本と注意事項は守る
  • 時短ワザやテクニックも活用する

一人暮らしの洗濯について解説しました。洗濯頻度は少ないと、汚れをため込むことになり、十分な効果を得られません。できれば週2~3回は洗濯するようにしましょう。洗濯の方法は、洗濯表示や洗剤量を守るなどの基本に従えば、汚れはしっかり落ちます。また、よく乾かすことが衛生的な保管につながるので、干し方も気にしてみてください。

基本の洗濯に慣れてきたら、ライフスタイルに合わせた時短の方法を取り入れるなど効率化を図ってみましょう。また、洗濯のお悩みに関してもリンクを参考にして解決してみてくださいね。

関連記事

新着記事