Column

甘く見てはいけない! ランニング時の日焼けには十分な対策が大切

テレワークによる運動不足を解消するために、ランニングを始めた人も多いのではないでしょうか。しかし、屋外で行うスポーツのため、日焼け対策を万全にする必要があります。

そこでこの記事ではランニング時の日焼け対策におすすめの方法を紹介しています。肌のケアに注意をしながら、運動不足を解消していきましょう。

ランニング時は十分な日焼け対策をしよう

ランニング時の日焼け対策として真っ先に思い浮かぶのは日焼け止めクリームではないでしょうか。しかし、走っているうちに汗で流れやすいため、複数の日焼け対策を組み合わせていく必要があるでしょう。

日焼けは肌を傷める原因

日焼けは肌を傷める原因です。日焼けのメカニズムやデメリットについて詳しく説明していきます。

日焼けの原理

肌が紫外線を浴びると、皮膚に存在するメラノサイトからメラニン色素が生成されます。茶色〜黒色のメラニン色素は紫外線を吸収するため、肌に当たる紫外線量を減らす効果があります。このように紫外線を浴びた皮膚の防御反応として日焼けがおこるのです。しかし防御反応が過剰になってしまうと、皮膚が炎症を起こす原因にもなります。

過剰な紫外線は炎症の原因

過剰な紫外線を浴びると皮膚が真っ赤になったり、ひどい場合には水ぶくれになったりすることも。また継続的に紫外線を浴びた場合には、シワやたるみなどの皮膚の老化にもつながってしまいます。

ランニング時の行動で対策

ランニング時の行動に注目した日焼け対策を3つピックアップしてみました。

日焼け止めを塗る

ランニングを始める前には必ず日焼け止めを塗ることが大切です。日焼け止めには紫外線を吸収したり、散乱させたりする顔料が含まれています。日焼け止め効果を表す指標としてSPF(Sun Protection Factor)やPA(Protection Grade of UVA)があります。ランニングのように長時間屋外に出る場合には、できるだけ効果の高い日焼け止めを使うことをおすすめします。

早朝や夕方~夜に走る

1日の中でもっとも紫外線量が多い時間帯は、午前10時~12時です。ランニングをする時間帯を早朝や夕方、夜間に変えるだけでも、肌に降り注ぐ紫外線量を抑えることができます。また早朝や夕方は日中と比べて気温も低いため、熱中症予防にもなります。

日陰が多いコースを選ぶ

ランニングのコースに気をつけることもポイントの一つ。日焼け止めや時間帯は気にする人は多いですが、日焼け対策を考えたランニングコースを選ぶ人は少ないはずです。あらかじめコースを調査してからランニングを始めても良いですが、ランニングを続ける中で徐々に最適なコースに変更していくと良いでしょう。

着用する衣服で対策

ランニング時に着用する衣服で日焼け対策をする方法もあります。

長袖・ロングパンツのウェアを選ぶ

日焼けを防止するためには、そもそも紫外線が肌に当たらないことが重要です。そのためにはウェアで紫外線をシャットアウトしましょう。長袖・ロングパンツなどを着用すれば、肌の大部分を覆うことができます。

ランニングにロングパンツはあり?選ぶポイントは4つ 健康維持やダイエットのための気軽なスポーツとして、ランニングを始める方が増えています。しかし、どのような服装にしたら良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では、ランニングにロングパンツがおすすめの理由とロングパンツの機能、選び方について詳しく説明します。

アームカバーをつける

ランニング時に長袖は暑くて嫌だ、という時にはアームカバーを用意しておくと良いでしょう。半袖シャツを着用した後にアームカバーで腕を覆うと、長袖のウェアと同じような効果が得られます。アームカバーには紫外線カット効果がついている製品も多く販売されています。

レギンス

長袖ウェアの代替としてアームカバーを着用するように、ロングパンツの代わりにレギンスを用意しても良いでしょう。ショートパンツとレギンスを合わせれば、ロングパンツを着用するのと同じ効果が得られます。アームカバーと同様に紫外線カット効果の高い製品も販売されています。

冬到来!おしゃれだけではないランニングタイツの効果と選び方 初めての冬を迎えるランニングビギナーのみなさん。ロングタイツの用意はできていますか?
夏場にUVケアやおしゃれでタイツを着用していた人いるかもしれませんが、冬のランニングにロングタイツが必要な理由をご存じですか?今回は、冬ならではのロングタイツの効果と選び方をご紹介します。


キャップ

髪の毛だけでは紫外線から頭皮を守りきれません。キャップを被ることで確実に紫外線から頭皮を守ることが重要です。おしゃれなデザインのキャップを着用すればランニングの気分も上がりますよ。

ランニングのキャップ効果と選び方とは?快適に走るためのポイント ランナーの多くがかぶっているランニングキャップ。実はシューズと同じくらい重要なアイテムであることをご存じでしょうか。その理由をしっかり理解して、最適なランニングキャップを取り入れましょう。

サングラス

紫外線で日焼けをするのは肌だけではありません。目の奥にある角膜に紫外線があたると目の痛みや充血などの炎症を引き起こします。継続的な紫外線は白内障などの病気の原因にも。目を紫外線から守るためにはサングラスの着用がおすすめです。

ネックカバー

腕や脚は十分に紫外線対策をしていても、意外と首元はおろそかにしがちではないでしょうか。首元を紫外線から守るためには紫外線カット機能の高いネックカバーがおすすめです。ランニング中の着用は暑苦しいイメージを持つかもしれませんが、冷感素材を使ったネックカバーであれば快適でしょう。

まとめ

この記事ではランニング中に気をつけたい日焼け対策の方法についてご紹介しました。ランニング中には日焼け止めを塗るだけではなく、時間帯やコースにも気をつけることも大切。肌に紫外線を浴びないように全身を衣服で覆ったコーディネートも必要です。適切な日焼け対策を複数選びながら、快適にランニングを楽しみましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事