Column

山登り用タイツはどう選ぶ?選び方やそのメリットについてご紹介

タイツを履いて山登りする山ガール

山登り用のタイツやレギンスには、疲労を軽減する、身体の動きをサポートするなどの機能性があることをご存じでしょうか。身体への負担を減らしたり、身体を守ったりという目的ももちろん大切ですが、最近ではスタイリッシュな登山コーデにタイツやレギンスを取り入れている方も多くなっています。

しかし、初めての山登りのためにタイツを新調しようとすると、どういったタイツを選ぶべきか、普通のタイツやレギンスとは何が違うのかなど、分からないことばかりですよね。
今回はレベルや目的に合った山登りタイツの選び方と、それぞれのタイツのメリットについてご紹介していきます。

登山用のタイツは何を基準に選ぶべきか

山登り用タイツを選ぶ基準としては、大きく分けて二つのポイントがあります。目的とタイツの機能性を考えつつ、どんなシーンで使用する想定なのかも併せて考えてみましょう。

普段使いのタイツとは機能性が違う

登山やスポーツで使用するタイツを選ぶ際に知っておきたいのが、普段使いのタイツと登山用のタイツとでは、機能が違うということ。登山用タイツには、下半身への長時間の負担を軽減させる、関節や筋肉をサポートする、けがを防止するなどの機能が備わっています。
初めて本格的な登山をするのであれば、機能性に富んだ登山用タイツがオススメです。

素材は混繊維でもコットン(綿)は避ける

登山用のタイツを選ぶ際、コットン素材のタイツは避けるようにしましょう。
コットン素材の衣服は肌触りが良く清涼感もあるため、インナーに用いられることが多くなっています。しかし注意したいのがコットンは保水しやすく、速乾性がないというところ。標高の高い山は「登り始め」と「頂上付近」では温度差があるため、そうした山に登る際は季節にかかわらず汗をかきやすくなっています。そのかいた汗をコットンのインナーが吸収してくれますが、速乾性がないため、吸収した汗が冷えて体温を奪ってしまいます。

登山の場合、体温の維持は命を守るうえでとても大切です。そのため、標高の高い山に登る場合をはじめアウトドア用のインナーにはコットン素材は向きません。登山用タイツも同様に、コットン素材のものは避けたほうが良いでしょう。素材は混繊維でもポリエステルやポリウレタン系のタイツやレギンスがいいでしょう。

選ぶのは2タイプから

疲労軽減目的ならコンプレッションタイツ

コンプレッションタイツは、疲労軽減や血流改善などのために使用される登山向きのタイツです。
もともとは医療用として用いられていたタイツで、身体に適度な圧力をかけて血行を促進し、血液循環を改善させる目的で使われています。血液の循環を良くすることで、全身に栄養が行き渡り老廃物の除去が進むため、疲労の軽減や回復に効果的です。
登山は足への負担が大きいので、
翌日に疲労を残したくない方や長時間の登山による疲労を軽減したい方などには、コンプレッションタイツがオススメです。

けがを防止するなら、サポートタイツ

サポートタイツには、その名の通り、筋肉や関節へのサポート機能があります。腰回りの骨盤周辺や膝関節、太ももなどを、テーピングの原理によってサポートしてくれます。無駄な動きを制御しながら、一定方向への動きをスムーズにするように設計されています。コンプレッションタイツと比べるとやや厚手で、膝や腰をけがから守るという目的で選ぶ方も多くなっています。とくに下山の場合は、膝にかなりの負担がかかるので、サポートタイツだと安心して下山できるかもしれませんね。

シーンに合わせて、自分に合った登山用タイツを選ぼう!

トレッキングのためのタイツは機能性があり、登山の強い味方です。トレッキングソックスなどと組み合わせることで、より快適な登山にできるでしょう。
  • 普段使いのタイツと登山用タイツは機能性に違いがある!
  • コンプレッションタイツは疲労軽減に最適!
  • サポートタイツは身体の動きをスムーズにし、けがも防ぐ!
タイツには、部位ごとに圧の強さが違うタイプや、脚を伸ばしても突っ張らないストレッチ性に優れているタイプ、登山やジョギングといったスポーツ全般に対応しているなどのタイプがあります。
どのタイプが自分に向いているか、予算や山の状態、自分の登山経験・レベルに合わせて、安全に登山ができるように適切なタイツを選びましょう。

関連記事

新着記事