Column

ワイシャツとブラウスの違いとは?起源から取り扱いの方法までご紹介

ワイシャツとブラウスの違いをご存知ですか?何となく、ワイシャツは男性が、ブラウスは女性が着用しているというイメージはあるかもしれません。

実はクリーニング店でも項目の分かれる両者なのですが、具体的にどのような違いがあるのかを取り扱いを含め徹底解説します!

ワイシャツとは

多くの事務系会社員の制服ともいえるワイシャツですが、なぜワイシャツと呼ばれているのか、その起源をご存知でしょうか。その特徴も合わせて解説します。

起源

元来ワイシャツはジャケットの下に着用する「男性」の下着の役割を果たしていました。現在も基本的にはジャケットの下に着用するものですが、夏場はクールビズの一環で上着の着用なしでも仕事着として通用するようになってきています。

なぜワイシャツと呼ばれているかというと、White Shirt(ホワイトシャツ)がなまった和製英語によるものです。ちなみに英語ではドレスシャツと呼ばれます。

特徴

ワイシャツの特徴はボタンが前身頃の真ん中につき、立ち上がった襟と袖カフスがついている点です。これらの襟やカフスは元来取り外しができるものでした。

種類については正式なレギュラーカラーのブロードクロス素材だけでなく、さまざまな襟の形状や素材のワイシャツがみられます。詳しくはこちらの記事を参考にしてください→

ワイシャツは選び方をマスターして着こなそう!ポイントをご紹介
かっこよくワイシャツを着こなしたいけれど、「サイズや形状が豊富で選び方がわからない…」「なんとなく選んでいた」ということはありませんか?ワイシャツはサイズだけでなく、正しい着こなしやTPO(Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合))に合わせた形状や生地があります。そして毎日着用するものだからこそ、着心地や実用性も気にして選びたいですよね。そこで今回は、ワイシャツを選ぶときのポイントを「サイズ、形状、生地」の3点から徹底解説します!


ブラウスとは

一方のブラウスはどうでしょう。ふんわりとして、たおやか、女性的といった印象などがあるでしょうか。その起源と特徴をご紹介します。

起源

ブラウスは主に「女性」や子供向けのゆったりとしたシャツ風の上着を呼びます。諸説ありますが、デザインによって男性のシャツが起源のものと、女性の胴着(チュニック)が変化したものとがあるといわれます。ファッション用語のブラウジング(ウエストの上でゆるみを持たせる着こなし)もBlouse(ブラウス)からの派生語です。

特徴

形状はさまざまですが、ボタンは背中や後身頃の真ん中にあることが多いです。袖の有無や広がりと長さ、ウエストの絞り、フリルやビジューといった装飾など、女性の装いの変化や流行と共にさまざまなデザインが生み出されてきました。

取り扱いの違い

ワイシャツとブラウスのそれぞれの起源と特徴をご紹介してきましたが、気になるのはお手入れの方法かもしれません。家庭やクリーニング店での取り扱いについてみていきましょう。

家庭での取り扱い

ワイシャツとブラウスの取り扱いですが、素材や形状に応じた扱いをすることが基本のため、取扱い表示に従ってお手入れをしましょう。共通して薄手でしわになりやすい傾向があるので、きれいに着こなすためにはアイロンを必要とすることが多い衣類です。

家庭での詳しい取り扱い方法はこちらを参考にしてください

ワイシャツやブラウスの洗濯のポイントをおさらい!手間なしの方法もご紹介
ワイシャツやブラウスは薄手であることが多く、襟もとや袖口が身体のラインに合わせてつくられています。だからこそ、型崩れが気になり、洗濯にも気を使いますよね。そこで今回は、ワイシャツやブラウスの洗濯の方法とキレイに仕上げるコツをご紹介します。


クリーニング店での取り扱い

クリーニング店ではワイシャツとブラウスは区別されることが多いようです。ご紹介したようにボタンの位置がワイシャツは右、ブラウスは左につくことが多いので、これで見極めることもあります。

一般的に費用はワイシャツよりもブラウスが大きくなる傾向にありますが、これはブラウスに曲線が多く手作業のアイロン仕上げが必要なことが原因です。両者の価格差がかなり開いている場合には、ワイシャツは機械プレスで仕上げている可能性が高いでしょう。


扱いやすいワイシャツやブラウス

ワイシャツもブラウスも、アイロンや業者クリーニングが必要な手間のかかる衣類のように思われます。しかし、近年では素材の開発が進んでおり、しわになりにくい形状安定タイプの製品が販売されています。

例えば、帝人フロンティアの「ソロテックス」は、バネのようならせん状の分子構造により、動きを加えても「戻ろう」とする形態回復性を発揮します。また、天然繊維のようなソフトな風合いも備わっています。

まとめ:違いは起源や性別によるもの、取扱いは同じ

  • ワイシャツは主に男性用
  • ブラウスは主に女性用
  • 取り扱いは名称よりも素材による

ワイシャツとブラウスの違いと取り扱いの方法をご紹介しました。名称の違いは性別や起源によるもの。主に男性がジャケットの下に着用する立ち上がった襟とカフスのついた衣類をワイシャツ、主に女性が着用するゆったりとしたシャツ風の衣類をブラウスと呼んでいるのです。

呼称は違いますが、取り扱いの方法は「表示に従う」が正解です。ご紹介した通り、近年では取り扱いが易しいワイシャツやブラウスもありますので、手間をかけずにきれいに着こなせる一着を探してみてはいかがでしょうか?

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事