Column

洗濯は夜間でもOK?メリットデメリットや騒音対策を解説!

人によっては夜中でないと洗濯物を回す時間がないという人もいるでしょう。しかし、夜間の洗濯でよく聞くケースに「近所に騒音クレームを受けてしまった」というものがあります。

今回は近所迷惑にならない夜間の洗濯の時間帯や騒音対策、夜洗濯することのメリットやデメリットを解説します。

洗濯が近所迷惑にならない時間は?


昼間はあまり気にならない洗濯機の稼働音ですが、夜中に動かすと「意外にうるさいな」と感じるものです。振動やガタガタという音は自室だけではなく、隣や上下の部屋にも伝わりやすくマンションやアパートでは騒音問題になることも。では、洗濯機は何時までなら周囲を気にせず回せるのでしょうか。

23時がタイムリミット


基本的に洗濯機は23時までに使い終わりましょう。
時間帯に幅があるのは単身向けアパートとファミリーマンションで周囲の人々の生活リズムが違うからです。周りの部屋の生活リズムを予測しながら時間を決めることが大事です。

マンション、アパートの場合は0時過ぎたら「非常識な行為」と感じる人が多いため、使用を控えたほうが良いでしょう。一軒家の場合はそこまで意識する必要はありませんが、ベランダや外、隣家に近いところに洗濯機がある場合には騒音を意識しながら使用してください。

夜間しか洗濯できない場合の騒音対策


夜間の洗濯は非常識とはいっても、生活リズムや仕事の都合で夜にしか洗濯物を洗えない、という人もいるでしょう。洗濯機が置かれている環境を改善すると、騒音を少なくできる場合があります。洗濯時の騒音対策を4つ紹介しますので、騒音のクレームが来ないように自宅の環境を整えましょう。

洗濯機の傾きをチェック


洗濯機が傾いていると、洗濯槽の回転で本体が揺れガタガタという音がしやすくなります。
一部の足が浮いていたり、触ったときにゆらゆらと動いたりする場合は、置いている場所を見直して、すべての足が均等に地面に接するように高さを調節してください。

また、洗濯機自体は傾いていなくても洗濯パンの歪みが傾きを起こしていることもあるので一緒にチェックしておきましょう。

洗濯物は詰め込みすぎない


無理やり大量の洗濯物を詰め込むと、脱水時に衣類が偏って大きな音を出す場合があります。そのため、夜中に洗濯をするときには、いつもよりやや少なめの量で回すことがポイントです。
また、洗濯物を投入するときにも洗濯槽の中で洗濯物が偏らないように一枚ずつ丁寧に投入しましょう。

洗濯物の詰め込み過ぎは洗濯機の故障にも繋がるので、普段から注意してくださいね。

洗濯機の寿命をチェックする


洗濯機自体が古いと内部が劣化していて大きな振動を立てやすくなります。一般的に生活家電の寿命は8〜10年といわれているので、購入してから時間が経っているなら買い換えるきっかけにしてはいかがでしょうか。

今は「静音機能」がついた洗濯機も多く販売されているので、夜中の洗濯にも役立つでしょう。

洗濯を夜間に行うメリットとは?


夜間の洗濯には「あえて夜にした方がいい」メリットもあります。
住居環境への配慮は必要ですが、下記のメリットが活用できる場合は洗濯の時間を夜に変えるのもおすすめです。

紫外線や排気ガスが少ない


夜中は日中に比べて自動車通行量が減るので、排気ガスが少なめです。紫外線も日中に比べると少ないので、汚れの付着や繊維の痛みが起こりにくくなります。洗濯物を外干ししたいタイプの人には大きなメリットでしょう。

電気代が安くなるかも…?


電気代のプランには日中よりも夜間の基礎料金が安くなるものもあります。そういったプランを利用している場合には、洗濯にかかる電気代を節約できるでしょう。プランの変更はいつでもできるので、生活リズムと照らし合わせて節電できるタイプに見直してみるのもいいですね。

時間を有効活用できる


夜中の洗濯は食事や入浴の間に行えるので、家事の時短に繋がります。30〜40分かかる洗濯の時間をわざわざ作らず、他のことをしながら待っていられるのは効率的ですよね。

乾燥機能も利用すれば、朝には清潔で乾いた洗濯物ができあがっています。騒音対策は必要ですが、時間を決めて上手に使えば家事効率をグッとアップできるでしょう。

夜間の洗濯で注意したいデメリット


夜間の洗濯には騒音以外のデメリットもあります。後で後悔しないように、どんな問題があるのか把握して事前に対策を考えましょう。

乾きづらい


夜間に洗濯物を干すと、日中と比べて乾きづらいです。紫外線が当たらないため、雑菌の繁殖が進みやすく、紫外線による殺菌効果も期待できません。

そのため、夜間に洗濯物を干す場合は、抗菌効果が含まれた洗剤を使うのがおすすめです。


虫が卵を産みつけることがある


外干しする場合、虫の産卵に注意しましょう。虫は夜に卵を産む習性を持つ種類が多いので、干しておいた洗濯物に卵を産みつけられてしまう恐れがあります。そのまま収納すると中で虫が孵化して虫食いの原因となるので取り込むときには十分な注意が必要です。

外に干すと盗難・防犯のリスクが上がる


夜間の外干しは防犯の意味でも注意しなければなりません。夜中に洗濯物が干しっぱなしになっていると「家に帰っていない」と思われ、空き巣や強盗に狙われるリスクが高まります。

また、下着泥棒も人の目が少ない夜の方が活動しやすいでしょう。一階に住んでいる人は特に夜間の防犯に気を付ける必要があります。

洗濯を夜中にするときは近所に配慮しよう


  • 夜間の洗濯は23時までに行うべきである。
  • 夜間に洗濯をするときは普段以上の騒音対策をしよう。
  • 衣服の傷みを抑える、家事の時短などのメリットもある。

夜間の洗濯には洋服の痛みを抑えたり、家事の時短効果できたりと色々なメリットがあります。
しかし、周囲の家や部屋に対しての騒音を意識していないと近隣トラブルに発生する恐れもあります。夜間の洗濯は最低でも23時までに終わらせ、使用の際には十分な防音対策を行いましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事