Column

洗濯を楽にする!洗う・干す・しまうの手間を省いていこう

洗濯を楽にする!洗う・干す・しまうの手間を省いていこう
日々の生活で避けては通れない洗濯。楽に済ませたいところですが、洗う・干す・しまう工程のそれぞれに手がかかります。小さい子どもの洗濯物が多く、一日に数回洗濯機を回した日は、半日洗濯に費やしていたかも……なんてこともあるかもしれません。

そこで今回は、洗濯の工程や動線、衣類の見直しで、洗濯を楽にする方法をご提案します!

洗う編

洗い始めてしまえば脱水まで済ませてくれる全自動洗濯機ですが、洗う前後に時間がかかっていることはありませんか?「洗う」を楽にする工夫をご紹介します。

あらかじめ仕分ける

スタートボタンで洗濯機を回すだけと思いきや、洗濯前になってあれこれ仕分けをして時間を費やしていないでしょうか。汚れものや色柄物などは、あらかじめカゴで仕分けておきましょう。また洗濯機の中でネットを使用して分ける場合にも、洗濯機に投入するだけの状態にしておくことがオススメです。

干すときにサイズが分るように家族の個人ごとで分ける、デリケート素材やひも、フック付きのものはネットに入れるといった仕分けは、家族にも協力してもらってあらかじめ仕分けると一層楽になりますよ。


前準備する

洗ったはずの衣類の汚れが落ちていなくて、洗い直しをするのでは手間も二倍です。他の衣類まで汚してしまう可能性もあります。ワイシャツの襟廻りなど、汚れが付きやすいと分かっているものは、事前につけ置きをする、洗剤を塗布しておくなどルーティン化しておくと洗濯の二度手間を防げます。

干す編

水を吸って重たくなった洗濯物を干す作業は重労働、特に寒い冬の日や暑い夏の日には苦労もひとしおです。干す手順や動線を見直すことで少しでも楽をしましょう。

干す準備は洗濯機のそば

洗濯物を干す準備は洗濯機のそばがオススメです。ハンガーにかける作業などは室内で行った方が、日焼けや寒い思いをする時間を短縮することができます。さらに洗濯機から出してすぐに畳んで重ねておくと、しわも伸びやすくなると一石二鳥です。

しまう編

取り込む、たたむ、しまう、という工程には一番時間がかかっているかもしれません。トレンドの「たたまない収納」などできるだけ楽ができる方法を取り入れていきましょう。

たたまない収納

近年人気の「たたまない収納」はハンガーにかけたまま収納するので、手間なくしわにもなりにくいです。ウォークインクローゼットが無くても、ツッパリ棒などを利用して自作できるので挑戦してみましょう。また、下着やタオルなどしわになっても気にならない布類はたたまずに、収納スペースへしまってもよいでしょう。

衣類の一括管理

衣類の収納はできるだけ一か所に集中させましょう。家族の衣類をそれぞれの部屋にしまっていると移動に時間がかかります。そこで日常的に着用する衣類は共同クローゼットを利用すると管理が簡単です。また、下着類なども、思春期のお子さんなど気にする家族がいなければ、脱衣所にまとめるという方法もあります。

まとめてたたむ

収納スペースの関係や家族の要望でどうしても畳まなければならない場合は、同じ種類のものを集めて畳みましょう。同じ動作を繰り返すと効率が上がって時短になります。

番外編:衣類の見直し

洗濯の工程だけではなく、衣類自体を見直すことでも洗濯の家事は楽になる可能性があります。オススメの見直しポイントをご紹介します。

種類を揃える

靴下はすべて同じ形、色に統一をするとペアを探す手間が省けます。男性のスーツに合わせる靴下などから始めてみると効果を実感できるでしょう。また、下着も種類を統一するとたたむときやしまう効率が上がります。

手入れしやすい衣類を選ぶ

日常的に着用する衣類は洗濯機で洗えるものに統一するとクリーニングの手間を省けます。その際はしわになりにくい素材を選ぶことがポイントです。

おすすめは、帝人フロンティアの「ソロテックス」。天然素材のような風合いを保ちながら、しわになりにくく速乾性にも優れた繊維です。ワイシャツなどに取り入れるとアイロンの手間も少なく済むので洗濯が楽になりますよ。

まとめ:洗濯は楽に済ませて自分時間を増やそう

  • 事前に仕分けをする
  • 動線を整える
  • たたみを減らす

洗濯を楽にする方法について解説しました。家事の中でも時間がかかっていると感じられる洗濯ですが、実は手間や労力を減らす工夫はまだまだできます。この記事でご紹介した、事前の仕分け、同線の見直し、収納方法の工夫や衣類の再検討など、できるものからはじめて、家事の負担を減らしてみてくださいね。きっと自由な時間が増えた!と感じられるはずですよ。こちら記事も参考にしてください。

【ズボラさん必見!】洗濯の時短術と便利アイテムをご紹介!家事の中でも時短が難しい洗濯。洗う、干す、しまうの工程が一度では終わらず、洗濯機から物干し場の間など移動距離も大きいので、どうしても時間を取られがちですよね。そこで今回は、洗濯の各工程の時短ワザと便利アイテムについて解説します!

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事