Column

【洗濯のコツ】おしゃれ着はどうやって洗う?モード選びがポイント!

型崩れしやすい、色落ちしそう、そんな理由で自宅での洗濯をためらいがちなおしゃれ着。しかし、すべてをクリーニングに出すのはコスパが悪いですよね。そんな時に活用したいものが、洗濯機の「おしゃれ着洗いモード」です。おしゃれ着モードなら、大切な衣類を自宅で簡単に洗濯できます。

そこで、今回はおしゃれ着を傷つけずに洗うためのモード選択と、使用する際のコツや注意点を解説します。

おしゃれ着洗いってそもそも何?

お使いの洗濯機の操作パネルをよく見ると、「おしゃれ着洗い」や「デリケート洗い」といった名前のボタンがありませんか?このボタンは通常あまり使う機会がなく、存在を意識したことがないという人も多いでしょう。おしゃれ着洗いモードとはどんな時に使う機能なのでしょうか。

洗濯に向かないデリケートな洋服を洗うモード

「おしゃれ着洗いモード」とは、本来クリーニングでの洗濯が推奨されるデリケートな衣服を自宅の洗濯機で洗える機能を指します。おしゃれ着洗いモードは通常モードよりも優しい水流で洗い・すすぎが行われます。

また、脱水も普段より弱くなるので洗濯物への刺激を減らせます。そのため、型崩れしやすい衣服や縮みやすい衣服などに刺激を与えず、衣服を傷つけないで洗うことができるのです。

おしゃれ着洗いOKの判断は洗濯マークで

おしゃれ着洗いができる衣服は限られています。どの衣服が自宅で洗えるかチェックするには、タグの洗濯マークを見てみましょう。洗濯マークの中に「手洗いマーク(桶の中に手を差し込んでいるマーク)」があれば、おしゃれ着洗いモードで選択してOKです。

また、桶の中に数字が書いてあるマークも水洗いできるという意味です。この数字は水温の指定なので、洗う時の水温はそれ以下に設定しましょう。反対に、桶にバツ印がついているものは自宅での洗濯は推奨されていないので、洗う前によく確認してください。

おしゃれ着洗いを最大限活用するコツ

デリケートな衣服を自宅で選択できる「おしゃれ着洗いモード」ですが、せっかく使用するなら機能のメリットを最大限に利用したいですよね。以下の2つのポイントを押さえておけば、大切な衣服をより丁寧に清潔に洗いあげられます。おしゃれ着洗いモードを試すときに取り入れてみてください。

おしゃれ着洗い専用の洗剤を使う

デリケートな衣服を洗う時には、「おしゃれ着洗い専用洗剤」を使用しましょう。おしゃれ着洗い専用の洗剤は衣類への刺激が少ない中性洗剤なので、繊維の損傷や色落ちを防いで、衣類が本来持っている風合いを維持できます。

洗濯ネットに入れる

より丁寧に衣類を洗いたい場合には、洗濯ネットを利用しましょう。洗濯ネットにいれることで衣類同士の摩擦や水流の刺激を軽減し、洋服が傷みにくくなります。

洗濯ネットに衣類を入れる場合には、なるべくネットのサイズピッタリに衣類を畳み、1枚のネットに1枚の衣類をいれるようにしましょう。複数枚入れてしまうと、衣類が擦れて反対に傷みやすくなります。

おしゃれ着洗いの注意点

おしゃれ着洗いモードで大事な衣類を傷つけないようにするには、いくつかの注意点があります。長く使いたい衣類を守るために、以下の注意点を意識しておきましょう。

100%洋服が痛まないわけではない

おしゃれ着洗いモードは洗い方や脱水が優しく衣類を傷つけにくいのですが、100%痛みを防げる機能ではありません。衣類によってはおしゃれ着洗いモードを使っても縮んだり型崩れしたりする恐れもあります。本当に大切な衣類や高価な衣類はなるべくクリーニング店でのケアを心がけましょう。

通常モードより洗浄力は弱め

おしゃれ着洗いモードは水流が優しい分、洗浄力はやや弱め。普通の洗濯モードより汚れが落ちにくく、頑固な汚れには適していません。肌に直接あたる部分や食べこぼしのシミなどは、事前に汚れを取ってから洗濯しましょう。

色落ちの可能性がある

素材によっては、洗い方に関係なく色落ちしやすいものもあります。特に初めて洗う衣服は事前に色落ちテストをしておきましょう。白い布に洗剤の原液を付けて、洗う衣服の目立たない部分をとんとんと叩いてみましょう。何度か叩いて白い布に色が移ってしまった場合、残念ながら色落ちの可能性が高くなります。その場合は、クリーニング店でのケアを検討しましょう。

まとめ:おしゃれ着の寿命は洗濯モードにあり!


  • おしゃれ着洗いモードは水流が優しく脱水が弱い
  • 手洗いマークがついている衣服に使用できる
  • おしゃれ着洗いには専用の中性洗剤を使おう

今回は洗濯機の「おしゃれ着洗いモード」について、その機能や使用上のコツ、注意点について解説しました。おしゃれ着洗いモードは使い方さえ間違えなければ大切な衣類を自分で洗える便利な機能です。コツや注意点をよく読んで、衣類に合った洗い方を選び長持ちさせましょう。

関連記事

新着記事