Column

旅行に部屋着はもっていくべき?オススメ素材もご紹介

伸びをする女性

旅行に部屋着は必要なのでしょうか?実はリラックスウェアの用途以外にも、旅先に部屋着を持っていくメリットはあります。
そこで今回は旅行に部屋着をもっていくべき理由とその活用法や、旅行用部屋着にオススメの素材まで徹底解説します!

旅行の部屋着

自宅でくつろぐときは必ず部屋着に着替えるという人も、旅に部屋着を持っていくかは迷うところかもしれません。旅先でも部屋着が必要な理由を、そのメリットと共に解説します。

部屋着とは

部屋着は家の中などプライベートな空間でくつろぐための衣類であり、ルームウェアとも呼ばれています。着用により緊張から解放されて、リラックスできる効果があります。デザインとしては首回りやお腹周りにゆとりのある、締め付けを感じさせないものが好まれる傾向です。

旅先で部屋着が必要な主な理由

本来は家の中でくつろぐための部屋着ですが、旅行にも持参すべき理由がいくつかあります。
まずリラックス着としての本来の用途があります。旅行は一般的に余暇を楽しむものですが、観光地は刺激が多く緊張を伴うものです。

そのため宿の滞在中はゆっくりと過ごしたいものですが、自宅と異なる客室はリラックスモードに切り替えることが難しいこともあります。そんな時に外出着から部屋着に着替えると、自室にいるような気分で開放感を感じやすくなるでしょう。

また寝間着と兼用にできるという点でも、部屋着は持っていると安心です。宿が用意をしてくれた(ガウン、パジャマ、浴衣など)などの着心地がしっくりこないかもしれませんし、海外の宿泊施設の場合は寝間着の用意がないこともあります。心地よく眠るためにも部屋着を用意しておくと安心なのです。

旅行の部屋着の活用法

旅先をくつろぎの空間に変えてくれる部屋着ですが、それ以外にも活用方法があります。すでに解説した方法を含め、3つの活用法について詳しく解説します。

寝間着の代わり

宿泊施設の寝間着が苦手という方は意外と多いのではないでしょうか。はだけがちな浴衣やローブ、丈の短いシャツパジャマなど、着心地が気になって眠れないのでは翌日の体調にも影響します。そんな場合に旅行の部屋着を寝間着にできると安心です。特に普段から長袖と長ズボンの寝間着に慣れている人は、手足を覆うことのできる部屋着兼寝間着を持っていきましょう。

館内着

宿泊客の多くが浴衣などで往来する施設もあれば、客室の外は寝間着に相当する格好では出歩けない施設もあります。しかしフロントに用事がある際や朝食会場を利用する際に、外出着は窮屈に感じるかもしれません。

そんな時も部屋着であれば気後れすることなく館内の共有スペースに出られます。館内着や近くのコンビニへ買い出しに行く想定をするのであれば、ワンマイルウェア(部屋着と外着の中間衣装)を想定して準備するとよいでしょう。

重ね着要因

旅先で想定外に天候が変わることはあります。また、暮らしている地域と異なる気候の地域に出かける場合は、朝と夜の気温差が大きいこともあるでしょう。

旅行の衣装には重ね着がオススメなのですが、部屋着もいざというときには外出着の1枚としても使えます。部屋着を重ね着にする可能性がありそうな場合は、ベーシックな色合いのものを選ぶとよいでしょう。

旅行用の部屋着の選び方

このように幅広い用途で活用できる旅行の部屋着ですが、選ぶ際にはどのような点に着目するとよいのでしょうか。必要な機能性とオススメの素材をご紹介します。

求めたい機能性

旅行はできるだけ荷物を減らしたいものです。特に部屋着はオプションの衣装なので、まずは携行性がよいものを選びましょう。女性に人気のふわふわとしたボア生地の部屋着は、かわいいのですが持っていくのにはかさばります。

旅行の部屋着は耐久性がありつつも薄く、しわになりにくい機能性を備えているとよいでしょう。

また部屋着ということで、くつろいで使用すると汚すこともあります。長期の海外旅行など、寝間着として連続して使っていると衛生面が気になる場合もあるでしょう。その場合は、洗ってもすぐに乾かすことのできる速乾性もあると安心です。

オススメ素材

上記でご紹介した通り、旅行の部屋着には携行性と速乾性の良いものがオススメです。この二つの機能を満たす素材がポリエステル。優れた速乾性に加えて、薄くても耐久性があり、シワにもなりにくい形態回復性に優れているので携行性の良いた素材です。

さらに機能性ポリエステルの「ソロテックス」であれば天然繊維のようなソフトな肌触りも実現します。カシミヤのような柔らかさがあるので、着心地を重視したい部屋着に適した素材です。

まとめ:旅行の部屋着はあると安心


  • 旅行の疲れを癒せる
  • 寝間着や外出着の代用になる
  • 機能性で選ぶ

今回は旅行の部屋着についてご紹介しました。客室というプライベート空間でしっかりとくつろぐことはもちろん、寝間着や館内着の代用、重ね着にも使える旅行の部屋着は持っていくと安心です。携行性がよく、扱いも容易で薄手なポリエステル素材の部屋着を選べば、荷物の中でかさばる心配もありません。旅先でも快適に過ごすために旅行の部屋着をぜひ検討してみてくださいね!

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事