Column

旅行中の下着は何枚がいいの?必要な枚数やオススメの種類をご紹介

旅行のために荷造りしているが、挫折しかけているカップル

旅行のために荷造りをしているとき、「何枚、下着を持っていこうか?」「どんなタイプのパンツがいいのか?」と、悩んだご経験はありませんか?宿泊日数に合わせて持っていくべきか、それとも旅行先に洗濯できる環境があればそこで洗濯すべきかなど、判断に迷ってしまいますよね。

そんな方のために、旅行に必要な下着の枚数や型崩れを防ぐ収納方法、旅行にふさわしい下着の種類を紹介します。

旅行に必要な下着の枚数

旅行先に向かう前日は、荷造りが欠かせません。用意した着替えは、何を持っていくか整理しながら前日に旅行バッグやスーツケースに詰め込みますよね。そこで少し判断に迷うのが、下着の枚数。洋服は滞在する日数に合わせて決められますが、問題は下着の数です。

洗濯しないのであれば日数分持っていくのが無難

下着を洗わずに、毎日別のものを履くのであれば、宿泊する日数に合わせるのがベストです。

2泊3日の場合、旅行する人の約5割がショーツを2枚用意し、約6割の方がブラジャーを2枚持参するといわれています。汗をかく夏場やキャンプなど、汚れる可能性が高い旅行の場合、予備のために1枚多く持ってくのがオススメですね。

旅行先での下着の洗濯方法

少ない枚数の下着しか持たない場合は、宿泊先で下着を洗わなければいけません。
では、どのような方法で洗濯して乾燥させるのでしょうか。

洗面台を使った下着の洗濯方法

洗濯する手順は以下の通りです。

  1. 洗面台/浴槽に洗剤(なければボディーソープでもOK)を入れます。
  2. 洗面台/浴槽にぬるま湯を張ります。
  3. 洗濯したい下着を入れ、生地が傷まない程度に洗います。

実際に洗う際は洗剤の入ったお湯に浸し、振ったり、生地部分を押したりして洗います。洗濯時間は、軽い汚れを落としたい場合は30秒前後、しっかりと洗濯したい場合は3分ほどかけて洗いましょう。
強く押したり揉んだりすると生地が痛むので要注意です。また、女性の場合はブラのパッドが取り外し可能な場合は外し、別々に洗うことを忘れないようにしましょう。

洗濯した下着を乾かす方法

旅行先で洗濯をする方の多くが悩まれる乾燥方法。一概にしぼって干すだけでも問題はありませんが、より早く生地を傷めずに、かつ乾燥させるにはコツがあります。

  1. 下着をしぼって水分を抜く。
    ※下着が傷まないように優しく適度に絞る。
  2. ハンドタオルやバスタオルで下着を挟む
  3. 上から優しく押し付けて、位置を替えながら水分を吸い取る
  4. 直射日光を避け、陰干しで乾かす

上記手順のように、下着をしぼってからタオルで水分を吸い取ると早く乾きます。
ブラジャーを絞る場合、型崩れしないように力強く絞るのは避けましょう。取り外しできるパットがあれば、本体から外して、別々に干すと早く乾きます。

またショーツの水分をタオルで吸収する際は、タオルでクルクルと巻いて、棒状になったタオルを上から押しつけて乾かしましょう。部屋の中に干す際は、ゴム製のロープとS字フック、ハンガー、洗濯バサミがあると干す場所を簡単に作れるようになりますよ!

下着の収納方法

洗濯する際には型崩れやしわに注意すべきですが、はじめめからしわくちゃになっていたら防げませんよね。
ブラジャーやショーツは、荷造りの仕方によって形が崩れる恐れがあります。型崩れを避けたい方のために、型崩れを防ぐ2つの方法をご紹介します。

旅行で使う鞄の容量や、スーツケースの形などから、ご自分にあった下着の収納方法を選んでください。

下着を入れるためのケースを使う

ブラジャーは、ショーツと比べて、かさばる下着ですよね。その他の下着と一緒に収納してしまうと、形が崩れてしまう場合もあります。

そこでオススメしたいのが旅行用のランジェリーケースやトラベルポーチ。ポーチの中にブラジャーを重ねて入れられるので、ブラジャーの形を損なわずに収納できます。またランジェリーケースは、ふたの内側にショーツを入れられるポケットがついているタイプがオススメ。下着を分けることなく、ひとつにまとめられます。

カップ部分にショーツを入れてたたむ

ワイヤーなしのブラジャーでは、カップの中にショーツを入れて収納します。ブラジャーを畳み、カップを片方の膨らみに合わせてみましょう。2つのカップがつくる空間にストラップやアンダーベルト、たたんだショーツを詰めて完了です。これなら専用のケースを購入する必要もありませんし、カップの形が崩ずらくなります。

これらの方法であれば小型の旅行鞄でも必要な数だけ、ブラジャーを持ち運ぶことが可能です。
また、ショーツはブラジャーとセットの物を選びましょう。探す手間が省けますし、バッグの中をかきまわす必要もありませんよ。

旅行へ持っていくべき下着の種類

旅行に持っていく下着は、どのような種類が適しているのでしょう。旅行で持っていくブラジャーは、次のような種類があります。

  • 携帯性と着け心地を重視するノンワイヤーブラジャーとカップつきのキャミソール
  • 動きやすさ・速乾性・消臭機能がついた「スポーツブラ」
  • 快適性を重視した「ズレにくいブラジャー」

ノンワイヤーブラジャー

胸の形を保つワイヤーを取り除いたタイプです。
ワイヤーが入っていないため、折り畳むことができ、コンパクトにまとめられます。またノンワイヤーブラジャーは、ワイヤータイプよりも締めつけが抑えられたタイプです。飛行機で長い時間を過ごす場合や、眠るときなどに適しています。

カップ付きキャミソール

キャミソールに胸を包むカップをつけた下着です。縫い目がなく薄い生地で作られているため、他の衣類と一緒に折り畳めます。また胸の形を保ってくれたり、体への締めつけを減らしたりと、宿泊先の部屋で過ごすときに重宝する下着です。

スポーツブラ

動きやすい素材を使った、着け心地のよいブラジャーです。スポーツ用で使われる下着のため、肩のストラップがずれにくく汗をよく吸収し、消臭効果のあるタイプが多くなっています。そのため、長時間のフライトにも適しているブラジャーです。ワイヤーが入っていないため、収納する場所を確保する必要がありません。

ズレにくいブラジャー

生地や縫製にこだわったブラジャー。肌への負担を減らし、胸の形を考えた包み方によって長い時間のフライトや新幹線の移動もラクに過ごせます。このようなブラジャーはワイヤーが入っているため、収納するスペースを確保する必要があるものの、体にかかる負担を抑えられます。「旅先から戻る日は体を休めたい」という方には、ズレにくいブラジャーを1枚だけ忍ばせておくと、移動の間も快適に過ごせます。

下着の数は宿泊する日数を目安にする


  • 下着の枚数は宿泊する日数と鞄のサイズから決める。
  • 旅先で手洗いをするときは、型崩れに注意をする。
  • 選ぶ下着は携帯性と着心地を重視する。

旅行先に持参する下着は、宿泊する日数に注意して枚数を決めることが大切。しかし、長期間の旅行の場合は洗濯する必要がありますし、しわだらけの下着では着心地も悪くなる場合もありますよね。
そうならないためにも、事前準備や旅行先での洗濯方法を身につけておくといいかもしれませんね。予行演習として、まずは自宅の洗面台で試してみてはいかがでしょうか。


ここちよさ、そろってる。 特設サイトはこちら

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事