Column

夏のランニングを快適にするための便利グッズ5選 !

日差しも強まり、気温も上がって夏シーズン到来です。夏のランニングは、暑さ対策が欠かせません。今回は、ランニングライフを楽しむための夏のランニング便利グッズ5つをご紹介します。

夏のランニング対策に必要なこと

気温が上がり、日差しも強くなる夏のランニングで必要なことは、熱中症や日射病、紫外線対策です。

肌トラブルに関係する紫外線はUV-AとUV-Bの二種類が挙げられます。地上の紫外線の9割を占めるUV-Aは、肌の真皮にまで到達し肌の弾力を保つ成分を破壊してしまいます。シワやたるみを引き起こすだけでなくメラニンを生成、酸化させてシミを作るもっとも厄介な紫外線です。

UV-Bは表皮を中心にダメージを与えて肌に炎症を起こし、日焼けと角化を早めて肌荒れを起こしやすくなります。
紫外線の量は春から徐々に上がり7~8月の10時~14時ごろがピークになりますが、紫外線は一年中、天気に関係なく降り注いでいるため、早朝や夕方でも油断は禁物です。

また発汗量が増えるため、こまめな水分補給で体内の水分をコントロールすることが夏のランニングには欠かせません。

おすすめの便利グッズ

続いては、おすすめの便利グッズをご紹介します。

帽子

 
帽子は、頭皮や髪を直射日光から守るための必須アイテムです。帽子の選び方は通気性や撥水性など、走ることに特化した「ランニングキャップ」を選びましょう。コンパクトに顔周りに日陰を作り、視界を確保してランニングに集中できます。

サングラス

紫外線は、目にも影響を与えます。角膜に紫外線があたると、炎症を起こして痛みや充血が起こるだけでなく、ダメージが続くと深刻な状態になりえます。サングラスには、まぶしさを軽減して視界確保し集中力を高め、飛んできたものから目を守る役割もあります。

広めで自分の顔にフィットした形状を選びましょう。レンズは、紫外線の量で色が変わる調光グラスと光の反射を調整する偏光グラスがあります。自分の走る条件に合わせて選びましょう。

クールタオル

 
クールタオルとは、水に濡らすと発生する気化熱を利用して涼しくなる仕組みのタオルです。大きな血管の通っている首まわりを冷やすことで、効率的にクールダウンできます。小振りなネッククーラーもおすすめです。

ランニングポーチやリュック

熱中症対策には、水分やミネラルをこまめに補給することが大切です。これらの物を入れるのはもちろんのこと、スマホや家の鍵など、最低限必要なものが入れられれば安心して長く走ることが出来ます。今後、距離を伸ばしていきたい方は、ランニングポーチやリュックも検討してみてください。

バッグの選び方は、携帯したいものの内容や量で変わってきます。鍵やスマホ程度であれば、アームバンドがおすすめです。容量は少ないですが、ポケットのように揺れたり物を落としたりする心配がありません。

ペットボトルや塩飴など小物の携帯には、ウエストにフィットして揺れが少ないポーチタイプ、着替えなどしっかり準備したいときに最適なのはリュックタイプです。

マスクやネックゲイター

今やマスクはマナーとして大切なアイテムです。しかし、マスクをしながらのランニングは呼吸に負担がかかり危険です。無理はしないことを心がけましょう。

最近は、マスクの代わりにネックゲイターの利用者が多くなっています。口元はしっかり隠れますが、息苦しさはマスクより軽減されており、接触冷感素材であればひんやり感覚で紫外線もしっかり防ぐこともできるのでおすすめのアイテムです。

まとめ:熱中症と紫外線対策がカギ

夏のランニングは早朝や夕方など比較的涼しい時間帯を選ぶことが多いと思いますが、紫外線量(特にUVA)は日中とさほど変わりません。おしゃれで便利なランニンググッズを取り入れて、熱中症や紫外線対策をしっかり行い、快適なランニングライフを楽しみましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事