Column

落ちない衣類の油汚れの対処法は?汚れの種類を押さえよう!

食べこぼし、泥汚れ、水浸し…。子ども服は汚れるのが当たり前とはいえ、どうしても汚れは気になってしまうものです。特に油汚れは洗濯しても落ちにくいこともあり、対処の仕方を悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、衣類についた油汚れの落とし方について詳しく解説しています。

衣類の油汚れの対処法はいろいろ

油汚れと思っているその汚れ、実はいろいろな汚れがあることをご存じでしょうか。汚れの種類によって適切な落とし方が変わります。汚れを見極めて、ポイントを押さえた対処をすることが大切です。

汚れの種類

衣類の汚れを落とすためには、まず汚れの種類について知っておくことが大切です。

水溶性の汚れ

水をつけるだけで簡単に落ちる汚れは、水溶性の汚れです。例えば、ジュースやスープをこぼした時のシミ・汚れが当てはまります。これらは油汚れではないため、水や洗剤を使った通常の洗濯が有効です。

長期間放置しておくと水に溶けにくくなる場合があるため、早めの対処が大切です。

油溶性(液体)の汚れ

水に溶けない性質を持つ汚れのうち、液体形状の汚れのことを指します。具体的にはミートソース、カレー、餃子や焼肉の油など、食品が多いです。

いずれも衣類からなかなか落ちなくて困った経験があるのではないでしょうか。詳しい汚れの落とし方を後ほど解説します。

油溶性(固体)の汚れ

油溶性の汚れには液体形状のものだけではなく、固体形状の汚れもあります。例えば、皮脂の汚れやファンデーションなどが当てはまります。下手に触ると汚れが落ちないばかりか、周囲に伸びて大変なことになることも。適切な対処を知っておきたい汚れの一つです。

固体性の汚れ

汚れの中には水や油に溶けない、土やススなどの汚れもあります。これらは液体とともに繊維の隙間に入り込むと、落ちにくくなることが特徴。洗濯だけでは落とすことが難しく、漂白剤も効果が無いなど、対処が難しい汚れです。

油汚れの応急処置方法

外出先で衣類が汚れてしまった場合、すぐに洗濯はできません。しかし、素早く応急処置をしておけば、後からの洗濯でも汚れが落ちやすくなります。

汚れを拭き取る

衣類に汚れがついてしまったら、ティッシュやハンカチで少しでも拭き取ることが大切です。強く擦ってしまうと逆に汚れが伸びてしまうため、取れる分だけ取るように心がけましょう。

汚れた部分を叩く

水で濡らしたハンカチやウェットティッシュを使って、汚れた箇所をポンポンと叩きましょう。汚れが広がらないように周りから中心に向かって叩くことがポイントです。

また、固体性の汚れなどは石鹸水で濡らして生地の裏側から押し出しておくと、汚れが落ちやすくなります。時間があればもみ洗いまでしておくと良いでしょう。

自宅での対処法

自宅で衣類が汚れた場合には洗剤を使った対処をしていきましょう。

食器用洗剤を使用する

液体状の油汚れには、食器用洗剤を使用することが有効です。汚れが付着した部分に食器用洗剤を直接つけてから、もみ洗いをしましょう。応急処置では落ちない汚れも、食器用洗剤で簡単に落ちることがあります。

漂白剤を使用する

食器用洗剤でも落ちない頑固な汚れには、酸素系漂白剤を併用しましょう。ぬるま湯に食器用洗剤と漂白剤を混ぜて、そこに汚れた衣類を漬けます。数時間つけ置きした後に取り出して、洗濯機で洗濯しましょう。ただし、漂白剤を使用しても良いかどうかは、洗濯絵表示を確認し、色柄物への使用は避けましょう。

クレンジングオイルを使用する

クレンジングオイルと聞くと、メイク落としをイメージするかと思います。実は油溶性の汚れにも、クレンジングオイルが有効です。界面活性剤を油に溶かしたクレンジングの方が、水に溶かした食器用洗剤よりも、汚れとの親和性が高いためです。食器用洗剤と同じように、汚れが付着した部分にクレンジングを付けてからもみ洗いをしましょう。

煮沸する

油汚れは温度を上げると落ちやすくなる性質があります。そのため沸騰したお湯に衣類をつけておくと、洗剤を使わずとも汚れを落とすことができる可能性があります。ただし、耐熱性の低い繊維素材の場合は衣類を痛める可能性があることに注意してください。

また、煮沸を家庭で行う場合、やけどなどの危険性を伴うため、十分に注意しながら行いましょう。

また、固体形状の油溶性の汚れに対しては、上記の方法を組み合わせる方法もあります
具体的には、次の手順です
 ①事前にクレンジングクリームで汚れを溶かす
 ②食器用洗剤を入れたぬるま湯で洗濯する
 ③煮沸する
 ④洗濯機で洗濯する
若干の手間はかかりますが、確実に汚れを落とす方法といえるでしょう。

まとめ

この記事では衣類の油汚れの対処方法について、ご紹介しました。汚れには、水溶性汚れ、油溶性汚れ(液体・固体)、固体汚れの3種類があり、それぞれの対処法が異なります。衣類に汚れがついてしまった場合には、素早い応急処置が大切です。なかなか落ちない汚れに困った場合には、ぜひ参考にしてみてください。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事