Column

ワイシャツの脇汗どうしてる?臭わせずシミにしない対策とは

ワイシャツの脇汗は臭いやしみが気になりますよね。とはいえ汗をかくのは生理現象。無理に止められるものではないため、対策が重要です。

そこで今回は脇汗のメカニズムとお悩み、そして対策について解説します!

脇汗の種類と成分

汗を分泌する汗腺は全身にあるものですが、脇には2種類の汗腺が通っています。ひとつはエクリン線と呼ばれるもので、分泌されたばかりのころは無臭です。一方、アポクリン腺は脂質やタンパク質を含んだ汗を出します。主に脇汗のお悩みになりがちなのは、後者のアポクリン腺から分泌される汗です。

汗をかく理由1:体温調整

分泌される汗の種類はその理由によっても異なります。暑いときや体を動かしたときにかく汗は体温調整のためにかくものです。この汗は大半がエクリン線から分泌されるもので、全身にかくという特徴があります。(ただし脇は二つの汗腺両方から分泌されます)

汗をかく理由2:精神的負荷

もう一つ汗をかく理由があるのですが、こちらは精神的な負荷がかかることに起因します。例えば、緊張したときや驚いたときの汗、もしくは冷や汗などと呼ばれるものです。この汗は手のひらや脇など、アポクリン腺がある限られた身体の部分にかくことが多いという特徴があります。

ワイシャツと脇汗のお悩み

汗には2種類があり、アポクリン腺からの汗がお悩みの主な原因とご紹介しました。それでは具体的に脇汗はどのようなお悩みになるのか、ご紹介します。

臭い

脇汗で心配なことのひとつは臭いです。アポクリン腺から分泌された脂質やタンパク質が細菌によって分解されることで、臭気を発するようになります。また、細菌が繁殖しやすくなると臭いも強くなります。

汗じみ

衣類が汗を吸ってできる汗じみも一般的なお悩みです。脇の下は汗腺が2種類通っていることから汗をかきやすく、そして腕は下ろして閉じた状態なので乾きにくい部分です。そのためたくさん汗をかくと、なかなか乾かず目立ちやすくなってしまいます。

黄ばみ

脂質やたんぱく質を含んだ脇汗は、酸化するとやっかいな黄ばみになります。特にワイシャツは淡色のものが多いので、黄ばみはとても気になるでしょう。

「既にに黄ばみが気になる!」という方はこちらの記事を参考にして落としてみてください

ワイシャツの黄ばみは落とし方が重要!複合汚れをリセットする方法
ワイシャツの黄ばみは落とし方がわからずに、意外と頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ワイシャツの黄ばみについて解説します。汚れの原因や構造に対応した落とし方とともに、簡単にできる黄ばみ予防法までお教えします!


ワイシャツの脇汗対策

ご紹介したように脇汗がお悩みになりがちなワイシャツですが、対策を取れば軽減するものです。脇の臭いや汗じみを気にすることなく、清潔感のある着こなしをしたい方に対策をご紹介します。

制汗剤

臭いにも汗じみにも効果があるのが制汗剤です。香りがつくだけでなく、除菌成分が含まれているので汗を臭いに変える細菌の繁殖を抑えられます。汗じみも気になる人はパウダー入りがオススメ。汗がワイシャツにしみる前にパウダーが吸収してくれます。なお、制汗剤の効果は一時的なものなので、気になったらこまめにスプレーするとよいでしょう。

脇汗シート

特に臭いに効果的なのは脇汗シートです。除菌成分を含んだシートは細菌を拭き取ることができるので臭いをしっかり抑制します。頻繁に汗をかく場合には、定期的に拭くことで細菌の繁殖を抑えましょう。

脇汗パットや汗取りインナー

最後に汗脇パットや汗取りインナーですが、汗じみに効果があります。汗脇パットは脇部分に貼り付けて使用するもので、汗の量が多い方やノースリーブの下着を着用する方にオススメ。一方の汗取りインナーは、脇の部分に布を重ねてあるもので、袖アリのことが多いです。

アイテムを利用してワイシャツに汗を移さないようにすることが重要ですが、ワイシャツ自体も淡色、できれば白色を着用すると汗が目立ちにくいです。濃色は汗の色をくっきりさせるため、汗かきさんは注意しましょう。

また、ワイシャツに汗が直接つかないようにすれば、黄ばみの心配も少なくなります。ただし、できるだけこまめに洗濯をして皮脂やタンパク質を残さないように心がけましょう。

まとめ:ワイシャツの脇汗は悩む前に対策しよう

  • 脇汗は気候や運動量、体調によってかく
  • 脇汗はしみや臭いといった悩みになる
  • 脇汗の悩みは対策で防げる

ワイシャツの気になる脇汗について、原因と対策をご紹介しました。脇のアポクリン腺からの汗に含まれる脂質やタンパク質が細菌によって分解されることで、ワイシャツの臭いや黄ばみの原因になります。こうした悩みを軽減するためには、制汗剤や汗取りパットなどを使用して対策を取ることが必要です。身なりは仕事のパフォーマンスにも影響しますから、ご紹介した対策を実践して、ワイシャツは清潔に着用していきましょうね。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事