Column

スーツの持ち運びに適したハンガーとは?おすすめアイテムもご紹介

スーツの持ち運びで悩むのは、ハンガーをはじめとした道具類かもしれません。立体的な構造をしたスーツだからこそ、適切なハンガー選びがキレイに持ち運ぶためのポイントともいえるでしょう。

今回は「出張先などでもシワのないスーツを着用したい」というビジネスマンに向けて、スーツの持ち運びの必需品ハンガーはもちろんカバーやガーメントバッグなど便利なアイテムをご紹介します。

スーツの持ち運び

まずは、スーツの持ち運び方にはどのような方法があるのか確認していきましょう。ポイントはしわにならないようにして運ぶことです。

しわを防ぐ

スーツを運ぶ際に一番気をつけたいのは、しわを最小限にすることです。出張先で大事な会合や打ち合わせが控えている場合は、しわのない清潔な印象を与えるスーツを着用していたいもの。

一般的な方法は、ハンガーのついたケースに吊るした状態で運ぶことです。しかし、他にも荷物がたくさんあるので何とかコンパクトに運びたいという場合には、しわになりづらいたたみ方をマスターしておきましょう。

たたんで運ぶ方法

スーツをたたんで運ぶ方法はいろいろありますが、押さえておきたいポイントが2点あります。ひとつ目はスーツのしわは縦よりも横に入ると目立つ傾向にあるということ。そのため、たたむときには脇やセンタープレスなど縦のラインを上手に使ってみましょう。

2つ目はしわを防ぐクッションを入れることです。半分にしっかり折りたたんでしまうと他の荷物が重石にもなり、くっきりとした線が入ってしまいます。そこでタオルや下着など柔らかく厚みのあるクッションを巻き込みながらたたむとしわになりにくいでしょう。

たたみ方については、こちらも参考にしてください
旅行や出張でスーツを着ていく?持ち運ぶ?たたみ方と収納方法を解説
「出張のついでにどこか観光して、旅行気分でも味わっていこうかな」「海外出張のついでにいろいろ観光していきたいな」と、出張終わりでどこかに旅行気分で立ち寄ったことはありませんか?そんな折、「しわになるのが困る」「かさばって持ち運ぶのに不便だ」と、いろいろな面倒を考えて、そのままスーツを着ていってしまう方も多いかもしれません。


ハンガーとカバー

たたんで持ち運ぶことも可能ではありますが、やはりハンガーにかけて吊るした状態で運ぶ方がしわになりにくいと言えます。そこで、吊るして持ち運ぶ際に必要なハンガーとカバーについて解説します。

ハンガーの種類

一般的なハンガーはクリーニングの返却などにみられる針金のものやプラスチック製の薄いハンガーですが、スーツの持ち運びに適したハンガーは、携帯性に優れていること、軽量であること、形状を保てることが大切です。

スーツには、肩回りの立体形状を意識した専用のハンガーがあります。肩回りに厚みと丸みを持たせてあるため、型崩れとしわを防げるでしょう。保管する場合は吸湿性のある木製のハンガーが良いのですが、持ち運びには重たいのでプラスチック製のものが適切でしょう。携帯性の面では不使用時にハンガーの取っ手部分が収まるように折りたためるものがおすすめです。

また、本当に手軽に運びたいという場合には、カバンに下げるタイプのハンガーも市販されています。このハンガーは日常的に利用することが可能で、夏場など腕にスーツを掛けた際の汗じみを避けたい場合にも使える便利なハンガーです。

カバーの種類

さて、ハンガーと対で用意しておきたいのがカバーです。たいていの場合はスーツ専門店などでセットで販売されています。

カバーについて確認しておきたいのは素材。スーツをオーダーした場合に入っている不織布やビニールのカバーは、持ち運びには不向きです。また、不織布のカバーは通気性は良いものの、耐久性がありません。ビニール製のカバーは透湿性がなく、一時的に汚れを防ぐものであるため、保管には不向きです。

そこで持ち運びのカバーの素材としておすすめなのは、アウターなどにも使われるナイロンです。耐久性や撥水性に優れるため、悪天候でスーツを持ち運ぶ際にも使えます。さらに、持ち運び用にデザインされたものは、見た目がスマート点もおすすめです。

おすすめ便利アイテム

スーツをしわなく着用するために便利なアイテムをご紹介します。今後スーツを持ち運ぶ機会が増えそうだ、というビジネスマンには知っておいてほしいアイテムです。

ガーメントバッグ

スーツを持ち運ぶカバンがあるのをご存知でしょうか。ガーメントバッグと呼ばれるカバンは、スーツを持ち運ぶための機能が備え付けられています。そのデザインはさまざまで、手提げ、ショルダー、キャリーオンタイプと幅広い種類から選べます。スーツの小物(ネクタイ/ベルトなど)を収めるスペースがあるものや旅行用カバンと複合用途になったものもあり、ビジネスマンの出張にとって便利な仕様です。

しわになりにくいスーツ

スーツのしわが気になるものの、折りたたんでコンパクトに運びたいという場合には、しわになりにくいスーツがおすすめです。帝人フロンティアの「ソロテックス」は、形態回復性に優れしわになりにくい素材です。「ソロテックス」素材を使ったスーツであれば、しわを過度に心配することなく持ち運べるでしょう。

しわ取りスプレー

スーツに着いてしまったシワを取る道具はアイロンだけではありません。しわ取りに手軽に使えるアイテムとしては、しわ取りスプレーがあります。吊るした状態で吹きかければしわが目立たなくなる便利アイテムなので、しわが心配な場合は携帯しましょう。

その他アイロンなしでしわをとる方法は、こちらを参考にしてください
しわを伸ばすにはまず原因を知る!取り方からアイロンを使わない方法まで解説します!
しわの多い洋服を着ているとだらしない印象を与えるもの。しかしアイロン掛けは、電源を入れて温めたり、台を用意したり、スチーム用の水を投入したりと何かと手間がかかりますよね。実は、しわの原因に着目すると事前に予防することも、アイロンを使わずに伸ばすこともできるのです。さらには「しわになりにくい素材」も存在します。今回は洋服のしわの解決方法について徹底解説します。



まとめ:便利アイテムを活用して、スーツをきれいに運ぼう

  • 横じわを防ぐだけで印象は変わる!
  • ハンガーとカバーは種類と用途をチェック
  • 便利アイテムも活用しよう

スーツの持ち運びにオススメのハンガーや道具をご紹介しました。ハンガーやカバーだけでなく、収納一体型のガーメントケースやしわになりにくい素材を使ったスーツを取り入れるなど工夫をしながら、出先でもしわの無いスーツを着られるようしたいですね。

ここちよさ、そろってる。 特設サイトはこちら

特設サイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事