Column

洗濯の仕分け方法を2段階でご紹介!時短技もあり

さまざまな色や形状、状態の衣類を一緒に洗うと他の衣類へダメージを与える恐れがあるため、洗濯の品質を上げるために、洗濯前の仕分けは欠かせません。

そこで今回は洗濯の仕分けについて、方法や仕分けが必要なアイテム、時短ワザまで解説します!

洗濯前の仕分け

はじめに洗濯機に投入する前の段階に行う仕分けについて解説します。


なぜ仕分けが必要なのか

洗濯物をまとめて洗うとさまざまなリスクがあります。例えば、色物衣類から出た染料で白い衣類が色づく「色移り」や、他の衣類の汚れを吸着する「逆汚染」が挙げられます。また、毛や糸が出やすい衣類や装飾がついた衣類によって、付着物や損傷が発生した衣類の回復にも時間がかかります。

仕分け1:洗えるか否か

仕分けの大前提として確認すべきなのは、洗濯機で洗える素材であるか、という点です。綿、ポリエステル、ナイロン、アクリルといった繊維は一般的に洗濯機で洗えるとされていますが、必ず取扱い表示で確認が必要です。混紡された素材や装飾によっては洗濯機で洗えないものがあるので、しっかり確認を行いましょう。

仕分け2:色移り対策

色柄物と淡色の衣類は極力分けて洗濯をしましょう。特に色柄物を初めて洗濯をする場合には、色落ちテストをするのがおすすめです。テストの結果、染料が出る場合には色が出なくなるまでは分けて洗濯をしましょう。

仕分け3:逆汚染対策

洗濯をしたのに黒ずんでいくという現象が起こることがあります。特にポリエステル素材は汚れを吸着しやすい傾向にあり、「逆汚染」に注意すべきです。汚れがひどいものは分けて洗うか、1度目の洗いは汚れているものだけを投入し、排水してから他の洗濯物を投入して2度洗うなどの方法をとりましょう。

仕分け4:付着対策

毛が抜けやすい衣類や動物の毛が付着した衣類も別にします。またバスマットなども髪の毛やほこり、雑菌などがついている恐れがあるため、できるだけ分けて洗うようにしましょう。

洗濯機に投入する際の仕分け

次に洗濯機の中で分ける場合の仕分けについてご紹介します。洗濯機の中でも仕分けを行うことによって、衣類のダメージを減らすようにしましょう。

衣類同士の摩耗を防ぐ

洗濯機は遠心力で回る際に他の衣類への影響が避けられません。衣類同士は擦れると劣化の原因になるので、ファスナーや金属類がついている場合は必ずネットに入れて洗うようにしましょう。

ネットで仕分けすべきもの

具体的に仕分けをした方がよいものは以下のような衣類が挙げられます。

・摩耗に弱いワイシャツ、ブラウスや薄手のもの
・型崩れや他の衣類への影響が心配される下着※特にひも付きのもの
・毛羽立ちやすいニット類

このほかにも摩耗が気になる衣類の場合、ネットに仕分けるのがオススメですが、やはり気を付けたい大切なものは別に洗った方が良いでしょう。

仕分けを時短する方法

洗濯の仕分けについてご紹介してきましたが、溜まった洗濯物や家族数人分の洗濯物の仕分けは時間も手間もかかります。そこで洗濯機に投入する際に時短になる仕分けの方法をご紹介します。

カゴに入れる際に仕分け

仕分けは洗濯かごに入れる段階で分けておくのがポイント。特に手洗いのものや色移りが心配な衣類は、誤って他の衣類と洗ってしまってからでは遅いので、必ず分けておきたいものです。

また、家族にも仕分けを協力してもらいましょう。この場合は家族ごとに投入する場所を指定しておくとよいでしょう。自分で判断の難しい子供の普段着は、洗濯のしやすい素材や仕分けの必要がない衣服を選んで購入するのもいいですね。

洗濯カゴの選び方・活用法

洗濯かごはたくさん置くと場所を取ってしまうため、洗濯かごの中で仕分け袋やネットを設置するのがオススメです。かごのサイズは利用する人数と洗濯量を想定して、それに見合ったものを選びましょう。

また、ボックスは四角い方が仕分けアイテムを設置しやすく、置き場の効率も良いでしょう。

まとめ:洗濯の仕分けは必須

  • 面倒でも仕分けは必要
  • 仕分けは2段階(洗濯自体を分ける→洗濯機の中で分ける)
  • 仕分けはカゴ投入時に済ませる

洗濯の仕分けについてご紹介しました。全ての衣類を同時に投入したのでは洗濯の効果を発揮できないどころか、他の衣類にダメージを与える場合もあります。その為、洗濯には仕分けが必要なのです。

洗濯そのものを分ける、洗濯機の中でも分けるという2段階の仕分けを行って、余計な手間や残念な仕上がりを防ぐようにしましょう。洗濯前の仕分けは面倒に感じるかもしれませんが、脱衣時のかごへ投入する際に仕分けておけば、洗濯前には簡単なチェックだけで済ませられます。衣類を長く愛用するためにも、洗濯は仕分けをしっかり行いましょう!

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事