Column

洗濯物の部屋干しはエアコンにお任せ!からっと乾かすポイントとは?

「部屋干しの洗濯物は乾きが遅く、乾いても独特なにおいが残る……」そんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そんな家事の悩みを解決するアイテムが「エアコン」です!
部屋干しでからっと快適に乾かすなら、ご自宅に設置されているエアコンを有効利用させましょう。

今回はエアコンを使用して吊り干しの洗濯物を乾かす方法や、乾かすスピードをアップするコツを解説します。

なぜ部屋干しは乾きにくいの?

部屋干しが乾きにくい理由は、濡れた洗濯物から蒸発した水分で室内の湿度が高くなるからです。水蒸気には湿度が濃い所から薄い所に移動する性質がありますが、湿度が高いと洗濯物から出た水蒸気が移動できず洗濯物の周りに溜まったままになって「水分の逃げ場」が無くなってしまうのです。

この現象は部屋干しの時だけではなく、梅雨時や雨の日など湿度が高くじめじめとした季節にも起こりやすくなっています。

乾かない状態が続くと悪臭の原因に…

空気中には数多くの雑菌が漂っています。洗濯物が濡れた状態だと、繊維に付着した雑菌が水分によって増殖し、その過程で嫌な悪臭を発生させます。部屋干しした洗濯物からにおう独特な悪臭は「繊維内で雑菌が増殖する際に発生したにおい」だったのです。

エアコンで洗濯物を乾かす!効率的な使い方とは?

室内がじめじめとしていたり、悪臭が漂っていたりすると気分も落ち込んできますよね。それでも洗濯物を部屋の中で干さなければならないときは、エアコンの力を借りて短時間でカラッと乾かしましょう!

除湿機能を使用する

部屋干しにエアコンを使う時に適した機能は「除湿機能」です。除湿機能とは、名前通り空気中の湿度を取り除くための機能で、機種によっては「衣類乾燥」、「冷房除湿」、「再熱除湿」などの機能もありますので活用しましょう。

ただし、除湿機能は通常の冷暖房機能よりも電気代が高くなることがあるので、ここぞ!という時に利用するようにしましょう。

エアコンの風を直接当てる

エアコンを使う時には、エアコンの風が洗濯物に直接触れるような形で干すとより速く乾かせます。エアコンの風の向きと洗濯物を干す位置を計算して干していきましょう。
また、干す方向も全ての洗濯物に風が当たり、衣類の隙間を通り抜けていくようにエアコンの風が衣類に対して水平に当たるようにしてください。

扇風機を併用して効果アップ!

エアコンの効果をさらに高め、時短効果を生むアイテムが扇風機やサーキュレーターです。
扇風機やサーキュレーターの風で部屋の温度・湿度を一定に保つことで、洗濯物から発生する水蒸気を逃がしやすくなります。

扇風機やサーキュレーターを設置する時には、エアコンの向かい側から洗濯物に向かって風を当てるようにするとより効果的ですよ。

エアコンの効果を高める干し方のコツ

エアコンを使う方法は部屋干しの乾くスピードを高めますが、ちょっとしたコツを抑えるだけでさらに効果を高められます。家事をスムーズに進めるためにも、部屋干しには以下のポイントを取り入れてみましょう。

洗濯物の間隔はなるべく広く取る

水分が蒸発するスピードを高めるには、衣類が空気に触れる面積を広くすることがポイントです。洗濯物の間隔が近すぎると隙間に水蒸気が溜まって衣類を生乾き状態にしてしまいます。部屋干しするときには洗濯物と洗濯物の間を15~20cmあけて隙間に風が通りやすい環境を作りましょう。

厚い服を並べない

分厚い洋服はその分含んでいる水分量も多いので、発散する水分の量も多いです。それらを隣り合わせるとお互いが出した水蒸気を吸い合ってしまうので、いつまでも洗濯物が乾きません。
厚い服の間には薄手の服や乾きやすい化繊素材の服を挟んで、厚い服同士が並ばないようにしましょう。

薄手の服は早く乾くので先に取り込めばその分隙間を確保でき、さらに厚い服が乾きやすくなる効果も期待できますよ。

エアコンの機能で部屋干し上手になろう

  • エアコンを使う時は除湿機能が効果的
  • 洗濯物は直接風があたるところに干した方がいい
  • 洗濯物同士の間隔をあけるとより乾きやすい。
エアコンは部屋干しの洗濯物を乾かすのにとても効果的なアイテムです。その効果をより高め、さらに時短で洗濯物を乾かすために今回解説した干し方を参考に見直してみましょう。

特設サイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事