Column

旅行用のコートで迷いたくない!選び方と荷造り方法をご紹介します!

雪景色の東京タワーで手を広げて立つ女性

海外、国内での旅行に持っていくコートをどれにするべきか迷ったことはありませんか?旅行先でのコートが暑すぎたり、寒すぎたりと失敗経験はよくあること。そこで、この記事ではコート選びに失敗しないように、旅行に持っていくべきコートの選び方、さらに荷造り時の注意点やコーディネートまでご紹介していきます。

旅行時のコート選びは使いやすさを考慮する!

持っていくコート選びはオシャレさよりも使いやすさや機能性も大切ですよね。ここでは、どんなコートにするべきか、荷造り時の注意点を解説していきます。

どんなコートにすべきか

旅行先のコート選びには3つのポイントを意識する必要があります。

重すぎず、動きやすいタイプがオススメ!

旅行先では重すぎのコートは避けた方が無難です。重いコートは旅行中に邪魔な荷物になる場合があります。重く荷物になるものは旅行で避けることが大切。また、旅行では移動が多くなるため、動きやすい服を着た方が快適に過ごせます。一度コートを着てみて、重すぎないか、動きづらくないかなどを試してみましょう。

軽くて「しわ」になりにくい

コートによっては旅行中の長時間の移動で、しわになってしまいます。しわになりにくいコートの素材として毛(ウール)がよいとされています。化学繊維のナイロン、ポリエステルはしわを気にすることなく着ることが可能です。近年注目されている「ソロテックス」はしわになりにくい上に柔らかくストレッチ機能もあるため、旅行の服にとても適している素材とされています。

オシャレに着回せるかどうかも考慮する!

オシャレにコートを見せたいなら、旅行中に着回しできるか考慮しましょう。着回しできるコートではショートコートがオススメです。コートは服の一番上に羽織るため、全体的にコートの印象が強くなりますし、ショートコートであればボトムやインナーを工夫することで違う印象を与えられます。

寒い地域で徹底的な防寒対策をするのであれば、ロングコートの方が適していますが、同じ服を毎日着ている印象を持たれてしまいますよ。

コートを持っていく時の注意点

海外へコートを持っていく際、気をつけなければならないことが3つあります。ご紹介するポイントにそって、旅行前に問題ないかなどを確認しておきましょう。

1.旅行先の気温にあわせ、湿度にも注意する

目的地の気温を知ったうえで、服装を用意しましょう。

コートを着る目安としては、最高気温が15℃前後を基準にしましょう。
10~15℃ならば、薄手のコートとして、トレンチコートがオススメ。
5~10℃なら、冬向けのコートとして、チェスターコート、Pコートがよいでしょう。
0~5℃なら、本格的な防寒着としてダウンコート、ウールコート、モッズコートがオススメです。
また、コート選びには湿度も大きなポイントになります。雨季は湿度が高いため蒸し暑く感じ、汗をかきやすくなるので注意が必要です。

おすすめは、帝人フロンティアの「ソロテックス」を使用した、BACHの「FLINTSTONE Coat」。裾部はドローコード付になっており、パッカブル仕様なので、旅行などで重宝します。

Recommend Items



FLINTSTONE Coat
BACH

2.毛皮類のコートなどは国によって注意する

海外旅行では毛皮類のコートは避けましょう。海外では日本よりも動物愛護活動が盛んな国もあります。たとえば、イギリスでは毛皮類の服を身に付けていると抗議を受けるケースも。
異文化に対して配慮を心掛けましょう。

3.派手すぎないか注意する

海外旅行では派手で目立つようなコートは、犯罪の標的になる可能性が高くなります。目立つコートを着るのは避けた方が無難でしょう。

旅行に慣れた人に学ぶ!あれば助かるオススメグッズ

寒い地域はコートを着るだけでは、暖かさが足りない場合も。そこで、旅行先で使える便利なオススメグッズを紹介します。

余裕があれば持っていきたい防寒アイテム「手袋・腹巻き・カイロ」

余裕があれば手袋、腹巻き、カイロの3点を持っていきましょう。
手袋は寒い地域で手がかじかんだときに助かります。腹巻きはかさばることなく持ち運べて、お腹を温められます。カイロは思いがけない寒さに対応できるためオススメですよ。

カバンのスペースを確保するジャケットグリッパーが便利!

ジャケットグリッパーを持っていくと、寒暖差があるときの体温調節のために持っていた上着を脱いだときでも、カバンの外に吊り下げられるため、収納スペースが確保できて便利です。

乾燥対策に必須のマスク、海外では使用に注意!

旅行でのフライトや宿泊先の乾燥対策にはマスクが効果的ですが、注意点として、海外では日本と違い、マスクを日常的につける習慣がありません。

例えばフランスでマスクをつけている方は、重病人のような印象を持たれてしまいます。そのため、誤解を招く場合もあるので注意が必要。逆に一部のアジア地域の都市部では排ガスの影響もあり、マスクをする地域が多くなっています。

オススメのコートを使ったコーディネート

コートには機能性を重視したものや、オシャレを追求したものまでさまざまな種類がありますよね。ここでは、旅行に持っていくべきオススメのコートをご紹介します。

トレンチコート

もともとは第一次世界大戦のイギリス軍で寒い地域に対応できるコートとして開発されました。トレンチコートはファッション性と機能性が高いことから、毎年使える定番のアウターになります。トレンチコートは薄手で軽く羽織れますし、旅行先で気軽に持ち運ぶことが可能です。平均気温が10~15℃の旅行先にオススメします。

Pコート

Pコートは軽いものが多く、ゆったりした着心地のため、旅行に適しています。Pコートは丈が短く、インナーを見せるのに適しているため、どんなコーデにも合わせやすいメリットも。スカートやパンツにも合わせやすいため色々なコーデを楽しむことができるでしょう。平均気温が5~10℃の旅行先にオススメです。

ダウンコート

コート選びではコートの重さを考える必要があり、コートが重いと肩が疲れやすくなってしまうかもしれません。そこで、ダウンコートを選択すれば、軽いもタイプのモノが多いため肩が疲れにくくなります。旅行中はコートを脱いだり着たりする場面が多いため、ダウンコートは気軽に着脱できるため便利です。平均気温が0~5℃の旅行に持っていきましょう。

まとめ:コートは使いやすさを重視しよう

  • コートは旅行先の気候や文化を考えて用意しよう
  • コートは重すぎず、動きやすいタイプを選ぼう
  • コートは軽くて「しわ」になりにくいものがいい
旅行でのコートは旅行先にあわせて軽くて、動きやすく、「しわ」になりにくいものを選ぶのがオススメ。旅行でのコート選びに困ったときはこの記事を参考にしてください。

旅行先に合わせたコートを選ぶことで、快適な旅行を実現してみましょう。


ここちよさ、そろってる。 特設サイトはこちら

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事