Column

ランニングライトは腕に付けるのがおすすめ!夜ランを安全に楽しむためのポイントをご紹介

ランニングを夜の涼しい時間に行う場合、走り慣れたいつものコースでも、暗い時間帯ならではのリスクがあります。そのため、衝突時の予防策としてランニングライトは必需品です。ランニングライトのメリット、選び方をご紹介しましょう。

ライトを付けるメリット

ランニングライトを付ける大きなメリットは「安全性の確保」です。

事故防止

夜や雨天など視界の悪くなる時に多いのが、ランナーと車や歩行者、自転車との衝突事故です。

衝突防止にもっとも有効な対策は、自分の存在を周囲にアピールすることです。動く光は本能的に動物の注意を引きつけるため、ランニングライトを身に着けることで、雨天や暗闇などの視界が悪い時の事故防止に効果があります。

犯罪防止

夜は不審者の発生確率もあがるため、日中より防犯意識を高めましょう。不審者は、周囲に気づかれないように、明るい場所や周囲の注意を引くライトを避ける傾向があります。

ランニングライトを身に着けることで、防犯に役立つでしょう。

ランニングライトの選び方

どんな場所を走るかによって、必要なランニングライトも変わってきます。ランニングに集中するためにも、暗い時間帯ではなるべく明るく平坦で広い道を選び、なお且つランニングライトで自身の存在をアピールしましょう。

種類

ひとくちにランニングライトと言っても多種多様な商品が発売されています。装着の種類としては、身体に巻き付けるタイプとクリップでウェアなどに取り付けるタイプがあります。

クリップ式は軽量小型がメリットですが、その反面、外れても気づきにくいというデメリットもあります。

腕や腰など身体に巻きつけるタイプは、クリップ式より光の面積が大きく体にフィットさせて走行時バランスの崩れが気にならない点がメリットです。特に腕に巻き付けるタイプは、光の動きが頭や腰より大きく、高さもあるので、周囲に認知されやすい点がおすすめポイントです。

明るさ

自分の存在をアピールするためには、十分な明るさが必要です。

視認性の高いライトを選ぶ時は、明るさを表すルーメン値を確認しましょう。明るさを段階的に変えるタイプもあるので、実際のコースで設定しても良いでしょう。

持続時間

途中で電池切れを起こしては、一気にリスクが高まります。ライトの持続時間もしっかり確認しましょう。

ランニングライトは充電式と電池式があります。

充電式のメリットは、走る前にしっかり充電しておけば安心です。電池式より若干高価ですが、電池式より長く使えばコストは変わりません。電池式は、頻繁に充電する手間がなく電池交換時はしばらく安心です。ただし、1回の電池交換でどれくらい持つかしっかり把握しておくことが大切です。

重さとフィット感

次に重さとフィット感を確認しましょう。
ランニングではスムーズな腕フリが必要です。走行中に気にならないフィット感とフォームのバランスに影響のない重さであることは、効果的なトレーニングを行うために大事なことです。

特にフィット性は、調節可能なタイプが多くさほど心配はいりませんが、シーズン通して使用することを考えれば、調節の仕方も確認し、調節幅が大きいものを選ぶと良いでしょう。

防水性

ランニングは天候に影響されるアウトドアスポーツのため、防水タイプあることも確認しておきましょう。急な雨や大量に汗を掻いても故障のリスクを気にする必要がありません。走ることに集中するためには、大事な要素といえるでしょう。

デザイン

最後にモチベーションの上がる好きなデザインを選びましょう。
主流のLEDライトだけでなく、反射板とLED両方使用しているものなどは、ライトを切っても視認性高く
明るい時間もおしゃれなデザインとしてランニングを楽しめます。

まとめ:安全確保で夜ランの質を高めましょう

人間は安全が確保された状態でより質の高いパフォーマンスを発揮し良い結果が得られます。
ランニングライトで不安を軽減させる分、走ることに集中ができます。
自分にピッタリなランニングライト身につけて夜のランニングを楽しみましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事