Column

ランニングにはハーフタイツが良い?トップアスリートも着用する理由を徹底解説

運動不足の解消やストレス発散のためにランニングを始める人も多いのではないでしょうか。ランニングを続けていく上では、ウェア選びも大切です。

そこでこの記事では、ランニングの時に着用するハーフタイツについて解説します。

ランニングにはハーフタイツがおすすめ

ランニングをする時に着用するウェアですが、重視するポイントは人によってそれぞれですが、最近では駅伝やマラソンのアスリートがハーフタイツを着用する場面が増えてきています。実はハーフタイツはランニングのパフォーマンスを向上させる効果もあるのです。

ハーフタイツとは?

そもそもハーフタイツとはどのようなアイテムをイメージするでしょうか。改めて定義を整理してみました。

膝丈のタイツのこと

タイツといえば防寒対策や脚のラインを綺麗に見せるアイテムで、ストッキングと比べて厚い生地のものを指します。ハーフタイツとはその名の通り、丈が膝よりも上の長さのタイツのこと。ランニング用のハーフタイツには身体に適度な着圧を加えるコンプレッションウェアもあります。

コンプレッションウェアには運動パフォーマンスが向上する効果も期待できるので、トップアスリートの中でもハーフタイツを着用する人が増えてきています。

特徴

続いては、ランニングに適しているハーフタイツの特徴について、ご紹介します。

運動のパフォーマンスを向上させる

ランニング用のハーフタイツの中には、筋肉に適度な着圧を加えるコンプレッションウェアがあります。コンプレッションウェアは運動中の心拍数上昇の抑制や、筋疲労の軽減に寄与する効果があると言われています。本格的にランニングをするのであれば、導入しておきたいアイテムといえるでしょう。

風の抵抗を抑制する

ランニングパンツやジャージなどはラフに着用できますが、風を受けるとバタついて抵抗を受けやすいことが難点です。長い距離を走る上では、風の抵抗を抑えて体の負担を減らすことが大切です。ハーフタイツは身体に密着しているので、風の抵抗を抑えられます。

動きやすい

ハーフタイツには柔軟性の高い素材が使われているため、ランニング以外のスポーツで体を激しく動かしても対応できます。ハーフタイツは膝が出ている分、ロング丈のタイツよりも動きやすいことも特徴です。

乾きやすい

ハーフタイツには吸汗速乾機能が付与された生地が使われることが多く、汗をかくシーンでもストレスを感じずに動けるでしょう。洗濯してもすぐに短時間で乾くので、高頻度で使う機会がある場合でも少ない枚数で対応できます。

選び方

いざハーフタイツを選ぼうとしても、さまざまなラインアップがあって驚く人も多いかもしれません。自分に最適なアイテムを選ぶために押さえておきたいポイントをご紹介します。

コンプレッションウェアであること

ハーフタイツには着圧をかけない通常のタイツもあります。ハーフタイツの見た目が気に入っている場合はそれでも良いかもしれません。しかし、運動パフォーマンスの向上を目的とする場合は、コンプレッションウェアを選ぶことがおすすめです。

サイズ

特にコンプレッションウェアを兼ねている製品では、体にしっかりとフィットさせることが重要です。商品の説明書には、適した部位のサイズや測り方が記載されていることもあるので事前に確認しておきましょう。自分の体に合った最適なサイズを選ぶようにしましょう。

デザイン

ハーフタイツは黒色の製品が多く、デザインの幅は狭く思えるかもしれません。しかし中には赤色や黄色などの色調や、柄が入ったデザインもあるので自分の好みに合わせて選んでもよいでしょう。また再帰反射材が使われていると、夜間のランニングでも自転車や車から発見されやすくなるので、事故防止にもつながります。

まとめ

膝丈のタイツはハーフタイツと呼ばれ、最近ではマラソンや駅伝などのアスリートにも好まれています。筋肉のパフォーマンスを向上させる効果や動きやすさ、乾きやすさなどランニングをする上で多くのメリットも。選ぶ時にはコンプレッションウェアであることや、サイズ、デザインなどを確認し、自分に合ったものを購入しましょう。

スペシャルサイト「SOLOTEX」はこちらソロテックスに関する特集記事をチェック!

関連記事

新着記事