Column

ワイシャツをアイロンなしで着る方法?!ノンアイロンシャツもご紹介

「ワイシャツをパリッと着こなしたいけど、アイロンは面倒……」ということは、多くの会社員が共感するところではないでしょうか。

ワイシャツは襟まわりや肩まわりなど、曲線を描く部分や厚みのある部分があるので、アイロン掛けは容易ではありません。背中のアイロンをかけている間に、すでにアイロン済みの前身ごろがしわになってしまった…というもしばしば。

そこで今回は「アイロンなし」をキーワードに、しわにならずにワイシャツを着こなす方法について徹底解説します。

アイロンなしのしわ対策と予防

アイロンを使わずに、ワイシャツのしわを少なく仕上げるためにはどのような工夫ができるのでしょうか。アイロン以外でしわを伸ばす方策や洗濯の段階でしわ防ぐ方法をご紹介します。

アイロン無しでしわを取る方法

宿泊を伴う出張などでワイシャツを持ち運んだところしわがついてしまった、という経験をしたことがある人もいるでしょう。とっさの場合にアイロンなしでしわをとる方法をご紹介します。

しわは適度な水分を与えてから、伸ばした状態で乾燥させると伸びます。例えば、ピンポイントのしわであれば部分的に水分を含ませて、伸ばした状態でドライヤーの熱を加えます。また、全体にしわを目立たなくしたい場合は、湿気のある浴室で乾燥させます。ワイシャツの自重を利用して全体の小さなしわを伸ばし、目立たせなくするのです。

その他のアイロンを使わない「しわを伸ばす方法」についてはこちらを参照ください
しわを伸ばすにはまず原因を知る!取り方からアイロンを使わない方法まで解説します!
しわの多い洋服を着ているとだらしない印象を与えるもの。しかしアイロン掛けは、電源を入れて温めたり、台を用意したり、スチーム用の水を投入したりと何かと手間がかかりますよね。実は、しわの原因に着目すると事前に予防することも、アイロンを使わずに伸ばすこともできるのです。さらには「しわになりにくい素材」も存在します。今回は洋服のしわの解決方法について徹底解説します。


洗濯じわを防ぐ方法

ワイシャツにしわがつく原因の一つは洗濯です。すこし面倒に感じるかもしれませんが、ネットに入れて洗い、脱水後はすぐに取り出してきちんとしわを伸ばしてから干せば、しわは防げます。



アイロンなしシャツ

アイロンなしでしわを伸ばす方法をご紹介しましたが、やはり手間がかかりますし、頑固なしわが必ずしもとれるとは言えません。そこで取り入れたいのが、しわになりづらいワイシャツです。

形態安定や形状記憶シャツ

ノンアイロンシャツなどと呼ばれるアイロンなしで着られるシャツには、しわになりにくい加工が施されています。こうした機能は形態安定や形状記憶と表現されます。

ノンアイロンシャツの仕組み

ノンアイロンシャツは従来の繊維とどのように構造が異なるのでしょうか。繊維というのは分子が結合して形成されています。この分子の結合は水を含むことによって緩むのですが、ノンアイロンシャツの場合は分子間をつなぐ化学反応を起こして、結びつきを強くしてあります。そのため分子の動きが少なくなり、しわを防ぐのです。

ノンアイロンシャツのポイント

ノンアイロンシャツはしわになりにくい優秀なワイシャツです。早速取り入れてみよう!という方に、押さえておきたいポイントについて解説します。

選ぶ際のポイント

ノンアイロンシャツはさまざまなメーカーから販売されているので、どれを選べばいいの?と迷ってしまうかもしれません。そこで選ぶ際のひとつの指標として着目したいのが、W&W性(ウォッシュ&ウエア性)等級です。JISが定めたもので、洗濯後にしわの残る程度を表す指標となっています。

100%しわのない状態を示す5.0級が最高等級で、4.0等級以上のしわカット率は90%以上です。50%以上のしわカットで3.2等級以上の場合に「形態安定加工」と認められます。イージーケアの場合にはさらに等級が下がり、だいたい2.5級といわれています。

なお、注意していただきたいのはノンアイロンシャツの多くはホームクリーニングを念頭に置いているため、高温のプレス加工を施すクリーニングには不向きといわれています。クリーニングに出す可能性がある場合には、加工のないワイシャツを選びましょう。

おすすめの素材

そこでノンアイロンシャツの素材としておすすめしたいのが、帝人フロンティアの「ソロテックス」です。「ソロテックス」はバネのようならせん状の分子構造により、形態回復性に優れます。さらに天然繊維をも上回るほどの柔らかい素材なので、化学繊維のゴワつきが気になるという人にもオススメです。

まとめ:アイロンなしでもワイシャツをは着こなせる

  • ワイシャツはシワになりやすい
  • アイロン以外にもしわを伸ばす方法はある
  • 時短にはノンアイロンシャツがおすすめ

形態安定シャツや形態記憶シャツといった、しわになりにくい繊維を使用したノンアイロンシャツを選べば、しわの悩みを大幅に軽減することが可能です。しわのないワイシャツを着ていれば仕事もできる人!という印象を与えられます。気になる方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

関連記事

新着記事