Column

意外と見逃しがち?快適さを左右する登山用靴下の選び方とは

厚手の靴下

近年、登山専用の靴下、いわゆるトレッキングソックスというものが多数販売されています。しかし、靴下は日常用を持っているから、わざわざ買う必要はないと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、登山用靴下には、「登山用・ハイキング用ならではの機能とメリット」が、たくさん隠されているのです。

今回は登山用靴下を用意するべき理由や、そのメリット、選び方のポイントを解説します。

登山に行くときは日常用靴下じゃダメなの?

登山用の靴下と聞いたときに、多くの人は「いつもの靴下を使えばいいのでは?」と思われるかもしれません。しかし、一般生活で使う日常用靴下は、綿が多く含まれた製品がほとんどです。そのため、汗が乾きにくく蒸れやすいという特徴があります。運動したときや長時間歩いたとき、靴の中が蒸れてしまったという経験がある人は多いのではないででしょうか。それは、靴下の素材が原因の一つなのです。

こういった特徴は普段の生活では問題なく過ごせることがほとんどです。しかし、登山では足元の快適さが、登山中の歩きやすさに直結しています。足が蒸れてじっとりとしていると、その不快感が登山のパフォーマンスにも少なからず影響をもたらすでしょう。また、靴下自体の耐久性についても、ハードな動きがつきものの登山に向いているとはいえません。登山に行くときには、山登りに適した靴下を準備することをおすすめします。

登山用靴下がもたらすメリットとは?

登山用靴下は価格も高く、メリットが分からないと、なかなか手が出しづらいアイテムですよね。まずは、登山用靴下を履くことで得られるメリットを学んで、靴下への関心を高めましょう。

蒸れやすい靴の中を快適に保つ

登山用靴下には、吸汗性・速乾性が高い素材が使われています。そのため、足にかいた汗が蒸発しやすく靴の中の蒸れを抑えてくれるのです。特に夏場の登山では、汗で靴の中がじっとり湿って不快感を覚えることも少なくありません。そのような状況を防止して、快適な状態に保てるのが、登山用靴下の大きなメリットの一つです。

登山中の負荷から足裏を守る

登山は緩急や凹凸が激しい登山道を長時間歩くため、足の裏に普段よりも激しい負荷がかかります。足に疲労がたまると、全身の疲労が激しくなるだけではなく転倒のリスクが高まり、けがの危険も多くなります。

登山用靴下は足裏のクッション性が高いので、歩いているときの負荷から足裏を守ってくれる効果があります。長時間の登山で足に負荷を蓄積させないために、靴下のクッションで負荷を軽減しましょう。

足と靴の隙間を埋める

足と靴に隙間が多いと、歩いているうちに隙間部分が擦れて、靴ずれを起こしたり、マメをつくったりする原因となります。靴下の柔らかい生地は、足と靴の隙間を埋めて、フィット感を増す効果があります。宅配荷物の中に入っている緩衝材をイメージしてください。靴下が隙間を覆ってくれることで、靴との摩擦が減り、靴ずれやマメを防ぎやすくなるのです。

登山用靴下を選ぶ3つのポイント

それでは、実際に登山用靴下を選ぶ際には、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。初めて靴下を買うときには、以下の3点を参考に自分に合ったアイテムを選びましょう。

靴下の厚さは「中厚手」をベースに決めよう

登山用靴下には、薄手・中厚手・厚手といった厚みの種類がありますが、基本的には「中厚手」を選んでおけば問題ありません。薄手ではクッション性が低いため負荷を軽減しづらく、厚過ぎるとその分蒸れやすくなるからです。オールシーズン、中厚手を使用して、冬場など防寒が必要なときには厚手ソックスを取り入れるなど、季節に応じた使い分けをしましょう。

ウール&化繊が登山にはマスト

登山中に身につけるものには、吸汗速乾性を意識するのがマストですが、冷えやすい足先においては、ある程度の保温性も確保しておきたいところです。靴下の素材について、化繊素材だけだと保温性が失われてしまうので、ウールと化繊の混合ソックスを探してみましょう。この二つの混合素材なら、化繊素材の吸汗速乾性とウールの保温性、両方のいいところを取り入れることができます。化繊素材のみでできた乾きやすい靴下は、日帰り登山や春夏の暖かい時期の登山に使用しましょう。

ソックスのサイズはぴったり感が重要

靴下のサイズは普段でも悩むポイントですよね。サイズが大きいと、靴の中でしわが寄って靴ずれを起こす原因となります。ソックスのサイズ展開は基本的にS・M・Lといった表記で、それぞれのサイズには22~24cmという風に、数cmの幅が持たされています。登山時には、自分の足のサイズと、サイズ表記の最大値が近いものを選ぶようにしましょう。例えば足が24cmの人がS(22~24cm)とM(24~26cm)の2種類で迷った場合、選ぶべきなのはSサイズとなります。

まとめ:登山にぴったりなソックスを選ぼう

  • 登山用靴下は足を衝撃や蒸れから守る
  • 厚さや素材はシーンに合わせて選ぼう
  • ぴったりサイズを選ぶと靴ずれ防止になる

登山用靴下は、靴の中の快適さを保ち、登山の負担や靴ずれなどから足を守る、登山に欠かせないアイテムの一つです。今後も楽しい登山を続けていくのなら、ぜひ登山専用の靴下を用意して、より快適なアウトドアライフを実現しましょう。

関連記事

新着記事