Column

【旅行先で使える!】ファッションコーデとそのポイントをご紹介

旅行に備えてスーツケースに服を詰める女性

旅行で「どんな服を持っていけばいいのか」「どんな色がいいのか」と、コーディネートをどうするか迷ったことはありませんか?忙しくて荷造りができていない前日には、よくある風景ですよね。
特に海外では、日本ほど四季がはっきりしていないため、日本で着ていた服が滞在先の気候と合わず、現地用の服を持っていくことが多くなっています。

そこで今回は、旅行先で使えるファッションコーデの基本となる3つのポイントや旅行に便利なレディースコーデ、メンズコーデを一部ご紹介していきます。

【旅行先で使えるコーディネート】3つのポイント


ポイント1:合わせやすい色はコレ!

コーディネートのメインとなる服装にはベーシックカラーであるブラック、ホワイト、グレー、ネイビー、ベージュ、ブラウンの6色がオススメ。これらの色は互いに相性が良く、他の色とも合わせやすくなっています。この6色をベースに服を持っていくと、着回しやすく便利ですし、無地だとより合わせやすくなります。

逆に、派手で限定的な場所しか着られないような濃いピンク、イエロー、レッドなどのカラーをメインの服としてしまうと、他の服と合わせにくくなってしまうでしょう。

ポイント2:カラーは同色系でまとめてみる

赤と同系色になるのはピンクとオレンジ。ブルーの同系色はグリーンとパープル。このように同系色で服のカラーをまとめるとコーディネートがしやすくなります。逆に1つの同系色同素材だけにしてしまうと重い印象を与えてしまいますので注意しましょう。

ポイント3:ボトムスよりトップスを多めに持っていく

旅行でオシャレな服を楽しもうとすると荷物が増えてしまいがち。とはいえ、荷物を軽くするためにもなるべく余計な服は減らしたいですよね。そのため、ボトムスよりトップスを多めに持っていくことを念頭においてみましょう。

ボトムスは重くてかさばるため、種類や量を少な目にするのがオススメ。空いたスペースを使ってトップスを多めに持っていくと、オシャレに着回せます。さらに、ご紹介したようにボトムスは着回ししやすいカラーで、シンプルな柄やデザインのタイプを選んでおくと、着回しの際に、コーデが簡単になりますよ!

レディースコーデ時に便利でオススメな服はコレ!


オススメその1:ワンピース

シンプルなワンピースは一枚でコーディネート可能なため旅行で活躍してくれます。
また、ちょっと羽織るものを工夫することで全く違う印象になりますし、羽織るものを変えればその1枚でフォーマルな印象にもできるため、レストランでも活躍してくれる万能なアイテムでしょう。

オススメその2:カーディガン

薄手の長袖カーディガンは旅行で重宝する服の一つ。移動の際の車や電車で羽織るものとして活躍します。

色はベーシックカラーであるブラックやグレーなどが使いやすいです。カーディガンは肩掛けにしたり、腰巻にしたりと着回しのコーディネートが豊富なため、旅行には持っていきたいアイテムになるでしょう。

オススメその3:カットソー

カットソーはどんなボトムにも合わせられるアイテムとして活躍します。
コンパクトなため、持ち運びがしやすく、カラーは無地のホワイトをチョイスするとオシャレな着回しができます。

メンズコーデで迷ったらコレ!


カジュアルなジャケット

メンズのファッションコーデにはジャケットがあると、旅行でも重宝します。しかし、ジャケットは旅行に持っていくとしわになりやすくなります。そのため、しわになりにくいカジュアルなジャケットやトラベルジャケットを旅行で持っていくと、高級レストランやカジュアルな場面でも活躍するでしょう。

旅行や出張にはトラベルジャケット!その違いや選び方をご紹介
旅行や出張でジャケットを持ち込み、かさ張って不便な思いをしたことはありませんか?そこで便利なのがトラベルジャケット。持ち運びに特化した素材にもかかわらず、いつものジャケットと同じようにスタイリッシュに決めることができます。ここではそのジャケットの選び方やおススメのブランドをご紹介します。


スウェット

スウェットは就寝時や、外が肌寒いときに気軽に使えます。上下ともスウェットを着てしまうと、だらしなく見えるため、ジャケットと組み合わせて抜け感の演出ができるでしょう。スウェットはゆったりできているので、移動の際の飛行機や電車などでは便利に使えます。

ウィンドブレーカー

ウィンドブレーカーは水を弾く防水機能に優れていますので、雨の日でも有効に使えます。非常に軽いので移動の際にも負担になりにくくなっています。加えて、寒くなっても簡単に温度調整ができるため、旅行には持っていきたいアイテムでしょう。

まとめ:ファッションコーデの3つのポイントはコレ


  • 旅行のファッションのカラーはベーシックカラーを使用
  • 服は同色系でまとめる
  • トップスよりボトムスを多めに持っていく

一部ではありますが、ご紹介したコーディネートのコツは重要なポイントです。旅行の準備段階で持っていく服に悩んだり、コーディネートが決められなかったりする場合は、ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。
また、着回しを考慮した服を前日にまとめて選ぶのは難しいですよね。そのため、普段使いの服も徐々に意識するのもいいかもしれませんね。

関連記事

新着記事