Column

スーツの汚れ対策!状況別でわかる自宅でできる対処法を解説!

ネクタイを

働く人の多くが日常的に身に付けるスーツは、普通の洋服よりも汚れが気になりますよね。スーツは基本自宅で洗えないため、汚れがついてしまうとクリーニングを利用しなければならないので、出費が気になるという人も多いのではないでしょうか?

スーツに付いたちょっとした汚れは、自宅で落とすことができます。今回は、汚れの種類別に簡単に落とせる方法について解説します。

汚れの原因は水溶性?油溶性?

スーツのシミを落とすためには、汚れの原因を確認しましょう。水溶性、油溶性は、それぞれ汚れの落とし方が異なります。間違った方法で汚れを取ろうとすると、シミが広がったり落ちなくなったりする危険があるので、まずは焦らずに以下の確認方法で試してください。

原因のチェック方法

汚れの種類を判断するには、スーツのシミがついた部分に霧吹きで水をかけましょう。このとき、水分がシミの上に染み込んでいったら、そのシミの原因は水溶性です。反対に、水が染み込まず、弾かれるような小さな水滴になったら、シミの原因は油溶性ということになります。

水溶性の汚れを落とす対処法

汚れの原因がわかったら、次はそれを落とす方法です。水溶性の汚れを落とすときは、乾いたタオルや綿棒が必要です。詳しい方法を汚れの種類別にチェックしましょう。

調味料汚れの場合

日常生活で最も多い汚れの原因は、「調味料汚れ」ではないでしょうか。しょうゆのような調味料を、はねたりこぼしてしまったりといった経験は多くの人が持っているでしょう。

調味料で汚れてしまった場合、まず汚れの下に乾いたタオルを敷きます。その後、水を固く絞った布で汚れを叩くようにして、繊維から汚れを追い出していきましょう。汚れの面積が小さい場合は、水に浸した綿棒で叩いてください。こうすることで、水分に解けた汚れは、叩かれた衝撃で下の乾いたタオルに移動していきます。何度かやってもシミが残った場合には、水に洗濯洗剤を溶かしたものを用意して同じように叩きましょう。

洗濯洗剤を使った後は、きれいな水でもう一度叩いて洗剤もしっかりと落としてください。洗剤の成分が残っていると、黄ばみの原因となってしまいます。

果汁の場合

汚れの原因が果汁であった場合でも、調味料の汚れのときと基本的なやり方は一緒です。乾いた布を汚れの下に敷いて、上から絞った布で叩いて汚れを追い出しましょう。ちなみに、赤ワイン等も果汁でできているので、この方法が効果的です。

水だけではシミが落ちない場合は、消毒用アルコールで叩いてみましょう。消毒用アルコールは、薬局などで売っている手を除菌するタイプのもので構いません。

油溶性の汚れを落とす対処方法

続いて、油溶性の汚れを落とす方法です。油溶性の汚れは種類によって落とし方が異なるので、何で汚れたかを確認し、適した対処方法を行ってください。

ペンでついた汚れの場合

仕事をしている上でよくある汚れが、ペンでスーツに線を描いてしまうようなもの。汚れが定着しないうちに対処しましょう。

油性のマジックやボールペンでついてしまった汚れの場合、水溶性の汚れと同様に汚れの下にタオルを敷いて、薄めた洗濯洗剤で叩くように落としていきます。何度か繰り返していくと、徐々に汚れが薄くなっていくはずです。汚れが落ちたらきれいな水で叩くようにして、洗剤成分を取り除いてください。

口紅汚れの場合

口紅の汚れは、女性だけではなく男性も付いてしまうことがあります。例えば満員電車の中で女性が横にいた時。唇にぶつかってしまうと自分でも気付かないうちに上着に汚れが付着している可能性があるのです。

スーツに口紅がついてしまった場合、水分を含ませた布などでたたくと余計に色が繊維に染み込んでしまいます。口紅の汚れの場合は、アルコールやベンジンなどを利用してください。使い方は他と同様に、下に乾いた布を敷いてこれらの薬剤を叩くようにして染み込ませていきます。アルコールやベンジンは薬局などで購入できるので、いざと言う時のために自宅に用意しておくのがおすすめです。

スーツの汚れは早めの対処が重要!

  • 汚れが水を吸い込むか弾くかで汚れの種類が判断できる。
  • 水溶性の汚れには水分で叩く方法が効果的。
  • 油溶性の汚れは、汚れの種類によってアルコールやベンジンを利用する

また、スーツの汚れを落としやすくするには、汚れがついたときの応急処置も非常に重要です。まずその汚れをティッシュなどでつまんで取り除き、水で叩くようにしてある程度汚れを取ってシミを防ぐことが重要です。

応急処置を行うか行わないかでその後の汚れの落ち方が大きく変わってくるので、早めの対処を心がけましょう。

関連記事

新着記事