Column

旅行や出張でスーツを着ていく?持ち運ぶ?たたみ方と収納方法を解説

旅行を兼ねた出張に行くビジネスマン

「出張のついでにどこか観光して、旅行気分でも味わっていこうかな」「海外出張のついでにいろいろ観光していきたいな」と、出張終わりでどこかに旅行気分で立ち寄ったことはありませんか?そんな折、「しわになるのが困る」「かさばって持ち運ぶのに不便だ」と、いろいろな面倒を考えて、そのままスーツを着ていってしまう方も多いかもしれません。

実はこのスーツ、ちょっとした畳み方や収納の工夫で、しわになりづらくしてカバンに収納できるのをご存じでしょうか。今回は、その畳み方や収納方法についてくわしくご紹介していきます。

出張や旅行でスーツを着ていく?それとも持ち運ぶ?

出張や旅行時に着るスーツは、そのまま着ていく場合とバッグや専用のケースで持ち運ぶ場合の2通りに分けられます。とはいえこれらの持ち運び方は、それぞれメリットとデメリットが考えられます。
まずは、その点について見ていきましょう。

スーツを着ていく場合のメリット・デメリット

スーツを着ていく最大のメリットは、何といってもその手軽さ。バッグやスーツケースの中身を減らし、目的地や宿泊所に着いたあとでも着替えに時間を割く必要がありません。帰るときにも、収納の手間をはぶけます。一方で、移動中にスーツ姿でいなければならないというデメリットがあります。

カジュアルな服装と比べてリラックスはできませんし、特に夏場などは暑さが大敵です。自分自身の疲労もさることながら、スーツにもしわやよれ、汗がしみこむといった心配も出てきます。

スーツを持ち運ぶ場合のメリット・デメリット

スーツを持ち運ぶメリットは、精神的に気軽な旅行や出張が実現できること。
移動中はラフな格好で過ごし、オンとオフをはっきり分けることがオススメ。仕事にも集中できますし、何よりパリッとしたスーツを着こなせば、相手にも好印象をあたえられます

一方、デメリットは荷物としてスペースを取ること。気をつけておかないと、運ぶ最中にしわができてしまいます。また着替えるための時間や場所は、つねに頭に入れておかなければいけません。

旅行中にできるスーツのたたみ方

スーツを持ち運ぶときにもっとも重要なポイントとなる畳み方。どのように畳むかで、どれだけしわになりにくいか決まってきます。こちらではジャケットとパンツに分け、その他の衣類を使った畳み方などをご紹介します。

ジャケットのたたみ方

ジャケットにしわがつかないようにするには、折らずに丸めるのが効果的です。
  1. まず、ジャケットの一方の袖を肩まで裏返します。
  2. 裏返した袖のなかへ、もう一方の袖を表向きのまま通します
  3. 襟を立ててまっすぐ伸ばし、前身頃の端をきれいに重ね合わせます。
  4. ここで、型崩れを防ぐクッションとして、Tシャツや下着、フェイスタオルなどを用意してください。それを、肩パッドの中に入れます。
  5. 同じぐらいの大きさのクッションを肩の上に置き、それを芯にしてくるくるとシワを伸ばしながら巻いていきます。袖は、脇のラインに合わせて内側に折り込んでください。

パンツのたたみ方

パンツもジャケットと同じように、クッションを使ってたたみます。
  1. パンツを前後のセンターラインでそろえ、横向きに寝かせます。
  2. その上から、全体にかぶせるようにシャツなどをクッションとして置きます。だいたい、3枚程度は重ねてください。
  3. そのまま、縦に3回ほどに分けて畳んでいきます。

クッションを使わないたたみ方

クッションにするものがない場合は、次のようにたたむとしわがつきにくくなります。
  1. ジャケットの背中側を上にして、広げます。
  2. 肩の部分から襟の端まで、袖を内側に折り込みます。
  3. 次に、パンツを前後のセンターラインでそろえて横向きに寝かせます。
  4. パンツを縦に3回程度に折りたたみ、それを先ほどのジャケットの上部にそろえて重ねます。
  5. ジャケットでパンツを包むように、裾から二つ折りにします。

これで解決!スーツケースや専用ケースを使った収納方法

いくらきれいに畳んだといっても、収納方法によってはしわができてしまう可能性があります。
そうならないためにも、ご紹介するケースを使ったシワ防止のための収納方法を見ていきましょう。

スーツケース

折りたたんだジャケットとパンツは、そのまま形が崩れないように収納袋や大きめの衣類、タオルなどで包みます。

スーツケースには重い荷物を下にして、スーツ類を上のほうに収納します。このとき、しわができたりよれたりしないように、荷物と荷物の間に挟んで動かないようにしましょう。
あまり強く包んだり、荷物を詰め込んだりしても、しわの原因になるので注意してください。スーツケースはあらかじめ、荷物の量にあったサイズを選びましょう。

また、機内持ち込み時に荷物を出し入れする場合は、外ポケットのあるソフトケースがおすすめ。最近では、ソフトタイプ以外のハードケースでもポケットがついている商品もあります。

ほかにも、丈夫なフレームタイプや軽いジッパータイプ、動きにくいキャスターストッパー機能付きや防犯用のワイヤー式ロック搭載など、さまざまな種類があります。用途に合わせて、機能性の高いものを選びましょう。宿泊先に着いたら、スーツはすぐにケースから出してハンガーにかけてください。

ガーメントケース

ガーメントケースは、スーツをハンガーにかけた状態のまま持ち運ぶことができるケースです。

1着ならコンパクトにまとめられますし、長期の出張などでは2着以上収納できるものもあります。
手提げ、ショルダー、リュックなどタイプもさまざま。スーツケースのキャリーバーに固定できるものや、円筒形で革靴まで収納できるタイプもあります。

ただし、機内持ち込み荷物のサイズは航空会社によって決められているので注意してください。基本的に、ケースに機内持ち込み対応サイズと記載されていれば問題はありません。

まとめ:スーツの収納は仕事の成功の第一歩

  • スーツを持ち運ぶ際のデメリットは収納
  • しわになりにくいたたみ方で工夫する
  • 収納の仕方でもしわを防ぐことができる
スーツを着ていくか、それとも持ち運ぶのか。どちらにも、それぞれメリットとデメリットがあります。出張先でどのように過ごし、仕事をするのか。どのタイミングで人と会うのか。また、荷物の量はどれぐらいか。総合的に考えて、ベストな方法を選択しましょう。スーツはビジネスマンにとって命ともいえる大切なものです。紹介した収納方法などを、ぜひうまく活用してみてください。

関連記事

新着記事