Column

旅行にはロングスカートがオススメ!?その理由とメリットを解説します

ロングスカートで旅行にきた女性

シルエットがきれいに見えたり、上品な印象になったりするロングスカート。国内・海外旅行の際でも写真映えするおしゃれコーデアイテムの一つではあるものの、「どのように畳んで持っていくべきなの?」「ロングスカートにはどんなメリットがあるの?」といったお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな方達のお悩みを解決するため、ロングスカートのメリット、シワになりにくいスカートの畳み方、おすすめのスカートについて、分かりやすく詳しく解説していきます。

なぜ旅行にロングスカートがオススメなのか?

旅行は移動が多くなるケースもあるため、少しでも快適に過ごせる服を着て行きたいですよね。でも、あまり楽な服装を意識しすぎると、だらしなさが出ていないかが心配になってしまうことも……。そんなときに活躍するのが、ロングスカートです。

ロングスカートが旅行に向いている理由

ロングスカートは、ウエストがゴムになっているタイプが多く、脚全体への締め付けも少ないため飛行機内でも腰回りから足先にかけてストレスフリーに。素材や柄も豊富なバリエーションがあるので、“キレイ”や“かわいい”も演出することが可能です。

さらに、シワになりにくい素材の物を選べば、くるくると巻いてコンパクト収納ができ、荷物量をセーブすることにも繋がります。旅服の必須条件である「楽に過ごせる」「動きやすい」「おしゃれ」「かさばらない」の四拍子そろったロングスカートは、旅行向きの服といえるかもしれません。

エアポートトスタイル×ロングスカートで”こなれ感”が演出可能に

エアポートスタイルでおすすめなのが、ジャージー素材のロングスカートやロングワンピースです。ジャージー素材であれば、伸縮性があり、しわになりにくく、なめらかな質感で光沢があるのが特徴です。生地が柔らかいので着心地も良く、体にきれいにフィットしてシルエットも美しくなるので、楽だけど女性らしさも演出したいときには、ピッタリのアイテムです。こなれ感をアピールしたいときには、カラーをグレーにするのがおすすめです。

タウンユースなら派手すぎないデザインが大活躍

カジュアルさを抑えたデザインのロングスカートなら、空港からリゾート地や市街地へ直行しても、違和感はほとんどありません。履物を変えるだけでも印象はガラリと変わります。トップスがシンプルでも、スカートの色や柄がはっきりしたデザインの物であれば、写真映えもバッチリなので、ロングスカートはさまざまなシーンで大活躍するファッションアイテムです。

しわになりにくいロングスカートのたたみ方

布の面積が多いこともあり、バッグのスペースを多くとってしまいそうなロングスカート。しっかりとしたたたみ方であれば、そこまで余分にスペースを取ることもなく、たたみ方によってはしわを抑えてコンパクトにすることもできるのです。こちらでは素材に合わせたスカートのたたみ方について、ご紹介していきます。

しわになりにくい素材のスカートの畳み方

  • 縦半分に折る
    …シワを伸ばして広げたら、真ん中を軸にして半分に折ります。
  • 広がった裾を整える
    …広がった裾の部分を折って、全体を長方形に整えます。
  • 収納場所の大きさに合わせて、数回折りたためば完成です。
    …折りたたまずに、端からクルクル丸めて円柱形にしてもOKです。

シワになりやすい素材のスカートの畳み方

  • 縦半分に折る
    …シワを伸ばして広げたら、真ん中を軸にして半分に折ります。
  • 広がった裾を整える
    …広がった裾の部分を折って、全体を長方形に整えます。
  • タオルを乗せる
    …スカートの幅と同じサイズのタオルを上に置きます。
  • 収納場所に合わせてコンパクトに
    …収納場所の大きさに合わせて、数回優しく折りたためば完成です。

まとめ:旅行用のロングスカートはコーデも利便性も!


  • 飛行機内でも快適に過ごせる
  • 写真映えがバッチリ
  • 荷物量をセーブできる
ロングスカートは、素材や柄、履物によって印象がガラリと変わるので、ラク&おしゃれを実現できる優秀な旅コーデアイテムです。畳み方を工夫すればシワなくコンパクトになるので、荷物量もセーブでき、まさに一石三鳥ですね。服選びは、旅行のテンションを上げるための、重要なイベントです。最高のアイテムを見つけて、思いっきり旅行を楽しんでくださいね。

関連記事

新着記事