Column

旅行の荷造りは計画性が大切!準備に関する3つの原則とコツをご紹介

旅行前日の荷造りに失敗したスーツケース達

旅行に行く前の大切な準備が荷造り。海外・国内問わず、旅行のための荷造りではあれこれ詰め込むのではなく、計画性が大切です。お土産用にどれくらいスペースを空けておくべきか、行きだけではなく、帰りのことも考えておく必要があります。今回は、荷造りの3つの原則とコツについて、詳しくご説明していきます。

荷造りの3大原則

荷造りには3大原則があります。
苦手という方は、ご紹介する3つの原則を意識しながら荷造りすると、バッグやスーツケースの中が整理でき、無駄なスペースを少なくできるでしょう。

原則その1:帰りのことも考えて!荷造りには余裕が大切

旅行の内容にもよりますが、旅行先でお土産や気に入ったものを購入する可能性は高いですよね。荷造りの段階でバッグを一杯にしてしまうと、旅行先で買ったものを入れるスペースがなくなってしまい、手荷物が増える原因になります。荷造りはバッグの半分程度を目安に余裕を持っておきましょう。

原則その2:かさばらない服装でコーディネートを!

旅行の荷物の中で大部分を占めるのが衣類です。いくら容量が多くなるとはいえ、旅行中でもオシャレは諦めたくないもの。そんな場合は、シャツやチュニック、ワンピースなどのかさばらない服や着回し可能なコーディネートを心がけましょう。

原則その3:たたみ方を工夫して、無駄なく収納!

かさばらない服を選んでいても、畳み方次第で容量が随分違ってきます。かさばらない方法としては棒状に丸めたり、広げたままの衣類を重ねてはみ出した部分を畳んで入れていくミルフィーユ方式があります。例えば、ボトムスは棒状収納、トップスなどはミルフィーユ方式というように、組み合わせて収納すると無駄なく荷造りできます。

旅行中にできる服のしわはたたみ方次第!?収納方法から予防方法まで解説!
海外や国内旅行のとき、スーツケースに入れた服が「しわ」だらけになってしまった経験はありませんか?実は、たたみ方や収納方法が重要なのです。今回はしわを防ぐ収納方法や旅行先でしわを伸ばす方法、しわになりにくい服の素材などをご紹介します。ご紹介する方法で、「しわ」に悩まない旅行を実現しましょう。


旅行で使える服の圧縮袋の選び方とは?使い方と注意点を解説
旅行の荷造りで頭を悩ませる衣類選び。あれもこれもと選んでいると、あっというまにバッグやスーツケースがパンパンになってしまいますよね。中には無理やり押し込んだあげく、荷物が入らなくなってしまったり、お土産の荷物を入れるスペースがなくなってしまったりという方もいらっしゃるのではないでしょうか。どうしても外せない荷物がある場合は、最後には衣類をあきらめるしかありません。でも、本音はせっかくの旅行だからおしゃれコーデをたっぷり楽しみたい……。そこでおすすめしたいのが、衣類用の圧縮袋。今回は、その選び方や注意点についてくわしく解説していきます。

上手な荷造りのコツ

荷造りの3大原則を知っていただいたところで、さらに上手な荷造りのコツについてご紹介していきます。すぐにでも実践できることばかりなので、是非参考にしてみてください。

持ち物リストを作成する

まず、一つ目のコツが持ち物リストを作成することです。一見面倒な作業のように見えますが、リスト化することで忘れ物の心配もなくなるのでおすすめです。リストを作成する際は、カテゴリ別にしておくとさらに分かりやすくなります。例えば、
  1. お金/証明書類
  2. 電子機器
  3. 洋服類
  4. 洗面用具
  5. 乗り物/あったら便利系
など旅の行程に合わせてカテゴリを作ってみましょう。

滞在先の環境に合わせてコーディネートを考える

二つ目のコツが、滞在先の環境に合わせてコーディネートを考えることです。旅行先でコーディネートを考えようとすると、どうしても持っていく衣類が多くなってしまいます。事前にコーディネートを考えて荷造りすることで、余計な荷物を減らせます。また、コーディネートを組む場合、着回しできるアイテムを利用するのもオススメです。

たとえ同じトップスでも、シャツをワンピースの上に着るかのように、重ね着の仕方を工夫すれば違ったコーディネートにすることも可能です。是非着回せるアイテムでコーディネートをいくつか考えてみてください。

コンパクトにできるものはコンパクトにする

三つ目のコツが、コンパクトにできるものはコンパクトにするということです。女性ならほとんどの人が旅行に持っていく化粧品。ボトルのまま持って行くには、大きすぎますよね。

そんなときは、必要な分だけを小分けにしてコンパクトにしましょう。例えば旅行用のサンプルセットや、小さい容器に入れ替えるのもいいでしょう。

ストローを使って使い捨て式に!

小分けする場合、ヘアアイロンとストローを使ったストローパッキングというパッキング術があります。
ストローを適当な長さに切り、ストローが溶けすぎないように切り口の一方にキッチンペーパーを当ててから、ヘアアイロンなどで挟んで熱を加えてくっつけます。ストロー容器の中に化粧水などを1回分入れて、少し余白を残し、もう一方の口も同じ方法で閉じれば完成です。

コンパクトにできるだけでなく、使ったら旅行先で捨てられるため、帰りの荷物が少し減らせるところもメリットのひとつですね。

まとめ:3大原則とコツを押さえれば、荷造りでも悩まない!

  • 3大原則を意識して荷造りしてみよう!
  • かさばらない服を着回すのがコーディネートのカギ!
  • 持ち物リストはカテゴリ別がおすすめ
荷造りの最大のポイントは余裕を作ることです。そのための3原則やコツを上手に取り入れながら荷造りすることで、旅行先でもオシャレや買い物を思い切り楽しむことができますよ。

関連記事

新着記事