Column

旅行にハンガーは持っていける!選び方から代用品までご紹介!

旅行の滞在先にあったハンガー

旅行や出張にハンガーを持参したことはありますか?「滞在先にハンガーがあるから」「たたんでおけば整理できるし、そこまでしわにならないかな」というように、あまり持参するケースはないかもしれません。しかし、滞在先のホテルにハンガーがなくて結局椅子の背もたれにかけてしまったり、カバンやスーツケースに入れっぱなしにしたり……なんていうことも。そうすると折りしわが付いてしまったり、散らかったりしてしまいますよね。

そこで今回は旅行に便利なハンガーの選び方や滞在先で衣類を干すコツ、ハンガーがなかった場合の代用品について、さらにハンガーを持っていくメリットなどもご紹介していきます。

旅行にハンガーを持っていくメリット

旅行にハンガーを持っていくメリットについてご説明していきましょう。
ハンガーを持っていくと、旅行中に気持ちよく過ごせるようになるメリットがたくさんあります。

メリットその1:洋服をキレイに保てる

まず一つ目のメリットは、洋服をキレイに保てるということです。そのまま重ねて置いたり、たたんだりするよりも、ハンガーにかけておいた方がしわになりにくく、キレイに保管できるでしょう。

メリットその2:滞在先で整理整頓できる

ハンガーがあれば、滞在先での衣類の整理が楽になります。たたみにくい衣類の場合も、ハンガーにかけて吊るしておけば次の日もしわにならずに済みます。また、滞在先が衣類で散らかるということも防げるでしょう。

メリットその3:洗濯した場合にも対応可

長期の旅行の場合や思わぬハプニングなどで衣類が汚れてしまった場合、旅行先で衣類を洗濯することがあるかも知れません。そんなときにも、ハンガーを持っていれば干す場所に困りません。

ハンガーの選び方

では、旅行に持っていくハンガーはどんなものがいいのでしょうか。ハンガーと聞くと、簡易的な針金が使用されたタイプを想像する方が多いかも知れませんが、それでは満たせないポイントがあります。旅行中に持っていくハンガーの選び方をみていきましょう。

コンパクトさはとても大切!

旅行中、できるだけ荷物を少なくしたいという方は多いですよね。ハンガーを選ぶときは、バッグやキャリーケースに入るという意味でも、コンパクトさはとても大切になってきます。最近では折りたたみ式のハンガーや、肩の部分をスライドして長さを調節できるハンガーなど、旅行用にも便利なコンパクトハンガーがいくつもあります。旅行中には、そのようなコンパクトハンガーを利用するのがオススメです。

フック部分が360度回る

フック部分が360度回るタイプのハンガーを選ぶと、ハンガーを吊るす場所に迷うことが少なくなります。例えば、椅子の背もたれにかけることもできますし、キャリーケースの持ち手を伸ばしてかけておくこともできます。ハンガーを吊るす場所がなくても、工夫次第でどこにでも吊るすことができるのでオススメです。

クリップ付きがあると尚よし

ハンガーがクリップ付きだとさらに便利です。ボトムスを挟んで保管できるのはもちろんですが、ハンカチやタオル、靴下などを干したいときにも重宝します。クリップ付きがない場合、荷物に余裕があれば洗濯ばさみを持っておくと、クリップ付きハンガーと同じように使えて便利かも知れません。

ハンガーがない場合

いくら便利だからとはいえ、荷物の都合でハンガーを持っていけない場合もあるでしょう。ハンガーがない場合はどうすればいいのでしょうか。そんなとき、ハンガーがなくても、ちょっとしたもので代用が可能です。

活用の幅が広いフリーウェーブコード

とにかく旅行に持っていくと何かと使えるのがフリーウェーブコード。金属が中に入っているため、いろいろな形が作れます。もちろんハンガーの形にだってできますし、サイズの調節も簡単にできます。100均にも売られているので、手軽に購入できるのもポイントです。

マスキングテープでも可能に!

マスキングテープを使って衣類を壁や窓際に貼り付ける方法もあります。
Tシャツのような軽めの衣類なら、マスキングテープでも十分貼ることができるでしょう。

物干しハンガーロープ

物干しハンガーロープや洗濯ロープは両端を結ぶことができれば、どこでも使うことのできる便利なロープです。使わないときは小さく巻いて収納できるため、キャンプのときの洗濯物を干す道具としてもよく使われています。防災グッズとしても人気です。

No23 キャンプ中の洗濯用ロープはどう選ぶ?選び方から結び方までご紹介!
キャンピングカーで移動するオートキャンプや、テントをはじめ道具も不要でホテル並みのサービスが受けられる「グランピング」など、グッと身近になった現代のキャンプスタイル。そんなキャンプスタイルが徐々に浸透している中、見直されつつあるのが、キャンプ中の衣服の洗濯のしかたです。アウトドアではあっても、汗や汚れを落として快適に過ごしたいところですが、多くのガイド本はテントの張り方やアウトドアクッキングの話が中心で、洗濯についての情報は意外と少ないものです。そこで今回は、アウトドアでの洗濯の必須アイテム、ロープについて解説しましょう。

まとめ:ハンガーを使って旅行先でも快適に衣類を保管!

  • ハンガーがあれば整理が可能になるうえ、しわになりにくい!
  • 旅行向きのハンガーはコンパクトさが重要!
  • ハンガーとして代用品のロープやフリーコードでもOK!

ハンガーは滞在先に用意されている場合もありますが、備え付けのハンガーに抵抗があるといった方は、愛用のハンガーを持参することをおすすめします。

もし、服がしわにならないようにという目的であれば、ハンガーを持っていくのではなく、しわになりづらい「ソロテックス」使用の服を持っていくのはいかがでしょうか。

関連記事

新着記事