Column

【旅行が楽になる便利アイテム】4カテゴリー計17品をご紹介!

地図を見て予定をたてる女性

海外旅行へ出かけて気が付くのは、国内では当たり前に使っているものや、コンビニエンスストアに立ち寄ればすぐに手に入る便利なものが、海外では入手しづらいということです。また、長距離かつ泊数の多い旅行では、移動を快適にするアイテムや、途中で荷物が増えた場合の備えがあると安心です。そこで今回は、旅行中に役に立つ便利なグッズや持ち物リストをご紹介します。

バッグ編

旅行をしていると想定外の買い物やお土産などの持ち物が増えすぎるということはよくありますよね。そこでキャリーケースやメインのバッグ以外にも、予備バッグや入れ物があると、もしもの時に安心です。

エコバッグ

海外ではビニールバッグが有料のお店も多いので、持ち歩くといいでしょう。さらに、空港で預け入れ荷物が重量オーバーになってしまった際に、手荷物を作るのにも使えます。

キャリーオンバッグ

キャリーケースに一体化させられるキャリーオンバッグなら荷物が楽に運べますし、バッグがキャリーケースから滑り落ちるイライラからも解放されます。

風呂敷

荷造りの際の衣装ケース代わりに使え、結べばエコバックにもなります。さらに、スカーフの代わりのひざ掛けや雨の日にバッグにかけてレインカバーにもなる風呂敷(防水性生地の場合のみ)は、1枚忍ばせておくと重宝しますよ。

日用品編

国内ではありふれた日用品だと思っていたものが、海外ではどんなに探しても見つからないことがあります。また、移動の疲れを最小限に抑えてくれる便利アイテムは必携ですよ。

ポケットティッシュ

日本で一般的なソフトタッチのポケットティッシュは、海外ではなかなか手に入りません。国内のように街頭でティッシュを配っていることもないので、持参をお勧めします。

ウェットティッシュ

海外のレストランでは、おしぼりが出されない場合がほとんど。ウェットティッシュがあれば、食べ物をこぼしてしまった場合もその場で拭きとれるので安心です。

マスク

体調を崩した場合だけでなく、飛行機の移動中や宿泊施設の乾燥した空気から喉を守るのにも役立ちます。ただし、マスクをかけるのが習慣化していない国も多いので、怪しい人と思われないように街中での着用には注意が必要です。

耳栓、アイマスク、ネックピロー

移動の睡眠を快適にする3種の神器ともいえるでしょう。ネックピローは、空気を入れて膨らませるタイプがかさばらないのでお勧めです。

衣類周り編

衣類周りは荷物がかさばりがち。便利道具を使って衣類のかさを減らしたり、携帯型の洗濯用アイテムを上手に取り入れたりしてみましょう。

ランドリーネット

衣類の分別はランドリーネットを活用しましょう。着用後すぐにランドリーネットに入れておけば、そのまま洗濯機へ投入できるので、手間が省けます。

携帯用物干し(洗濯ロープ)

下着や洗濯後の濡れたタオルを干しておける携帯用物干しは、持参しておくと便利です。100円均一ショップで販売している小型ピンチハンガーでも十分でしょう。

衣類圧縮袋

ウールのセーターはかさばるため、圧縮するのがおすすめ。帰国の際に、「お土産で荷物が増えてスーツケースに収まらない!」となった場合も、衣類を圧縮すればスペースの確保が可能です。

携帯ハンガー

移動の乗り物の中で、しわにしたくない洋服をかけておけるので便利です。ハンガーを持っていかない場合は、しわになりにくい衣服を持っていくといいでしょう。

携帯スリッパ(ビーチサンダル)

宿泊施設にスリッパが用意されていない可能性もあるので1足あると安心です。また、長時間の移動中に履き替えて、足元の窮屈さを軽減するのにも役立ちます。ビーチサンダルの場合は、シャワー後にそのまま履けるという利点があります。

電化製品編

電化製品類で便利なアイテムを紹介しますが、ホテルの電源周りは差込口の形状や電圧が国内仕様とは異なります。コンセントの変換プラグはもちろんのこと、現地で利用できる電圧をあらかじめ調べておくといいかもしれません。

コンセントタップ

スマートフォンの充電やドライヤーなど複数の電化製品を同時に利用する場合、コンセントタップが1つだと差し替えが必要です。変換プラグの先に複数差込口のあるタップがあると便利ですよ。

モバイルバッテリー

海外旅行では写真を撮影したり、地図を調べたり、スマートフォンやWi-Fiの出番が多くなります。外出先でも充電できる充電器やモバイルバッテリーを用意しておくと、充電が足りず帰り道が調べられないことにならずに済みます。

スマホ防水ケース

ビーチリゾートや宿泊施設のプールを利用する予定がある場合は、スマートフォンの防水ケースがオススメです。海外では水没しても、簡単に機器の交換依頼ができません。ケースに入れてあれば、安心して水辺にスマホを持ち込めるでしょう。

まとめ:旅行に持っていくべき便利なアイテムを選ぶポイント!


  • 種類の違うバックで収納を工夫しよう
  • 移動や休息時間を快適に過ごすために、マスクやウェットティッシュは必需品!
  • 現地では手に入りにくいアイテムは忘れずに!

旅行を便利にするアイテム17品をご紹介しましたが、心配のあまり詰め込み過ぎるのはいけません。特に飛行機移動をともなう旅行の場合は、重量制限が厳しくなっています。ご紹介したポイントを参考にしながら、自分にとっての必需品を絞り込んで、荷物はできるだけ小さくまとめられるといいですね。

関連記事

新着記事