Column

ポリエステル素材の服を洗濯したらしわだらけに!原因から対処法まで

ポリエステルの服を洗濯して、アイロンでシワを伸ばす女性

衣服に使用される合成繊維として90%のシェアを占めるポリエステルは、耐久性に加え、軽量で乾きやすいという利点を持つポピュラーな繊維素材。フォーマルウェアにカジュアルウェア、シャツにブラウス、スポーツウェアなど用途を選ばず、着心地もグンと向上して、インナーなどの肌に着けるアイテムでの採用も増えています。しかし、扱い方を間違えると、しわがクッキリ寄ってしまうという性質も。出かける前にしわに気づいて大慌て、などということにならないようにしたいですよね。
今回は、ポリエステル繊維の服にしわができる原因から、家庭でできるメンテナンスの仕方までを紹介します。

ポリエステル素材の洋服にしわがつく原因やタイミングは?

ポリエステルやナイロンなどの合成繊維は本来、綿や麻などの天然繊維に比べてしわになりにくい性質があるのですが、それでもしわができてしまう原因の多くは洗濯方法にあるのです。

洗濯後に放置して”しわのクセ”がついてしまった

洗濯が終わった後に、洗濯槽やカゴなどの中にほったらかしにしてしまうと、さすがのポリエステルもしわだらけになってしまいます。においの原因にもなるので、放置は厳禁です。洗濯で脱水が終わったら、軽くしわを伸ばすようにして干すときれいに仕上がり、薄手のものならアイロンをかけなくてもそのままキレイに着られます。

熱いお湯で洗濯してしまった

熱に耐久性があるイメージのポリエステルですが、あくまでも他の合成繊維と比較した場合です。高温によって繊維が縮み、頑固なしわになってしまうケースがあります。そのため、洗濯や殺菌のために熱湯を使用するのはオススメできません。

同じ理由で、高温になるタンブラー式の乾燥機などに長時間入れるのもNGです。とはいえ、汚れやすいポリエステルの衣服、特に襟や袖口などの黒ずみはしっかり落としたいですよね。お湯を使って洗濯する場合は、30度くらいのぬるま湯で洗いましょう。洗剤が素材の隅々までいきわたり、汚れが落ちやすくなります。天日で干すのがベストですが、速乾性が高い性質を生かして、手で生地を伸ばしてから干せば、室内干しでもしわが寄ることはありません。

ポリエステル素材の洋服のしわを取る方法

ポリエステル素材の服にアイロンをかけてしわを伸ばすには、温度を中温以下に設定し、薄手のものには当て布をしながら素早くアイロンをかけていくのがコツです。しわが取れにくい場合は一度ぬらしてから、また乾かします。霧吹きなどで表面がしっとりするまで水分を含ませ、風通しのいい場所で一晩干してみましょう。

もし1カ所だけ大きいしわができていたら、ぬらして繊維を伸ばし、さらに手でたたいて、ドライヤーや扇風機で風を送って乾かしてください。
これで駄目ならもう一度洗濯しましょう。ちょっと面倒に思えますが大体のしわを解消できます。

ポリエステルの衣類にしわを作らないためには

しわの予防としては

  1. 柔軟剤を使う
  2. 畳んでネットに入れる
  3. 脱水の時間を短めにする

といった方法があります。
柔軟剤は繊維に染み込んで生地を柔らかくするので、しわが寄りにくくなります。シャツやブラウスを洗濯ネットに入れて洗う場合は、きちんと畳んでから入れるようにしましょう。コンパクトに畳むことで洗濯機の水流を十分に受け、汚れがより落ちやすくなります。丸まったままだと他の洗濯物に押し付けられ、水流が悪くなってしまうことがあります。

脱水の時間を短めにするのは、脱水で衣類に強い力がかかり、しわの原因になってしまうのを防ぐためです。
ポリエステル素材の衣類は、速乾性が備わっているタイプが多いため、脱水は30秒ほどで十分。仕上がりに差が出るのは、このようなちょっとした一手間です。しわ対策で悩みたくない方は、「ソロテックス」使いの製品がオススメです。ソフトさ、形態回復、ストレッチ性、クッション性といった特長を持っており、しわになりにくいのも魅力です。服のしわで悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

新着記事