Column

ポリエステルの洗い方!事前に知っておきたいポイントをご紹介

洗濯機を回す

ポリエステルは洗濯がしやすい素材ですが、洗い方について注意すべきポイントもあります。「せっかく洗ったのに黒ずんでしまった」「しわになりにくいはずなのに洗濯後しわだらけになっていた」なんて経験はありませんか?

ポリエステルは、扱い方さえ間違えなければ長く着用できてコストパフォーマンスにも優れた素材です。洗い方や干し方はもちろんのこと、素材の特徴や洗う前の確認事項など、正しい取り扱いに必要な知識をおさらいしておきましょう!

ポリエステルの特徴

身の回りの衣類を確認すると、ポリエステルを使用しているものがたくさんありますよね。それは、ポリエステルがとても扱いやすい素材だからです。まずは、ポリエステルの特徴についてご紹介します。

シワになりにくい

ポリエステルはしわになりにくい素材で、アイロンいらずの形態安定加工された製品にも混紡されることが多いです。ただし高温では繊維が変性をはじめてしわになってしまうので、乾燥機やアイロンを直接当てることは避けましょう。
詳しくはこちらを参考にしてください

ポリエステルに熱湯は危険な組み合わせ?!取り扱い方法を解説
耐久性が高く、速乾性もある石油系合成繊維のポリエステルは、さまざまな衣類に使われています。取り扱いが簡単な繊維ですが、通常の洗濯では臭い残りが気になる方も多いのではないでしょうか?熱湯で洗えば滅菌して臭いも軽減するのでは?と考える方もいるかもしれませんが、ポリエステルと熱湯は相性が悪く、収縮してしわになってしまいます。今回は、その理由とポリエステルの取り扱い方法を解説します。


耐久性が高い

摩耗に強く、合成繊維の中では比較的熱にも強いポリエステル。混紡や装飾によっても異なりますが、繰り返しの洗濯にも耐えられる強度があります。

乾きやすい

吸水しにくい性質のポリエステルは、速乾性のスポーツウェアなどにも使われています。綿などに比べて洗濯後に乾くまでの時間が短いのが特徴です。

汚れをためやすい

ポリエステルは汚れやにおいを吸着しやすい性質があります。そのため、時間を置かずに洗濯をするのが基本ですが、気を付けなければならないのは「逆汚染」。詳しくは後ほど解説します。

静電気を起こしやすい

ポリエステルは強いマイナスの帯電を帯びた繊維なので、静電気を帯びやすい性質があります。特に帯電差の大きい繊維との混紡の場合、繊維同士が反発しあって毛羽立ちの原因になることがあるので、注意が必要です。

ポリエステルを洗う前に

洗濯で衣類のダメージを予防し、汚れを最大限に落とすためには事前の準備が肝心です。ポリエステルを洗う前に実施しておきたいことをご紹介します。

洗濯絵表示を確認

まずは、洗濯絵表示を確認しましょう。家庭で洗濯ができる場合が多いポリエステルですが、ドライクリーニングのみと記載されている場合もあります。
また汚れの付着しやすいポリエステルは、洗浄力の高いアルカリ性洗剤で洗うのが基本ですが、中性洗剤使用の表示があれば従うべきといえるでしょう。

手洗いの場合はこちらの記事を参照して洗ってみてくださいね。
ポリエステルは手洗いすべき?手順と注意事項を解説!
ポリエステルは耐久性があり、形状記憶にも優れた素材ですが、洋服の形や薄さ、一緒に織られている素材によっては、手洗いの方が生地を傷めない可能性があります。さらにデリケートなおしゃれ着の場合は、ドライクリーニングのみ可能な場合もあります。今回は、手洗いをした方がよいポリエステルと、その手順や注意点をご紹介します。


前処理必須のシミや黄ばみ

付着から時間がたったシミや皮脂汚れによる黄ばみなどは、通常の洗濯では落とし切れない場合があります。付着した汚れに適した方法で予洗いをするとすっきり洗いあがります。詳しくは、それぞれの記事を参考にしてくださいね。
ポリエステルの服にシミが付いてしまった!対処法を解説します!
ポリエステルは「しわになりにくく洗濯にも強い」、扱いやすい素材なだけに、着用回数が多くなるほどシミになるリスクも高くなります。こうしたシミは専門業者によるクリーニングでなければ落ちないと考えがちですが、ホームケアが可能なポリエステルであれば、自宅でもシミ抜きを試みることができます。


ポリエステルの黄ばみ対策!原因と取り除く方法をご紹介
耐久性に優れており、乾きやすいため、いろいろな衣類に使われているポリエステルですが、そのポリエステルでできた衣類の黄ばみは諦めるしかないと思っている方も多いのではないでしょうか。ポリエステルは便利な繊維である一方、使用頻度が高いと黄ばんでくることがあります。ワイシャツのような白色や淡色の衣服は、清潔感を保つためにも何とか黄ばみを落としたいものですよね。


製品によっては洗剤で色落ちすることもあります。事前に目立たない所で色落ちしないか確認しましょう。詳しくはこちらの記事をご確認ください。

ポリエステルの色あせを防ぐ方法とは?正しい扱い方をご紹介!
ポリエステルはしわになりにくく耐久性にも優れている便利な素材ですが、色あせを起こす可能性はないのでしょうか。強度があるだけに着用回数も多くなりがちなポリエステル。洗濯や保管方法など取り扱いを間違えると、お気に入りの一着が色落ちや退色で着られなくなってしまうかもしれません。


ポリエステルの洗い方

洗濯前の確認事項や前処理が終わったら、洗濯機を使って洗います。ここで最も注意したいのは、汚れを吸着させないこと。その工程と、注意しておきたいポイントをご紹介します。

ポリエステルの洗浄

1.適切なサイズの洗濯ネットにいれる
2.洗濯絵表示に合わせた選択コースを選ぶ
3.洗浄力の高いアルカリ性洗剤で洗う

【ポイント】
・脱水は短く(30秒~1分)
・汚れが気になる場合は酸素系漂白剤を投入
・柔軟剤で静電気を予防

逆汚染を防ぐ

洗濯をすると衣類の汚れが洗濯水に出ますが、その汚れがポリエステルに再付着することがあります。これを「逆汚染」といいます。逆汚染を防ぐためには、汚れのひどいものは分けて洗い、水量を多めにして洗濯物の量は7割程度にとどめるとよいでしょう。

ポリエステルの干し方

ポリエステルは、しわになりにくい素材とはいえ洗濯や脱水などでついたクセをそのまま干すと、その形状を保つ性質によってしわになることもあります。

シワの気になる部分は叩いてのばし、さらに襟やウエストを持って全体を振り捌いておくときれいに仕上がります。日光にも比較的強い素材ではありますが、色あせなど生地の傷みを防ぎたい場合は陰干しがおすすめです。

まとめ:ポリエステル洗い方のポイント


  • 洗濯絵表示は確認必須
  • 予洗いで汚れの付着をしっかりOFF
  • 逆汚染には要注意

ポリエステルの洗い方についてご紹介しました。扱いやすい素材とはいえ洗濯絵表示のチェックは必要です。逆汚染や変性のリスクまで知っておくと洗濯で失敗がありません。また、着用後は早めに洗濯し、時間が経ってしまった汚れはあらかじめ予洗いをすることを心掛けると、すっきりと清潔な仕上がりが期待できるでしょう。

関連記事

新着記事