Column

キャンプに適した服装は?寒さ対策が重要な秋編をチェック!

暑さのピークを過ぎた、秋のキャンプは気温も湿度もちょうどよく、快適な環境でアウトドアを楽しめます。しかしその反面、自分が予想していたよりも気温が下がってしまい、寒い思いをしてしまうことも。

そこで今回は、秋のキャンプを楽しむための服装のポイントを解説します!

秋のキャンプは防寒必須!レイヤリングを取り入れよう!

秋はなんといっても、防寒対策が大切です。冬のアウトドアは誰もが気合を入れて防寒をしますが、秋だと昼間は暖かい日が多いので油断しがち。朝と夜の温度差が激しい季節だからこそ、寒さ対策を万全に整えましょう。

重ね着がポイント!

秋キャンプではレイヤリングという登山で使われる洋服着用の考え方を取り入れましょう。レイヤリングとは、インナー、中間着、アウターという3つのカテゴリーに洋服を分けて重ね着をする洋服の着方です。

インナーには、汗を吸い取って素早く乾かす化繊素材、中間着には保温効果がある綿やウールの素材、アウターには雨や風など、刺激から守る素材を取り入れて効率的に防寒、体温調節を行います。

秋らしさを演出するキャンプコーデのポイント

実用性を重要視して洋服を選ぶと、つい地味な色が多くなったりおしゃれなコーデができなかったりしてしまいます。しかし、女性はおでかけする時には可愛らしいコーデでモチベーションを高めたいと考える人も多いのではないでしょうか?

続いては、秋らしさをキャンプウェアで演出するポイントを解説します。

秋らしい色をコーデに取り入れる

秋らしいコーディネート作りは、赤、ブラウン、オレンジ、黄色など暖色系の色を入れることがポイントです。これらは秋を連想させるので、身に付けるだけで季節感をうまく演出できるでしょう。ただし、原色寄りのものを選ぶと派手な印象になってしまうので、カーキやグリーン、チャコールグレー、こげ茶など、アースカラーと呼ばれるものがおすすめです。

発熱インナーで着膨れを防ぐ

重ね着を意識しすぎると、着膨れてもったりとした印象になってしまいます。そこで活躍するのが、多くのメーカーが販売している発熱インナーです。

発熱インナーとは、汗が繊維にぶつかったときに発生する熱を利用して、暖かさを高めた商品。薄手で洋服のシルエットを邪魔しないのに、暖かいという人気のアイテムです。これらのインナーをうまく活用することで、重ね着してもシルエットを崩さないコーディネートが作れるでしょう。

秋キャンプの快適さをワンランク高めるには?

秋キャンプの過ごしやすさを意識するなら、気をつけたいポイントは、コーディネートだけではありません。自分ができる工夫をして、ストレスなく楽しめる環境を作ってくださいね。

火に弱い化学繊維は使用場所に注意!

アウターなどによく用いられる化繊素材は風や水分を通しにくいという特徴がありますが、一方で火に弱いというデメリットがあります。焚き火などの火の粉がかかると、穴が開いてしまうかもしれませんので注意が必要です。

ちなみにキャンプの必須アイテムである軍手も、化繊素材が編み込まれているものがあります。手を火傷してしまう可能性があるので、軍手の種類も確認しておきましょう。

ブランケットを持っていこう!

レイヤリングを取り入れて、防寒対策を万全に整えていても、天気がいきなり崩れてしまうこともあります。そういったときのために、大きめのブランケットを持っていくのがおすすめです。寒い時にさらに上に羽織るなど、何かと使い勝手が良いので、1枚用意しておきましょう。

万全の服装で寒さ知らずの秋キャンプを!

  • 秋キャンプの洋服の基本はレイヤリング!
  • 秋色をコーデに取り入れるとオシャレ度アップ!
  • 化繊素材は火に近づけないように注意しよう!
今回は、秋に行うキャンプについて洋服の選び方や、コーディネートのポイントについて解説しました。秋のキャンプに行くときには、今回の記事を参考に防寒対策をしっかりとってキャンプを満喫して下さいね!

関連記事

新着記事