Column

【確認リスト付】アウトドアの持ち物は何が必要?必需品をご紹介!

山道を歩くリュックサック

自然の中で過ごして、テントで眠りにつく。都会の喧騒を忘れられるアウトドア体験は心を豊かにしてくれますが、現地に着いてから「あれがない!これがない!」なんてトラブルが起こると、ストレスになってしまいますよね。アウトドアを楽しむポイントは、十分な持ち物を用意することです。

今回はアウトドアに持っていくべき基本の必需品から、さらに楽しむための応用品までリストにしてまとめてみました。

アウトドアは持ち物管理が重要!

アウトドアのレジャーを存分に楽しむには、現地で不自由しないために、さまざまな持ち物を用意しておかなければなりません。では、その持ち物とは、どうやって選ぶのでしょうか。

持ち物チェックで「困った」をなくそう

登山やハイキング、キャンプのようなアウトドアでは自然の豊かな場所に出かけていくため、一度目的地に着いてしまうと、足りないものを買い足すことが難しくなってしまいます。売店があるアウトドア施設もありますが、多くの場合、満足な品を購入することはできないでしょう。街中で購入するよりも、割高になってしまう場合もあります。

現地で足りないものがあって困らないように、アウトドアに必要な持ち物は事前にしっかりとチェックをして、用意を念入りに行いましょう。

適度な重量にまとめよう

足りないものが多いと困る反面、登山を本格的に行う場合などは、荷物をなるべく軽くしなければいけないという問題もあります。アウトドアでのレジャーを楽しむには、現地で困らない程度の持ち物を厳選して、荷物の重さと量のバランスを見極めることが重要です。

活動中のシチュエーションを想像しながら、必要なアイテムを吟味していきましょう。

【基本編】アウトドアで役立つ持ち物リスト

最初に、アウトドアに役立つ持ち物の中から、基本ともいえる必需品について解説します。

必需品をチェック!

アウトドアに必要な荷物をまとめるには、必需品を厳選することが重要です。持っていくリュックは、1泊のキャンプ道具は25~30リットル程度、本格的な登山で数日間山小屋泊をする場合は30~50リットル程度を目安にしましょう。

持ち物チェックリスト

  1. 救急セット…けがや虫刺されの薬、鎮痛剤などをまとめてポーチに入れておくと便利です。
  2. 手持ちライトやランタン…山の夜は想像以上に暗いので、明かりを確保しておきましょう。
  3. 虫よけ用品…山は蚊やアブなどの害虫が多いので、虫よけ用品は欠かせません。
  4. 着替え…行き帰りの普段着、レジャー用のウエア、寝間着は必需品です。
  5. 洗面用具…ボディーソープやタオルなど、体を洗えるアイテムをまとめておきましょう。
  6. 防寒具…体温調節に必須です。
  7. タオル…何かと使い勝手が良いフェイスタオルは数枚用意しておくと便利です。

【応用編】アウトドアで役立つ持ち物リスト

続いては、持っていかなくてもアウトドアを楽しむことができるけれど、あると便利な応用編のアイテムについて解説します。

便利アイテムを持っていけばアウトドアがさらに快適に!

必需品ではないけれどレジャーをより快適にするアイテムは、荷物に余裕があればぜひ用意しておきたいところです。「困った!」を解消できるアイテムがあれば、一緒にレジャーを楽しむ仲間からも一目置かれるようになるかもしれませんよ。

持ち物チェックリスト

  1. 制汗シート…汗の不快感を解消できます。お風呂がないときにも使えます。
  2. 基礎化粧品セット…旅行用のミニサイズがオススメ。
  3. ウェットティッシュ…何かと活躍するウェットティッシュは、通常のタイプと、除菌アルコールタイプを両方持っていくと便利です。
  4. 旅行用枕…慣れない場所で寝ると首を痛める恐れがあるので、空気を入れるタイプの枕がオススメです。
  5. 置くタイプの虫よけグッズ…置くタイプの虫よけがあると、テント内や山小屋での害虫対策に便利です。

まとめ:厳選した自分だけのアウトドア持ち物リストを作ろう


アウトドアレジャーは、回数を重ねるほど要領よく持ち物をまとめ、荷物を厳選できるようになります。最初のうちは、今回解説した持ち物リストを参考にしてみてください。
帰宅後に、「何が必要だったか」「何が要らなかったか」を振り返り、自分だけの「アウトドア持ち物リスト」を作れるようになるといいですね。

関連記事

新着記事