Column

アウトドア用インナーの選び方!基本を知ってこだわりを持つ!

アウトドア用の伸縮性のあるインナーを着たことで、動きが良くなった男性

アウトドアの服装選びは慣れるまで悩む方も多いかも知れません。それに加えて天候や気温の変化なども考えなければならないため、迷ってしまいますよね。まず、服装を考える場合は機能性などを考慮して、インナーからきちんと選ぶことをおすすめします。今回はアウトドア用のインナー選びの基本をお伝えしていきます。

アウトドア用のインナーを着るメリット

アウトドア用の服装を準備する場合、アウターを気にしがちですが、アウターと同じくらいインナー選びは重要です。まずはインナーを着るメリットからご説明していきましょう。

汗を吸ってくれる

インナーを着るメリットとして、汗を吸ってくれることが挙げられます。アウトドアでの活動は、その日の天気や気温などによって体温調節が大切になってきます。汗をかいたままだと不快なのはもちろん、気温が下がった時に体温が奪われてしまいます。

例えば、雪山の登山などで体が冷えてしまうことは、命に関わります。汗くらいと軽く考えずに、吸水性や速乾性のあるインナーを利用するといいですね。

(長袖なら)紫外線、怪我、虫刺されを防いでくれる

インナーを着るもう一つの大きなメリットは、体へのダメージを防いでくれる点です。アウトドアの場合、季節に関係なく長袖の衣類を着用する場合が多いですが、これは紫外線や怪我、虫刺されなどを防ぐため。アウトドア初心者の方や上級者向けのアウトドアを検討されている方などは、インナーも長袖のものを着用することをおすすめします。

アウトドア用のインナーの選び方

インナー着用のメリットを知っていただいたところで、次に気になるのが選び方ですよね。一言でインナーといってもその性能はさまざまです。どのような性能のインナーがあるのか、またどういった特徴があるのかなど、ひとつずつ見ていきましょう。

ストレッチ性

アウトドアの場合、スムーズに動けることはとても大切です。体にフィットし、かつ動きやすいストレッチ性のあるインナーは、アウトドアの種類や季節に関わらず重要視しておきたい性能です。

制菌性

あまり聞き慣れない言葉かも知れませんが、菌の繁殖を抑えたり、菌を減少させたりする働きのある性能のことです。制菌性の成分を含んだ繊維で作られているインナーは、防臭効果があります。アウトドアでは長時間同じ衣類で過ごすことが多いので、臭いが気になる方は制菌性のあるインナーを選ぶと良いでしょう。

耐久性

耐久性のあるインナーは、インナー自体が長持ちするというのもありますが、体を守ってくれるという点でも有効です。自然の中に足を踏み入れると、何が起こるか分かりません。尖った枝や岩にぶつかることもあるかも知れません。耐久性のあるインナーなら、体へのダメージが抑えられる可能性があります。季節や環境の変化にも強いというのもポイントですね。

吸水性+速乾性

インナーを着るメリットでもお話しましたが、吸水性と速乾性はインナーとしてはとても重要な性能です。十分に汗を吸ってくれること、吸った汗をすぐに乾かしてくれることで、体温調節がスムーズに行えます。長時間のアウトドアを予定している場合は、この性能は必要不可欠です。

(天候に合わせて)撥水性

アウトドアでは天候の変化はつきものです。突然の雨などにも対応しなくてはなりません。汗と同じく、雨で衣類が濡れても体温を奪う原因になります。アウターはもちろんですが、インナーも撥水性のあるものにしておくと突然天候が変わっても安心です。

こだわるなら、素材も気にする!

いくつかインナーの性能をみてきましたが、着心地なども気になるところ。
こだわるなら、素材もチェックしてみましょう。

コットンは避けた方がいい!?

コットンは肌触りもいいですし、普段コットンの肌着を身に着けている方も多いと思います。ただ、登山や長時間のアウトドア、気温の変化が大きい場合などはコットンのインナーはおすすめできません。コットンはその性質上、保水機能があります。そのため、汗をかいたり濡れたりした場合、速乾性がないので体を冷やしやすくなります。体温が下がるということは、アウトドアでは命に関わりますので、アウトドアのインナーとしては避けた方が良いとされています。

ウールは寒い時期に重宝する

ウールは天然の発熱素材とも言われているほど、寒い時期や気温差の激しいアウトドアに重宝される素材です。肌触りがあまりよくなかったウールですが、技術の進歩により最近では肌へのチクチク感を軽減できるようになりました。ウールは温かいだけではなく、消臭効果もあるので、インナー選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

登山時に速乾性を求めるなら「化学繊維」

速乾性を求めるなら化学繊維のものがおすすめです。化学繊維は天然素材に比べて敬遠する方も多いかも知れませんが、最近の化学繊維インナーは高機能ですし、天然素材に比べても安価なものが多いです。昔のイメージとは打って変わり、保温性に優れたものや速乾性や軽さで選ぶなら化学繊維も選択肢の一つにしてみてください。

動きやすさを求めるなら「ソロテックス」

ボディラインにフィットし、快適でストレスフリーな着心地を求めるなら「ソロテックス」がおすすめ。「ソロテックス」はポリエステルの仲間の素材で、伸縮性や柔らかさ、形状回復性を備えています。そのため、洗濯などにも強く、着心地も快適で、扱いやすい素材といえます。そのため、アクティブに活動するのに向いています。

まとめ:インナーをうまく選んでアウトドアを満喫しよう!

  • アウトドアでのインナーウェアは重要な役割がある
  • 素材の特性を知って、目的に合わせたインナーを選ぶ

普段何気なく着ている方が多いインナーですが、その役割には、重要な要素がたくさん詰まっています。まずは目的に合ったインナーを選び、快適かつ安全にアウトドアを楽しみましょう。

関連記事

新着記事